石鹸を手作り|子供でも簡単な石鹸の作り方は?

せっけん ハンドメイド・リメイク

毎日使う身近な石鹸。実は簡単に作ることができるんです。

製法によってはお子さんと一緒に作ることも可能。

手洗いを渋る子供も、自分で作った石鹸での手洗いは楽しいようです!

今回は石鹸作りについてざっくりした解説と、子供でも作れる簡単な石鹸についてお伝えします。

スポンサーリンク

石鹸作りには3つの方法

まずは、せっけんの作り方について。

主に3つの作り方があります。

石鹸素地を使った手こね石鹸

石鹸素地と言う細かいフレーク状の石鹸をこねて、固形にする方法です。

仕上がりは素朴な雰囲気。アロマオイルなどを入れて、好みの香りにすることもできます。

家にある使わない石鹸を削って作ることもできるので、手軽に作れますね。

 

マットな仕上がりで、とにかく簡単。乾燥に2~3日ほどかかる。

実際作ってみました!

使わない固形石鹸をリメイク|手こね石鹸レシピと作ってみた感想
家に使わない石鹸があったら、リメイクしてみてはいかがでしょうか。 粘土遊び感覚でできますので、子どもと一緒に作業できますよ。 せっけん素地を使った手こね石鹸の作り方 今回はお手軽に、石鹸素地を使った作り方のご紹介です。 家に・・・→つづきへ

グリセリンソープ

素材をレンジなどで溶かして整形します。MPソープともよばれています。

透明から半透明な石けんができあがります。

冷えて固まればすぐに使えるので最近人気の手作り石鹸です。

素材のキットも大きな書店などで販売されていますが、少々お値段が高め。

クリアで涼しげな石鹸。作り方も簡単。

コールドプロセス製法

苛性ソーダとオイルを使った作り方で、難易度は高め。

仕上がりはなめらかで本格的な石鹸ができますが、苛性ソーダ(劇薬)を使うので、子供と一緒に作るのには向きません。

仕上がりは抜群にきれいで本格的。劇薬を使用する為子供には向かない

ただ、石鹸の素材である「油」が、「鹸化」して「固形」になる過程は、ちょっとした科学の実験のようで興味深いですね。

関連記事

苛性ソーダを使った石鹸作り|ここが大変
石鹸作りというとまず思い立つのが、油と苛性ソーダを使ったやり方だと思います。 ただ意外と大変なんです・・ 今回はこの、コールドプロセス製法の難点についてお伝えします。 コールドプロセス製法による本格石鹸について まず、コール・・・→つづきへ
スポンサーリンク

まとめ|子供と手作りにオススメの石鹸つくり

石鹸作りというと、本格的はコールドプロセス製法をやってみようと思い立つ方も多いと思いますが、思った以上に難易度が高いです。

ということで、手こね・グリセリンソープ作ってみるのがおすすめです!