うたまろ石鹸|固形と液体タイプの違いは?ウタマロマニアが使い分け詳しく解説

ナチュラルクリーニング

ウタマロ石鹸といえば、頑固な泥汚れによく効く石鹸として有名です。

子供の靴下や体操着洗いには欠かせません!

 

そんなウタマロ石鹸ですが、液体タイプのウタマロも発売されていますね。

従来の固形タイプのウタマロ石鹸と、液体タイプ、どう違うのでしょうか?

 

実は形状が変わっただけではなく、大きな違いがあったのです

 

ということで、ウタマロ石鹸固形と液体、その違いについてをお伝えします。

スポンサーリンク

ウタマロ石鹸 固形タイプの特徴

まずは固形タイプの特徴から。

ウタマロ石鹸は弱アルカリ性。セスキ炭酸ソーダや、重曹などと同じ性質です。

中性の石鹸に比べて洗浄力が強いという特徴があります。

顔や体は洗わないでね!

皮脂などの体から出る汚れは酸性なので、アルカリ性のウタマロ石鹸は衣類の皮脂汚れには抜群の効果があります。

さらに、石鹸の粒子が細かいため、繊維の奥までしっかり石鹸成分が入り込むという特徴もあります。

 

特徴的な緑色は、汚れの部分に石鹸が付いているかをわかりやすくするため。

この緑色がなくなるまで、良くこするのが部分洗いのポイントです。

 

さらにウタマロ石鹸には蛍光増白剤といって、白い色を際立たせる効果のある成分も含まれています。

汚れ落ちに加えて、白い色がはっきりするので汚れが落ちたように感じるんですね。

※漂白剤は入っていません

 

デメリットもあります。

 

アルカリ洗剤の特徴として、絹などのデリケートな衣類には使用できないのです。

 

蛍光剤が入っているのでパステルカラーや、生成りの生地などに使うと、色が変色してしまうこともあります。

 

固形で粒子が細かい素材の為、お風呂場などに置いておくと、溶けやすいという難点もありますね。

スポンサーリンク

液体のウタマロの特徴

一方液体のウタマロの特徴ですが、アルカリ性の固形石鹸とは違って中性です。

そのため、アルカリに弱い物にも使うことができます。

 

ウタマロの固形タイプは使用できない絹や麻などのデリケートな衣類にも使うことができるのです。

 

液状なのでゴシゴシこすりつけるのではなく、垂らすだけで部分洗いもできますね。

 

そしてアミノ酸系の洗浄成分なので、肌にも優しいという特徴もあります。

 

固形タイプを使った後の、手のかさつきが気になる方も多かったのでは。

冬場は特に手がガッサガサで辛い

液体タイプならその点は安心です。

 

液体には、固形タイプに入っていた蛍光増白剤は入っていないので、きなりや色柄物にも安心ですね。

 

液体タイプには3種類あるので、用途に合わせて購入する必要があります。

>>リキッドタイプのウタマロクリーナーどれを買う?

うたまろ石鹸スプレータイプは超便利|リキッドタイプのウタマロクリーナー詳しく調べた
「液体タイプのウタマロが便利」 との噂を聞きスーパーを探しまわったけど、どこにもありません。 そこでネットで探してみたところ、液体タイプのウタマロは3種類もありました。 まさかぁ ・・・→つづきへ
スポンサーリンク

まとめ

頑固な泥汚れや、靴下やうわばきの黒ずみなどは、固形石鹸で。

デリケートな衣類やアルカリに弱い物には液体タイプで。

ウタマロ石鹸は、キレイにしたい物にあわせて固形・液体の使い分けをしましょう。