靴も風呂も♪100均のオキシウオッシュで漬け込み洗いやってみた!

ナチュラルクリーニング

漬け込むだけで汚れが落ちると評判のオキシ漬け。

オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使えば簡単にできますね。

今回は100均で手に入る「オキシウオッシュ」を使ってオキシ漬けをやってみました

そこで、オキシウオッシュを使ったオキシ漬け、詳しい手順や必要な道具、感想についてお伝えします。

スポンサーリンク

靴にお風呂場に!オキシウォッシュでオキシ漬け

まずは準備から。漬け込むためのバケツを用意しましょう

ダイソーの蓋つきバケツ

ダイソーで200円のこのバケツを使用しています。7.5リットル。

 

オキシ漬けでは4リットルのお湯を使うので、台所の計量カップを使って4リットルをバケツに入れて、マーカーしておきました。

他に、かき混ぜる道具も必要です。私は古くなった米とぎ棒を使っています。

道具がそろったら、早速オキシ漬け開始。やり方は簡単です。

 

手を入れて少し熱いくらいのお湯を使います。

 

お湯4リットルに対して、オキシウオッシュ30グラムをよく溶かす

→→漬け込む →→すすぐ

分量さえ覚えてしまえば簡単です。

週末の上履き洗いに

子どもが週末ごとに持ち帰るうわばき。

何足もあると、洗うのもなかなか大変なんです。

とりあえず漬けておきましょう。(夜に漬け込むと朝イチで洗えます)

 

朝、バケツを見てみるとうっすら溶液が汚れていました。

取り出して、ゴム部分を少しこすり洗いしてみたら、スルスルと汚れが落ちます。

よくすすいで完了。

 

ヒモが付いたスニーカーも、ヒモごと漬け込んでしまえばいいからかなり楽かも。

プラスチック製品も漬けてみた

お風呂場の、シャンプーやリンスなどの詰め替え容器

しばらくすると、水垢で白くなったり底がヌメヌメになりますよね。

以前は細かい部分歯ブラシでこすり洗いしていましたが、オキシ漬けしておいたらまとめて綺麗になりました。

ニオイの気になる作業着に

油とホコリのついた作業着。

臭いも気になるので、他の洗濯物とはわけてゴシゴシ手洗いしていましたが、漬け込むだけでニオイがとれました

あとはアクロンで軽く漬け込み→すすぎ。

これはかなりいいです。

焼肉の後のカーテンのお洗濯にもいけそうですね。

加齢臭対策にもよさそう・・。

スポンサーリンク

オキシ漬けは、お風呂の床にも効果絶大

オキシ漬けはお風呂の床の黒ずみにも効果的です。

バリアフリータイプのお風呂におすすめのやり方です

まずはお風呂の床の黒ずみ部分にオキシウォッシュをパラパラ振りかけます。

オキシの容器おススメ

(このような塩の容器に詰め替えて使用しています。)

 

もし水分が足りなければ、少しお水をスプレーで吹きかけます

風呂場床にオキシウォッシュ

流れ出ない程度に水が行き渡ったら、手袋をした手で表面をザザーッとこすります

洗剤が溶けて、軽く泡立つくらいまでこすって、そのまま放置。

 

数時間後水でよく流します。

↓↓

オキシ後

軽くこすったら真っ白になりました!

オキシが少なかった箇所は少しまだらになってしまいましたね。

振りかけるオキシとお水の量は、様子をみて調整してください。

汚れがひどい箇所は、漬け置き時間を長くして、最後に軽くこすり洗いをすると綺麗になります。
スポンサーリンク

まとめ

オキシウォッシュなら、カビキラーみたいに強烈な臭いがしないので、いつでも気軽にお風呂掃除ができるようになりました。

溶液の濃度は汚れ具合によって調節することもできますが、まずは4リットルに30グラムと覚えて漬け込み洗いしてみましょう。

\オキシ漬けについてもっと詳しく/

>>【オキシ漬け】最適な漬け込み時間は?やり方や洗剤まとめ

【オキシ漬け】最適な漬け込み時間や温度とは|やり方や洗剤まとめ
オキシ漬けの最適な時間は、20分から6時間。汚れが落ちにくい物は長めに漬けますが、6時間以上漬けても効果はないので最長でも6時間まで。オキシ漬けの洗剤の特徴や、くわしいやり方や注意点についてもまとめました。