石鹸を手作り|子供でも簡単な石鹸の作り方は?

せっけんハンドメイド・リメイク

毎日使う身近な石鹸。実は簡単に作ることができるんです。

製法によってはお子さんと一緒に作ることも可能。

手洗いを渋る子でも、自分で作った石鹸での手洗いは楽しいようですよ!

今回は石鹸作りについてざっくりした解説と、子供でも作れる簡単な石鹸についてお伝えします。

スポンサーリンク

石鹸作りには3つの方法

まずは、せっけんの作り方について。

主に3つの作り方があり、おすすめは『てこね』と『グリセリンソープ』です。

①石鹸素地を使った手こね石鹸

石鹸素地と言う細かいフレーク状の石鹸をこねて、固形にする方法です。

仕上がりは素朴な雰囲気。

アロマオイルやハーブなどを入れて、好みの香りにすることもできます。

家にある使わない石鹸を削って作ることもできるので、手軽に作れますね。

 

マットな仕上がりで、とにかく簡単。乾燥に2~3日ほどかかる。

 

手こね石鹸の詳しい作り方や、作ってみた実物はこちらの記事に書きました

>>使わない固形石鹸をリメイク|手こね石鹸レシピと作ってみた感想

②グリセリンソープ

素材をレンジなどで溶かして整形します。MPソープともよばれています。

最近見かける、キラキラした透明の石鹸がこの『グリセリンソープ』です。

冷えて固まればすぐに使えるので、手作り石鹸としても人気。夏休みの自由研究や幼稚園の作品展でも見かけました。

素材のキットも大きな書店で売っています。素材は200グラム入りで、1500円くらい。

家に、型になるような入れ物や、色付けの食紅があるなら、ソープだけ買った方がたっぷり作れます。

型を揃えるのが面倒な場合はこのキットがおすすめ。2色使いのかわいい石鹸も作れます。

型から外れにくい場合は、いったん冷凍庫で冷やし固めるといいようです。

 

クリアで涼しげな石鹸。作り方も簡単。

③コールドプロセス製法

苛性ソーダとオイルを使った本格的な石鹸の作り方で、難易度は高め。

作り方は・・

基本的にオリーブオイルなどの油脂に、強アルカリ性の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)液を混ぜて20分ほどまぜます。

すると化学反応がおきて、分解した後に起こる固形化=「鹸化」によって石鹸ができるのです。

水酸化ナトリウム液を作る際に、粉状の苛性ソーダを水と混ぜるのですが、熱や水蒸気が発生するのでかなり慎重に行う必要があります。

この方法で作った石鹸は、なめらかで見た目もいいんですよね・・使用するオイルによっては、保湿効果もあって使用感もよさそう。

ただ、使用する苛性ソーダは劇薬で、目に入ったりすると失明の恐れもあります。

販売は500ミリリットル単位と多いので、余った時の処分にもすごく困るシロモノ。

お子さんのいるお家での石鹸作りには、おすすめできないですね。

仕上がりは抜群にきれいで本格的。劇薬を使用する為子供には向かない

ただ、石鹸の素材である「油」が、「鹸化」して「固形」になる過程は化学の実験のようなので、実際作らないにしても、調べてみるとおもしろいですね。

最近は、苛性ソーダを使わずに、劇薬指定されていない「オルトケイ酸ナトリウム」を使用する「廃油石けん手作りキット」も市販されています。

ただし同じく強いアルカリ性の薬品なので取り扱いには注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ|子供と手作りにオススメの石鹸つくり

石鹸作りというと、本格的はコールドプロセス製法をやってみようと思い立つ方も多いと思いますが・・

思った以上に難易度が高い!

ということで、手こね、またはグリセリンソープを作ってみるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました