【木更津プチ旅行】ホテル三日月 竜宮城のプール&温泉は子連れ旅行にぴったり

お出かけ情報[関東]

子連れ旅行の目的地ってすごく悩みますね。

電車は大荷物と子供を連れての移動が大変。車は渋滞が心配。

天気次第では外出も億劫。だけど、子どもはお部屋でゆっくり・・などという過ごし方はしてくれません。

そこで

  • 長時間の移動は疲れるので神奈川から2時間くらい
  • 子連れにやさしいホテル
  • 館内に遊ぶところが充実している

ということをポイントに行く場所を選んだ所、

木更津にある『ホテル三日月竜宮城』に行くことになりました。

今回は、子連れで『ホテル三日月竜宮城』のプールを満喫するポイント実際行った感想とまじえながらざっくりお伝えします。

スポンサーリンク

ホテル三日月竜宮城 神奈川からのアクセス

川崎側の浮島インターから、千葉の木更津金田インターまで、アクアラインを通って20分くらい。

神奈川から千葉がこんなに近いとはびっくりです。

 

途中のうみほたるもなかなか楽しかったですよ。

夏休み中ですが平日なので空いていました。休日はかなりの混雑です。

 

ETC搭載の普通車ならアクアラインの料金は800円(通常3,000円)。ETC割引は絶対受けたい所ですね。

 

木更津のインターを降りたら、ホテル三日月までは大きな通りを5分くらいで到着します。

 

少し前までは整備されていなかった通りなので、ナビには出てこなかったです。(海沿いの細い通りへ行かされそうになった)

ただ、看板の案内に沿ってすすむと、でっかい建物が見えて来たのでわかりやすかったです。

スポンサーリンク

ホテル三日月竜宮城 プールに先に入る時の受付方法

宿泊のチェックインは15:00ですが、プールは11:00から利用できるとのこと。

そこで、プールのあるスパ棟で受付をしました。

スパ棟の更衣室のロッカーは細長いので(横幅20センチくらい)、大きな荷物は入りません。

キャリーケースなどを預けたい場合は、一旦ホテルのカウンターまで行って、荷物を預かってもらうようです。

もしキャリーケースでお出かけの時は、プール用の着替えなどは別にしておきましょう。

ホテル三日月

写真右、少し低い建物がスパ棟

中央にある渡り廊下を通って、画面左の宿泊施設「竜宮城」へ行き来します。

とにかく広くて移動も疲れるので、先にプールに入るなら、スパ棟で受付してもらうのが断然楽です。

室内プールの広さはそこそこ。外もあるので、両方合わせるとなかなかの広さです。

屋外プールも一部は温泉みたいに熱いお湯でした。

 

プールサイドのベンチなどは、ほぼ空いてません。

タオルや飲み物をプールサイドに置いておくために、小さいレジャーシートか、ビニールのバッグがあると便利です。

更衣室にはベビーベッドもありました。オムツが取れていない子は、水遊び用オムツで入場できるので小さいお子さん連れでも入れます。

ここの、プールへの通路は少し変わってます。

女性の場合は、プールから階段を上がって、まず3階へ行きます。

そして女湯の大浴場の中を通り抜けて、更衣室に入るようになっているんです。※行きも大浴場を通り抜けてプールに入ります

プールに入った後は、大浴場で水着を脱いで、脱水して、体を拭いてから更衣室に入るようになっています。

そのため簡易式の脱水機が備え付けられています。

なので、プールから上がったらついでにお風呂に入ってしまいましょう。

かなり広々したお風呂で、流れるプールのようなお風呂もあります。

奥にある露天風呂からは、アクアラインが一望できるのでとても気持ち良かったですよ。

三日月プール

15:00過ぎた所で、ホテル棟へ移動してカギをもらいます。

 

ほとんどの部屋から海とプールが見えます。

夜のプールのショーは、部屋からも見ることができました。

ただ、音は聞こえないので1回はプールサイドで見るのがおすすめです。かなり小規模なショーですが、近くで見る噴水のショーに子どもはとても喜んでいました。

ショー見学の場合には、部屋着でプールサイドに入場できます。

ベンチに座りたい場合、ほとんどのベンチは濡れているので部屋着が濡れないように、タオルを持っていきましょう。

スポンサーリンク

ホテル三日月竜宮城 お食事について

食事は若汐亭というレストランでのバイキングです。

時間は3部制で、チェックイン時に時間帯を選べます。

うちは一番早い17:30(夕食)と7:00(朝食)にしました。

時間の5分前に行った所、すでに入場待ちの行列ができていました。

到着順に窓際の眺めがいい席へ案内してもらえるので、景色を楽しみたい方は早めに行って並びましょう。

三日月若汐亭

レストランの2面がオーシャンビューになっていました。

 

食事はいかにも大規模なホテルのビッフェと言う感じ。

お寿司と刺身は大人気で、特にお寿司コーナーは混雑していました。

てんぷらはサクサクして美味しかったです。

ステーキはちょっと固め。カニは切れ目がきちんと入りきっていなくて剥き辛かったです。

中華もありました。

デザートは甘すぎずに意外と美味しかったです。

スポンサーリンク

ホテル三日月 竜宮城 プールを楽しむ子連れ旅行 まとめ

プールで遊んで、お風呂を満喫して子どもたちはかなり楽しんでいました。

海沿いの立地で、眺めがとにかくいいので大人もテンション上がりますね。

夜のプールのショーはちょっと場末感が漂っていましたが、それはそれでいいかなと。

 

残念だったのが、『お祭りランド』という遊びの施設。

建物は凄く立派だけど、ゲームセンターもお土産屋さんもありきたりで、値段が観光地価格でいちいち高いです。卓球も30分480円でした。

お土産は、試食もほとんどなかったので途中のうみほたるで買う方がいいかなと思いました。

 

全体的には館内にある謎に豪華な調度品を眺めてみたり、貸し出してくれたムームーを家族で着てみたりと、『庶民のリゾート』って感じで楽しかったですね。

従業員さんも、一流ホテルマンという雰囲気ではないけど、みなぎこちなく接客しつつも親切にしてくれるので、私は良い印象を持ちました。

子供が小さくてあちこちアクティブに動き回れない家族や、ゆるい感じの旅行が好きな家族にはとってもオススメの『ホテル 三日月 竜宮城』でした。

潮干狩りの時期にまた行きたいです。