オスバンSと消毒用エタノールの使い分け法|成分や特徴の違い

窓掃除ハウスキーピング

カビ取りや除菌に「消毒用エタノール」を使っています。リセッシュやファブリーズにも入っている除菌成分ですよね。

この「消毒用エタノール」と同じような用途の薬剤に『オスバンS』があります。

オスバンSの方が価格が安いので、うまく使い分けたい・・

ということで、この2つの薬剤について、成分や用途の違いについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

カビや細菌の除菌におススメ|オスバンSの特徴

まずは、オスバンSの特徴や便利な使いから。

成分ベンザルコニウム(第3類医薬品)
使用法殺菌・消毒
消毒範囲細菌(ノロなどのウイルスには効かない)

オスバンSは逆性石鹸です。逆性石鹸には「石鹸」のような「洗浄作用」はありません。

要は、汚れを落とすことはできないんですね。

「殺菌」の用途のみで使用します。

※石鹸と同時に使用すると効果が無くなってしまいます。

オスバンSの使い方|薄めて水拭き

通常は200倍ほどに水で薄めて使用します。

雑巾に「オスバンS」の薄めた液をスプレーして、ふき取ることで除菌や殺菌効果があります。

基本的に2度拭きの必要はありません。

水溶液なので、水けを嫌う場所には不向き。

物に直接スプレーした後は、濡れっぱなしになるので拭き取りをする必要があります。

漬け込み洗いもできる

細菌への殺菌効果は抜群なので、洗濯物のニオイが気になる場合にオスバンの溶液に漬け込むと、嫌なニオイがしません。

ただ、油汚れなど汚れも落としたい場合は「オキシクリーン」など酸素系漂白剤の方が向いています。

>>オキシクリーンを使ったオキシ漬けのやり方まとめ

※オキシクリーンもオスバンSも、革製品には使えません。

 

オスバンSは200倍に希釈して使うので、コスパがかなりいい所も特徴。(手間ではあります)

薄めたものは1週間くらいで使い切ります。

スポンサーリンク

消毒用エタノールの特徴は「アルコール」と「揮発性」

次に、消毒用エタノールの特徴について。消毒用エタノールの一種「パストリーゼ」についても調べました。

消毒用エタノールの成分と特徴

成分アルコール(81パーセント)
使用法殺菌・消毒・他(オイルの希釈など)
消毒範囲細菌(ノロウイルスへの効果は薄い)

消毒用エタノールの最大の特徴は、アルコールということ。

  • スプレー後すぐに気化するので、拭き取りがいらない
  • 火気厳禁
  • 消毒に適した濃度なので、そのまま使える

すぐに気化するため拭き取りがいらず、細かい器具や調理用具などにスプレーするだけで殺菌できて便利。基本的に、乾いた状態の所にスプレーします。

インフルエンザなど、アルコールが効くタイプのウイルスに対して、除菌効果があります。

参考>>健栄製薬

手ピカジェルなどの手指の消毒にも、消毒用エタノールが使われています。

>>手ピカスプレーと手ピカジェルはどっちがいい!?違いや殺菌成分など

消毒用エタノールは酒税の対象なので、薄めて使うオスバンSよりはやや高価。

中には、酒税がかからず安価な商品もあります。

>>消毒用エタノールに酒税!?「エタノール」と「エタノールIP」の違いとは

エタノールは水と油の両方に溶けやすいので、アロマオイルの希釈にも使えますよ。

>>ハッカ油と消毒用エタノールで簡単!虫除けスプレーの作り方

消毒用エタノールの仲間「パストリーゼ」

同じくアルコールからできている『パストリーゼ』も消毒用エタノールの一種。

パストリーゼはドーバー酒造で作られている、サトウキビ原料由来の醸造用アルコールを使用した除菌スプレー。

カテキン入りで、消毒用エタノールよりも消毒効果が高いとされています。

厚生労働省認可の食品添加物なので、食品への使用もOK。カテキンの色で少し液体の色が黄色がかっています。

消毒用エタノール・パストリーゼを使う時の注意点

消毒用エタノール・パストリーゼ共に、

アルコールに弱いアクリル樹脂、ニスの塗ってある家具、フローリング、ゴム、革製品などには使えません。

スプレーに入れ替える時は、ポリプロピレン(PP)かポリエチレン(PE)またはガラス容器を使用しましょう。

スポンサーリンク

消毒用エタノールとオスバンSの比較

オスバンS

価格600ml 1000円前後
使い方薄めて使用・水拭きや漬け込み

消毒用エタノール

価格500ml 1000円前後
使い方そのままスプレー

アルコールに過敏な体質の人はオスバンSを使った方がいいですね。

使用箇所で使い分けるなら、

  • 火の近くでの除菌や殺菌→オスバンS
  • 水けを嫌う物(錆びる物など)の消毒→消毒用エタノール

浴室は、濡れた状態ならオスバンで水拭き。

乾いているなら、消毒用エタノールで除菌やカビ予防できます。

エタノールをスプレーする際は、目に入らないように、高い位置には使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

消毒用エタノール → ふき取りをし難い器具や、水分を嫌う場所での除菌・殺菌(主にスプレー)

オスバンS → 火を使う場所の近くや、アルコールを使えない場所での除菌・殺菌(薄めて水拭き)

効果で比べると、どちらも

  • カビ
  • 食中毒
  • 細菌(嫌なニオイの原因)

には効果があります。

ただし『ノロ』や『インフルエンザ』などのウイルスに対しては、

  • 消毒用エタノール→インフルエンザやコロナウイルスなどの「エンベローブウイルス※」と呼ばれるウイルスに効果あり。※ウイルスの周りに膜を持ったもの
  • オスバンS→ウイルスには効果なし。

とされています。

アルコールが効かない『ノロウイルス』の殺菌には、『次亜塩素酸ナトリウム』が効くとされていますよね。

ただし、消毒用アルコールにリン酸をプラスたものは「ノロウイルス」に対しても効果がみられるとか。

次亜塩素酸ナトリウムまで買うのは大変・・という場合はリン酸の入った手ピカプラスや手ピカスプレー買うといいかも。

除菌する場所や、菌・ウイルスの種類によって除菌剤も使い分けないとですね。

タイトルとURLをコピーしました