防犯砂利の効果とデメリット|廃棄処分するはめになった理由とは

ねこ買い物・雑記

戸建てに引っ越してきてすぐに、家のまわりに防犯用の砂利を敷きました。

白っぽくて軽いガラス素材の物です。

ところが、その防犯砂利が意外にくせ者で、

最終的には産廃業者を呼んで引き取ってもらいました

 

どうしてせっかく敷いた砂利を処分することになったのか?

軽いタイプの防犯砂利のデメリットや、防犯砂利の種類など、砂利敷きについて調べたことについてお伝えします。

スポンサーリンク

防犯砂利を買って処分に困った話

引っ越してきた当時、防犯が気になり防犯砂利というものを敷くことにしました。

それほど高価ではなくて、ガラス素材の軽いタイプの物です。

家の周囲に敷き詰めておけば、歩くとジャリジャリと大きな音がするようになるので、防犯効果が大きいと思ったのですね。

ホームセンターへ砂利を買いに車で何往復もして、自分たちで庭に敷きました。

白っぽい色のため、家の周囲が明るくなり当初は大満足でした。

スポンサーリンク

ガラス素材の防犯砂利|3つの問題点

しばらくすると、やや困ったことになってきました。

①雨で流れて来る防犯砂利

この砂利はとても軽い為、雨が降ると流されて排水溝まわりにたまってきます

その度に流れてきた砂利をかき集めて、もとの位置に敷きます。

これが毎回結構な手間でした。

②ガラス製の防犯砂利は踏むと粉々

ガラスを発砲させて作って防犯砂利はとてももろく、踏むたびに粉々になります。

そして砕けてチョークのような白い粉が飛び散るのです

雨で流れた軽石が家の前の道路に転がり、その上を車が通ることで道路が白くなり家の正面が汚い印象に。

そして材質がガラスなので、飛び散った粉を吸い込むと体に悪いのではないかと思いはじめました。

いくら注意しても、子供がおもしろがって砂利を踏んで遊ぶので、粉が肺に入るのでは・・?と心配な毎日です。

③ガラス製の防犯砂利に防草効果はなかった

砂利をまいておけば、雑草も生えてこないだろうと気軽に考えていましたが、雑草は砂利などおかまいなしに生えてきます。

むしろ砂利があることで、草取りしにくいし、落ち葉をひろったりするのもむしろ大変。

そもそも砂利を撒く際には、防草シートを先に敷いておくのが必須だったんですね。

防草シート

※防犯砂利を撤去して、防草シートの上に石の砂利を撒いた現在の様子

スポンサーリンク

防犯砂利は産業廃棄物扱い

結局色々考えてこの防犯砂利、全部処分することにしました。

防犯砂利の処分方法を行政に問い合わせる

燃えないゴミに出そうと思い、念のために市のゴミ回収の窓口に聞いてみると、土や砂利は行政では回収できないとあっさり言われてしまいました。

自分で産廃業者を呼んでくださいとのことです。

どの業者がいいのかわからないと相談したところ、地元の産廃組合を紹介されました。

そして今度はその産廃組合に電話をして、自宅に近い業者を教えてもらい、再び業者に電話をしました。

こうしてやっと回収のメドが立ったわけです。

実際の回収日がやってきました

回収日も決まり、家の周囲の防犯砂利を必死でかきあつめて、ビニールに詰めて準備しておきます。

当日、廃棄物処理の大きなトラックが家の前に横付けされました。

そしてかき集めた砂利を計量してもらい、キロあたりの料金を支払い無事に処分できました。

1万円弱かかったと思います。

ネットで砂利処分キロあたり10円と低価格の処分価格をみかけますが、そんなには安くなかったです。10袋分で7~8,000円かかったと記憶しています。

何か所も電話をするのが億劫で、相見積もりは取っていないので相場はわかりませんでした。

スポンサーリンク

ガラス素材以外の防犯砂利は?

防犯砂利の種類はガラス製の他、天然石、瓦、溶岩、セラミックなどがあってそれぞれに特徴があります。

軽い物は流されるし、重い物は流される心配はないけど、運ぶ作業が大変。

予算や作業できる人員にあわせて、慎重に選んだ方がいいですよ。

雨で流れにくい防犯砂利のおすすめ|購入と敷くときの注意点まとめ
防犯砂利とは、踏むと音が出るので防犯上役に立つという砂利です。 一口に砂利と言っても色々な材質の砂利があって、それぞれ特徴があります。 ちなみに我が家では発泡ガラスの防犯砂利を敷いていたのですが、ワケあって撤去しました。 ・・・→つづきへ
スポンサーリンク

防犯砂利の種類と処分|まとめ

ガラスを発泡させて作った防犯砂利は、安価で手に入りやすいけど、すぐ流れて割れるのでメンテナンスに手間がかかります。

水はけが良い場所にがっちり防草シートを張ってから敷くなら、かろうじてありだと思います。

ただ、防草シートを綺麗に敷くのもかなり大変で、我が家もまだ一部分しか敷いていません。

砂利敷きの専門の業者もあるので、一度見積もりを取ってみてから検討してみるのもよいかもしれません。

業者がよくわからない場合は、砂利専門業者を仲介してくれるサイトで見積もりをお願いするのが安心です。

>>年間受付件数20万件以上!砂利のことなら任せて安心【砂利110番】

タイトルとURLをコピーしました