【非常持ち出し袋】中身リストと100均で揃うグッズやおすすめ品

100均の非常袋 買い物・雑記

非常持ち出し袋って意外に高価ですよね。

家族分揃えるとかなりの出費。

ただ、中身を見てみると100均のダイソーやセリアなどでも揃う物がたくさんあります

既に持っている非常袋の点検の際にも、100均の物で手軽に補充できます。

そこで当記事では

  • 防災セットの中身リスト
  • 100均で買えるもの・買えない物
  • 防災セットの置き場所

について、実際にダイソーで見たり、買ったりした物などお伝えします。

スポンサーリンク

非常持ち出し袋の中身リスト|100均でそろう物

非常持ち出し袋は通常、バッグとグッズ30点のセットで5,000円~10,000円前後。

大家族だと、人数分購入するのはちょっと大変ですね。

どんなものが入ってるかをチェックして、手持ちのバッグに100均で揃えて詰めてもそれほど不便はしないハズ。

 

100均で買う場合、売り場は店舗によってバラバラです。

だいたい、

  • 衛生用品
  • トラベルグッズ
  • 雨具
  • カーグッズ
  • アウトドアグッズ

のあたりを探すと見つけることができますよ。

【非常用持ち出し袋】①百均で揃う衛生用品

ケガの際や、避難所で過ごす時に必要な衛生用品は、ほぼ100均で買う事ができます。

必要なのは、

  • マスク
  • 歯ブラシ
  • 綿棒
  • カット綿
  • ばんそうこう
  • アルコール除菌スプレー
  • 三角巾
  • ウエットティッシュ

非常持ち出し袋は、避難所で一晩から数日過ごすことを想定して作ります。

マスクや歯ブラシは人数分入れておきましょう。

【非常用持ち出し袋】②百均で揃う防寒や防雨グッズ

移動の時や防寒に必要な物も揃えます。

アルミブランケットも100均にありました。

  • レインコート
  • アルミブランケット・シート
  • 携帯スリッパ又はサンダル
  • 軍手
  • 携帯トイレ

避難所で過ごす場合、睡眠不足になると体力を奪われてしまいます。

眠りが浅い方などは特に、耳栓やアイマスクもあるといいかも。

  • エアー枕
  • アイマスク
  • 耳栓

ダイソーの場合は、トラベルグッズまわりで揃います。

 

レインコートは雨具コーナーで

【非常用持ち出し袋】③100均で揃う防災グッズその他

その他にも必要な物

  • 電池
  • 懐中電灯
  • 呼子笛(人数分)
  • マッチ又はライター
  • ロウソク
  • 給水袋

など。

ライトは懐中電灯型や、ランタン型など色々あります。

暗い中での移動もあるので、キーホルダーになったランタン型が便利。

 

防犯用に、特に女性や子供にはホイッスルを用意しておきましょう。

中に玉が入っていると水に濡れた際に鳴りにくいので、玉の入っていない物で。

 

給水袋は、バーベキューコーナーにあります。

 

お金をかけなくても結構いろいろ揃いますね。

スポンサーリンク

非常持ち出し袋の中身リスト|100均以外で揃えた物

100均で買えない物もあります。ホームセンターや通販で揃えておきましょう。

  • 水(長期保存用)
  • 乾パンやお菓子などすぐ食べられる食べ物
  • ラジオ

入れっぱなしになるので、非常袋に入れておく水や食料品は長期保存できる専用の物が安心。

 

食料品は、非常袋の他にも自宅に備蓄しておきます。

アルファ米の場合消費期限は5年。同じ味だと飽きて来るので、色々な味の入ったセットがおすすめ。

 

 

情報収集のためのラジオも必要。

シンプルな作りの物なら1,000円ほどです。

 

連絡に使用するスマホのバッテリーも必需品です。

バッテリーは、コンパクトで大容量な物でも3,000円前後。

10000mAhで、スマホのフル充電は2回分ほどできます。

 

USBだと充電し忘れてしまう人には、コンセントに差して充電しておけるタイプが便利

ここから普段のスマホの充電もできます。

おむつやミルクなど|家族にあわせてカスタマイズ

女性は生理用品、赤ちゃんやお子さんのいる家庭はオムツやおしりふき、ミルク、子供用のおやつも必要ですね。

女性には、目隠しできるタイプのポンチョもあった方がいいかも。

非難の際には現金も必要になりますね。

普段からの貴重品の管理は難しいですが、避難の時にすぐバッグに入れられるように、保管場所を把握しておくと慌てずにすみそう。

スポンサーリンク

非常グッズをまとめる物や置き場所について

以上の物を揃えたら、入れておく袋の準備が必要です。

小さいお子さんがいる場合は、なるべく両手が開くリュックで。

そして、

バッグのデザインは、女性でも赤やピンクではない物で!

女性というだけで犯罪のターゲットになりやすいそうです。

 

ここまで読んで、やっぱり自分で色々揃えるのはメンドクサイ人には、お手頃な価格の非常袋もあります。

水や食料が入ってないので、必要に応じて自分で追加しましょう。

これで2キロくらいの重量になります。

 

子供用もあって、基本的な防災頭巾・レインコート・懐中電灯・サンダル・軍手・マスク・ホイッスル・シートが入っています。

子供用は1キロくらいの重量。

 

防災バッグは、押し入れの奥などに入れてしまうと、いざという時に取り出しにくいです。

玄関の近くや、部屋のクローゼットの出しやすい位置に置いておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

100均でもいろいろな防災グッズが手に入るので、まずは手軽に非常持ち出し袋を作ってみましょう。

ラジオなども徐々にそろえておくと安心。

 

非常持ち出し袋以外にも、ライフラインが止まった時のために

  • 食料や飲料水
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパー
  • カセットコンロ

など、最低でも3日分の備蓄が推奨されています。

普通のお水やカップラーメン、チョコレートは意外に賞味期限が短いので、保存期間には要注意です。

非常持ち出し袋以外にも、備えておいた方がいいトイレについての記事も書きました。

>>家庭で準備する非常用簡易トイレについて

 

政府のHPなども参考に、各家庭の事情にあわせて災害に備えておきたいですね。

参考:首相官邸「災害に対するご家庭での備え」

タイトルとURLをコピーしました