【オキシクリーン】アメリカ製と日本版(中国製)はどっちがいいの?違いを調べた!

洗剤色々ハウスキーピング

漬けるだけで汚れが落ちる、便利なオキシ漬け。

実は使える洗剤はいくつかあります。

有名なコストコのオキシクリーンにしても、アメリカ製と日本版の2種類があるんですよ。

そして日本版と言っても、中国の工場で生産されているので実は中国製。

 

さらに、100均でも買える日本製の「オキシウオッシュ」や、ダイソーオリジナルの「オキシフレッシュ」なるものもあります

 

これらの洗剤、用法は一緒でもそれぞれに特徴があります。

そこで今回は、オキシ漬けに使える洗剤、それぞれの違いや特徴についてお伝えします。

スポンサーリンク

オキシ漬けに使う洗剤3種 違いはどこに?

オキシ漬けに使うことのできる洗剤は、主に3種類あります。

  • オキシクリーン(アメリカ製)
  • オキシクリーン(日本版・中国製)
  • オキシウォッシュ(日本製)

全て酸素系の漂白剤が主成分です。

ややこしいけど、使い方は同じですよ

細かい違いを順番に見てみましょう。

オキシクリーンアメリカ版

約5キロで3,000円前後。コストコではセール時に安くなることもあるようです。

大容量で安いので、たっぷり使いたいという方にはこちらがおすすめ。

アメリカ版オキシクリーンには、漂白成分の他

  • 界面活性剤(合成洗剤)
  • 柔軟剤
  • 香料

が入っているのが特徴。

界面活性剤が入っているので、溶かす際にモコモコと泡立ちがあります。ただ、漂白がメインの洗剤なので汚れ落ちにはあまり差がないようです。

オキシクリーンに含まれる界面活性剤は、比較的新しく開発されたもので、環境にも優しいとの評価を得ているとのこと。

ただ、このアメリカ版には香料が入っているので、この香りが苦手な方には向きません。

チャーチアンドドワイト社というアメリカの老舗メーカーの製造で日本のグラフィコ社が販売しています。

オキシクリーン 日本仕様(中国製)

オキシクリーン 1500g
OXICLEAN(オキシクリーン)
¥830 (¥55 / 100g)(2019/09/23 11:35時点)

ドラッグストアやスーパーなどでよく見かけるのがこちら。

日本のグラフィコ社が中国で製造しています。

アメリカ版と違って、界面活性剤・柔軟剤・香料は入っていません。

人工香料の臭いがニガテな人におすすめ。

界面活性剤(洗剤成分)も入っていないので泡立ちはありません。

 

ということで、オキシ漬けに、ニオイも泡立ちも必要ない!という方にはコレがおすすめです。

スーパーだと500g入りで、500円くらいで売られています。

日本製のオキシウオッシュ

日本製の酸素系漂白剤で、界面活性剤も入っているので泡立ちがあります。

香りはいらないけど、泡立ちは欲しい!という人にぴったりです。

 

このオキシウォッシュは、120gのミニサイズが100均でも買えることから大人気。

ダイソーオリジナルの「オキシフレッシュ」もこのオキシウォッシュと同じ仕様になっています。

 

通販だと1キロで1,000円弱なので、少しお得に買うことができます。

スポンサーリンク

さらなるオキシ漬け洗剤!?

じつは『過炭酸ナトリウム』をオキシ漬けに使うという手もあります。

聞きなれないけど、『過炭酸ナトリウム』というのは、『漂白効果のある洗剤』にも入っている酸素系の漂白成分です。

オキシクリーンなどはこの『過炭酸ナトリウム』に、数種類の洗剤を配合して作られています。

ということで、この『過炭酸ナトリウム』を使ってオキシ漬けすることもできます。

単体で使うと、泡立ちや香りはありません。

500円前後で買えるので手軽ですね。100円ショップでも手に入ります。

 

酸素系漂白剤でオキシ漬けをする方法についてはこちら

>>ダイソーの過炭酸ナトリウムでオキシ漬けする方法

スポンサーリンク

まとめ |オキシ漬け洗剤も好みにあわせて!

コスパ的には、とにかく大容量のアメリカ版のオキシクリーンが一番ですね。

ただ、香料のニオイが気になる方は、日本仕様のオキシクリーンか、オキシウオッシュを使うのがよさそう。

泡立ちがないと物足りない、という方はアメリカ製オキシクリーンか、オキシウオッシュがいいでしょう。

シンプルな酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)も、ひそかにおすすめです。

コスパニオイ泡立ちその他
オキシクリーンアメリカ版ありあり大きいので場所をとる
オキシクリーン日本版(中国製)なしなし手に入りやすい
オキシウオッシュなしありスリム・100均で買える
酸素系漂白剤なしなし色々な用途に使える

オキシ漬けの詳しい方法もまとめましたので合わせてご覧下さい

>>オキシ漬け 最適な漬け込み時間や温度とは

【オキシ漬け】最適な漬け込み時間や温度とは|やり方や注意点まとめ
オキシ漬けの最適な時間は、20分から6時間。汚れが落ちにくい物は長めに漬けますが、6時間以上漬けても効果はないので最長でも6時間まで。オキシ漬けの洗剤の特徴や、くわしいやり方や注意点についてもまとめました。
タイトルとURLをコピーしました