使わない固形石鹸をリメイク|手こね石鹸レシピと作ってみた感想

せっけん ハンドメイド・リメイク

家に使わない石鹸があったら、リメイクしてみてはいかがでしょうか。

粘土遊び感覚でできますので、子どもと一緒に作業できますよ。

スポンサーリンク

せっけん素地を使った手こね石鹸の作り方

今回はお手軽に、石鹸素地を使った作り方のご紹介です。

家にある石鹸を削っても作れますよ

材料

  • 石鹸素地 300g(石鹸を削る場合は同じ分量の固形石鹸)
  • 熱湯 60ml~90ml(様子をみつつ追加)→ローズヒップなどのハーブを煮出したお湯で作れば、好みの色や香りの石鹸になります。
  • 精油 1g~2gくらい→ラベンダーなどお好みで

精油はラベンダー・ローズウッド・ゼラニウムなどがオススメです。

柑橘系は、肌に使う物にはあまり向かないようです。

 

今回は入れませんでしたが、

  • はちみつ 小さじ1

を入れると保湿効果がアップします。

 

石鹸素地とはこのような、固形石鹸をフレーク状にしたものです。

純植物石けん素地(1kg)

1キロで1,500円~販売されています。

精油は全体の1パーセントまでが適量です。

 

道具として、まな板や包丁、ビニール袋も準備します。

手こね石鹸の作り方

【準備→固形石鹸を細かくする】

※石鹸素地を使用する場合は、この工程は必要ありません

 

家にあった、無添加石鹸を、包丁でみじん切りにして、石鹸素地にする

「おろし金で削る方法」はかなり大変なので、まな板と出刃包丁で細かいみじん切りにしました。

無添加・香料なしの石鹸だったので、料理用のまな板と包丁を使用しました。

 

気になる方は100均などで専用のまな板と包丁を用意するのがよいでしょう。

 

【作り方】

  1. 石鹸素地を厚手のビニール袋に入れる・・もむので、袋は丈夫なもの、さらに2重にします
  2. 熱湯(ハーブを煮た抽出液)と精油・はちみつを入れてコネコネしてよくまぜる。熱湯の量は湿度などによってかわりますが、少しずつ様子をみながら
  3. よくまざったら、成型して乾燥させる。厚みのある形のほうが、折れにくくて使いやすい石鹸になります。
  4. 2~3日たってよく乾燥したら完成

熱湯の量の調整が難しいかもしれません。

お湯が少ないとまとまりにくいですが、入れすぎると乾燥に時間がかかります。

様子を見ながら少しずつ足すのがポイントです。

 

今回は紅茶のティーバッグを煮出して色付けしました。

完成品はこちら

手作り石鹸の画像

焼きおにぎりみたいになってしまいましたが・・

これで手洗いしたら、スベスベ。意外に使い心地はいいです。

泡立ちは、市販の石鹸に比べると少ないです。

ビニール袋の中でこねるところまでは大人がやり、成形を子供たちにやってもらいました。

自分で作った石鹸を使うのは嬉しいようで、手洗いを嫌がらなくなったのが嬉しい効果でした。

スポンサーリンク

固形せっけんを手こねでリメイク|まとめ

手こねで作る石鹸は思った以上に簡単でした。刻むのはちょっと大変です。

本格的に作る石鹸の滑らかさには及びませんが、使い心地もなかなかです!

次回は、少し配合を工夫してもう少し泡立ちの良い石鹸を作ってみようと思います。