【オキシウオッシュ】靴(スニーカー)や上履きは漬け込んで洗濯すると楽だった

ナチュラルクリーニング

毎週末の洗濯物とうわばき

洗いに苦心しているこよみです!

子どもの上履きや、靴を洗うのって大変ですよね。

ゴシゴシこすっても汚れ落ちがイマイチ・・

これが、オキシ漬けをするとこすらなくても白くなるらしい

そこで、ネットや100均でも手に入りやすい「オキシウォッシュ」でうわばき洗いをやってみました。

これがとっても簡単だったので、手順や必要な物をお伝えします。

 

※スニーカーにも使えますが、色物には注意して下さい。革製品には使えません

スポンサーリンク

オキシウォッシュで上履きをつけこみ洗い

実際に使っている洗剤や道具、手順やポイントなどを簡単にまとめました。

洗剤は、オキシウォッシュや、オキシクリーンなど「酸素系漂白剤」ならどれも同じようにつかえます。

うわばき洗いの前に準備する物

まず洗剤の「オキシウォッシュ」

オキシクリーンほど大容量ではなく、1キロで千円前後とコスパもよくお気に入りです。

 

漬け込むためのバケツも必要。

ダイソーで200円のこちらのバケツを使っています。

ダイソーの蓋つきバケツ

容量は7.5リットル。ふたも付いています。

 

オキシ漬けでは4リットルに対して洗剤を大さじ2杯使用するので・・

毎回水の量を計らなくていいように、4リットルの位置にマーカーで印を書いておきます。

 

他に、ゴム手袋とかき混ぜる道具も準備しましょう。

私は古くなった米とぎ棒を使っています。

溶けにくい洗剤なので、混ぜる道具はあった方がいいですよ!

手順

道具がそろったら、早速オキシ漬け開始。やり方は簡単です。

 

手を入れて少し熱いくらいのお湯を使います。

 

お湯4リットルに対してオキシウオッシュ30グラムをよく溶かし、漬け込みます。

漬け込み後の上履き

だいたい30分ほど漬け込むと汚れが落ちています。

取り出して、軽くこすり洗い→すすぎ

で完了。

ヒモが付いたスニーカーは、ヒモごと漬け込んでしまいます。

スポンサーリンク

靴を洗濯機に入れるという技も

靴を洗濯機に入れるママもいるらしい!と聞いてびっくりしたことがあります。

汚い・・ありえん・・

と思ったのですが、この「オキシ漬け」で汚れを落としておいてから洗濯機に入れるということらしいです。

最後にこする手間もないから楽かも。

靴用のネットに入れれば洗濯機がまわってもうるさくないんですって。

スポンサーリンク

まとめ

上履きって、ゴシゴシ洗ってもなかなか汚れが落ちなくてストレスですが、オキシ漬けするとスルスル汚れが落ちます。

何足も手洗いするのは大変なので、このやり方を知ってからこればっかりです。

溶液が残っていると黄ばみの原因になるので、しっかりとすすぐのを忘れずに。

【オキシクリーン】アメリカ製と日本版の違いとは?オキシ漬け洗剤比べてみた
漬けておくだけで、汚れが落ちる便利なオキシ漬け。 使える洗剤はいくつかあるのをご存知ですか? 有名なコストコのオキシクリーンにしても、アメリカ製と日本版で仕様が違います。 日本版は中国の工場で生産されているので、中・・・→つづきへ
タイトルとURLをコピーしました