オキシ漬けは危険?失敗しない方法や使えない物など

買い物・雑記

今大人気の酸素系漂白剤を使ったオキシ漬けですが、注意する点もあります。

オキシクリーンなどを溶かした溶液は、弱アルカリ性なのでアルカリに弱い物には使用できません

アルカリに弱い物について詳しく説明します

さらに、保管方法によっては危険な場合もあります。

心配するほどではないよ

ということで、今回はオキシ漬けに向かない物と、その他の注意点についてもお伝えします。

スポンサーリンク

オキシ漬けに向いていない物とは?

オキシ漬けに向かない素材は、アルカリに弱い材質です。

具体的には

・天然木
・ウールやシルク、麻製品・畳(イ草)・革・ステンレス以外の金属

になります。

綿(コットン)以外の天然素材には向いていない、と覚えておくとよさそうです。

綿・ポリエステルは大丈夫!

順番に見ていきます。

まず天然木です。無垢のフローリングなどにオキシ溶液がかかると、シミになってしまいます

フローリングの台所でオキシ漬けする場合は要注意ですね。

 

ウールやシルク、麻製品にも向きません、ドライのみの表示の衣類も避けましょう。

さらに、ペルシャ絨毯などのシルクの織物にも使えないので要注意です。

無垢の木材、ウールやシルクにはオキシ漬けしないこと!

 

をオキシ漬けすることはないと思いますが、こちらも向いていません。

人の皮膚も、オキシ溶液に触れると皮膚の表面の油分が溶けてヌルヌルになってしまいます。

直接オキシ漬けの溶液に触らないように、必ず手袋をしましょう

 

金属にも注意が必要です。アルミの鍋や調理器具はオキシ漬けできません

オキシ溶液はアルカリ性なので、化学反応して腐食して穴が空いたりすることもあるようです。

ステンレスも表面に傷があったりすると腐食の可能性があります。

オキシ漬け 向いていない場所もある

オキシ漬けでは、お風呂の床や台所のシンクも綺麗にすることができます。

ただ、漬けた後にはよく流す必要があるので、水で流せない場所は不向きです

洗面所の床のクッションフロアなどは、薄く溶液を作って部分的に拭き掃除くらいにしておいたほうがよさそうです。

オキシ漬けに向かない物や場所には、中性洗剤を使うようにしましょう。

固形のウタマロ石鹸は弱アルカリ性ですが、リキッドタイプは中性。アルカリに弱い物にも使うことができます。

スポンサーリンク

オキシ漬けのその他注意点 日焼けや保管にも注意!

オキシ漬けした白いスニーカーなどは、よくすすぐ必要があります。

というのも、アルカリ性は日に当てると黄ばむことがあるのです。

 

気になる場合は、酸性のクエン酸を少しだけ、すすぎの水に入れましょう。

クエン酸は酸性なので中和されて、黄ばみ防止になりますよ。

危険?オキシ漬けに使う洗剤の保存方法

オキシクリーンなどの酸素系漂白剤は水に反応して、汚れを落とします。

一度濡らしてしまうと効果が無くなるので、水がかからないように保管します。

 

ただ、粉の状態でも実は空中の水分に触れて、少しずつ化学反応をしているのです。

化学反応が極端に進むと、容器内の空気が膨張してボンッと爆発のようになることがあります。

 

ということで完全に密封した容器に詰め替え・保存するのは避けましょう!

ジャムの瓶などは避けた方がいいかも

ちなみに我が家ではこんな容器に入れてます

オキシの容器おススメ

伯方の塩ドライの空き容器がピッタリでした。

 

市販の袋には空気抜きの穴が開いているので、そのまま保管する分には安心ですよ。

スポンサーリンク

失敗しないオキシ漬け まとめ

便利なオキシ漬けなのでついつい色々な物を漬けたくなりますが、使えない素材には気を付けましょう!

気になる場合には、目立たない箇所で試してみてからの利用が安心ですね。

\100均でも買えるオキシ漬け洗剤/

>>オキシウォッシュが超便利!ダイソー・セリアなど100均で買える洗剤でオキシ漬け
https://kore-kara.com/oxiwosh/