【オキシ漬け】最適な漬け込み時間や温度とは|やり方や洗剤まとめ

泡だらけのお風呂 ナチュラルクリーニング

『オキシ漬け』はオキシクリーンなどの酸素系漂白剤を、お湯に溶かして漬けるだけ!という話題のお掃除法です。

手軽に色々な所に使えるので、かなり便利。

 

この『オキシ漬け』、やり方自体はとても簡単ですが、効果を発揮するにはいくつかポイントがあります。

そこでこのポイント

・溶液の作り方(お湯と洗剤の量や温度)
・漬け込み時間
・オキシ漬けできない物

について簡単にお伝えしていきます!

スポンサーリンク

簡単!オキシ漬けの基本的なやり方

オキシ漬けのやり方はとても簡単です。

ちょっと熱めのお湯(50度くらい)に洗剤をよく溶かします。

お湯を使うこと

温度計がなくても、水と熱湯を半々に混ぜるとだいたい60度~50度くらいのお湯になります。

 

次に分量ですね。

 

お湯4リットルに対して、洗剤30グラム

だいだい、大さじ2杯くらいです。

汚れがひどい場合には少し濃いめに作ると効果的。

ニオイが気になるだけの場合は薄めに作ります。

 

洗剤を入れたらとにかくよく混ぜましょう。

普通の洗剤よりも溶けにくいので、米とぎ棒でシャカシャカ混ぜています。

混ざった所で、漬け込み開始です。

スポンサーリンク

オキシ漬けの漬け込み時間はどのくらい?

最低でも15分はつけましょう。

だいたい、30分から6時間が目安です。

お風呂の床などは、長めに漬けた方が汚れが落ちてました。

 

オキシ漬けでは洗剤が水と反応する際に、洗浄効果が発生します。

なので長く漬け込みすぎても、それ以上の効果は見られません。

最大でも6時間と覚えておきましょう。

オキシ漬けの効果は、

・濃度

・お湯の温度

・漬け込み時間

の3つが揃って発揮されます!

 

実際やってみた感想はこちら

>>靴もお風呂もピカピカ!オキシ漬けやってみた感想

 

この手軽さは1度やってみるとハマってしまいます。忙しい主婦に大人気なのもわかりますね。

とても便利なオキシ漬けですが、注意点もあります。

スポンサーリンク

オキシ漬けができないところも!

基本的に天然素材には向きません。

具体的には、

  • フローリング(無垢の木材)
  • ウール
  • シルク
  • 畳(イ草)
  • ステンレス以外の金属(アルミ)

など。

 

とくに、無垢のフローリングなどは、溶液がかかるとシミになってしまうので気を付けましょう。

くわしくはこちらの記事で

>>失敗しないオキシ漬け!使えない物と注意点

 

オキシ漬けできない物には中性洗剤のウタマロスプレーが便利です

>>ウタマロ石鹸|固形と液体タイプの違いとは?

スポンサーリンク

オキシ漬けのやりかたと注意点 まとめ

普段のお掃除に上手に取り入れるとかなり便利なオキシ漬けです。

オキシ漬けでは、ハイターやカビキラーなどの強い洗剤のようなキツイ臭いは発生しません

来客前や子どものいる空間でも安心してお掃除することができますね。

 

もし、汚れ落ちがイマイチかな?と思ったら

濃度と温度、時間にも気を付けてみて下さい