防虫剤の定番「樟脳」人気で復活の天然しょうのうはどこで買える?

スカート買い物・雑記

虫除けの防虫剤の香りがどうも苦手、ニオイが付くと取れなくてホントに困るのですが・・

着物や雛人形などの大切な衣類の虫食いを防ぐためには、やはり必要なんですよね。

 

そんな臭い防虫剤、「天然の樟脳」なら臭くないらしい?

近年人気で、1年待ちといわれる「天然樟脳」(しょうのう)と合成の樟脳、ナフタリンとの違いも調べてみました。

スポンサーリンク

防腐剤の種類と材料

店で買う事のできる防虫剤は、ほぼ合成の化学物質で出来ています。

いわゆる「樟脳(しょうのう)」もじつは合成樟脳、松脂から作られているんです。

ナフタリンはコールタールが原料で、パラジクロロベンゼンは完全な合成物質です。

合成の薬剤は安価で効き目は強いのですが、刺激のある香りと発ガン性も指摘されています。

ただ、これらの物質を含まない・無臭タイプの防虫剤も販売されています。

スポンサーリンク

天然の樟脳とは

樟脳はクスノキの香り成分を抽出して結晶化したもの。

その香りはメントールのように爽やかで、どこかシナモンを思わせるような香り。ちょっとクセはあるかな。

クスノキの香り成分には鎮痛作用、消炎作用、防腐、防虫の効果があって古代エジプト時代から重宝され、霊薬とも言われていたんですって。

日本でも江戸時代末期くらいまでは盛んに生産されていました。

その後、クスノキが自生する台湾に生産拠点が移されて、世界の樟脳生産のほとんどを日本と台湾でまかなっていた時期もあったそうです。

ただ、合成のモノが作られてしまうと、原価的にも手間もかからない合成樟脳や合成の防腐剤に生産がシフトしていきます。

スポンサーリンク

1年待ちの天然樟脳|手に入る店

天然のものは国内では福岡県にある「内野樟脳」だけで生産されていて、なかなか手に入りにくかったのです。

購入するまで1年待ちという話も・・

ところが最近はまた天然物が見直されるようになって、国内でも数か所の製造会社でつくられています。

 

宮崎県の日向でも行われるようになった樟脳生産。なので、「日向しょうのう」という商品名の樟脳もよくみかけるように。

100パーセント国産の原料を使った樟脳です。

 

藤沢樟脳は、天然由来の成分でつくられている、とのことで「天然樟脳」100パーセントとは明記されていません。

ただ、200g以上入って価格も安いとあって人気の品です。ムカデの忌避に使う方が多いみたい。

 

樟脳生産が盛んな、台湾製の商品。

スポンサーリンク

天然樟脳の使い方や注意点

天然の成分とはいえ、成分の結晶なので口に入れたりすると危険です。

吐き気や嘔吐、意識障害を起こすこともあるので・・小さいお子さんが間違って口にいれないよう気を付ける必要があります!

天然のアロマ成分は猫にとっては劇薬なので、使う場所には気を付けてあげましょう。

また、他の防虫剤と併用はできません。

タイトルとURLをコピーしました