うたまろ石鹸スプレータイプは超便利|リキッドタイプのウタマロクリーナー詳しく調べた

ナチュラルクリーニング

「液体タイプのウタマロが便利」

との噂を聞きスーパーを探しまわったけど、どこにもありません。

そこでネットで探してみたところ、液体タイプのウタマロは3種類もありました。

まさかぁ

その1 ウタマロリキッド

その2 ウタマロクリーナー

その3 ウタマロキッチン

 

全部同じに見えますね。

どこが違うのか調べた結果、ウタマロスプレーを買いました。

 

そこで今回は

  • 液体ウタマロそれぞれの違い
  • スプレータイプ使ってみた感想

ついてお伝えします。

 

固形のウタマロ石鹸と液体ウタマロについてはこちらの記事に書きました

>>ウタマロ石鹸固形と液体タイプの違いは?使い分けを詳しく解説

スポンサーリンク

液体タイプのウタマロ|3種類の違いは用途・出方

ウタマロの液体タイプは

  • ウタマロリキッド
  • ウタマロクリーナー
  • ウタマロキッチン

の3種類。

 

ウタマロリキッドは洗濯用。

ウタマロクリーナーはお掃除で、ウタマロキッチンは食器洗いと用途が違います。

 

さらにボトルタイプ、スプレータイプ、ディスペンサータイプと、液の出方も違います

どの洗剤も中性で、アミノ酸系の肌にやさしい洗浄剤を使用しています。

 

そこで、お洗濯やお掃除両方使えそうな「スプレータイプ」の「ウタマロクリーナー」を買ってみることにしました。

スポンサーリンク

液体タイプのウタマロ|ウタマロクリーナー買ってみた

ウタマロクリーナーはスプレー式なので、気になる所にシュッとするだけ。

キッチンや浴室、トイレなど色々な場所のお掃除に使えます。

 

布にも使えるので、お洗濯前の衣類の襟にシュッとして部分洗いしたり、シューズにも使えますね。

1本で掃除にも洗濯にも使える!

普段はセスキなどのナチュラルクリーナーを使いますが、セスキの使えない場所にも使えるのはありがたい。

フローリングや革のソファー、アルミサッシにも使える

 

フローリングから油汚れ、ガラス、トイレと場所にあわせて色々な洗剤を揃える必要もなくなり、収納もスッキリです。

 

スポンサーリンク

ウタマロクリーナー 使ってみた感想

洗面所のフローリングの黒ずみが気になっていたので、購入して使ってみました。

洗面所床ウタマロ

スプレーを吹きかけたところ。

あまり泡立ちはないですね。スポンジで軽くこすりました。

 

布でふき取ってみると、

洗面所床黒ずみ拭いた後

落ちてる落ちてる。

サラっとしているので、何回も神経質に洗剤のふき取りをする必要もなさそうです。

 

香りは、グリーン系のトイレの芳香剤が弱まったような感じ。

固形のウタマロとは全く違う香りですね。

 

好みは人によりますが、マジックリンよりは全然いいかなと思いました。

スポンサーリンク

ウタマロクリーナー レビューより

Amazonに参考になるレビューがあったのでご紹介します。

アミノ酸系って、シャンプーでもそうですけど、洗浄力弱いじゃないですか。
でもコレ、何故?何故??と不思議に思いながらもどんどん汚れが落ちていくので笑いながら掃除してしまいました。
クレンザー、マ○ックリン、セスキ、クエン酸、重曹、あらゆるものを使ってきましたが、常識を見事に覆された気分です。
アルカリや酸を使わずしてここまで落ちるとは…。

ただ、皆さん書いてらっしゃるように、頑固な水垢にはちょっと敵わないかな…。
でもウタマロで汚れをしっかり取ってからクエン酸パックをしたら、見違えるほど綺麗になりましたよ。
表面の汚れを取ってからクエン酸で水垢を取ると、こんなにも違うんだ…と思いました。
研磨剤が入ってないのにステンレスの蛇口までピカピカになるし、トイレの便座裏の黄ばみまで取れたんです。

水垢まで落としやすくなるとは驚きです。

一旦ウタマロクリーナーで表面の汚れを落としてから、クエン酸を使うと効果が倍増するんですね。

 

悪いレビューとしては、「クリーナーの臭いが気になる」という物がありました。

ハーブの香りとのことですが、天然の香りではなく科学的な香りなので・・気になる人もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

液体のウタマロクリーナー まとめ

アミノ酸系ということで、泡が良く立つような洗剤よりは洗浄力は落ちるかもしれません。

ただ、使った後のヌルヌル感がないので後のふき取りがかなり楽です!

汚れ落ちも普通に良いと思いました。

スプレーなので、プシュッとやるだけでいい所もいいですね。

ソファーや、アルミサッシなど大掃除に今後活用していきたいと思います。