ボディソープと固形石鹸の違い|加齢臭に効くのはどっち??

石鹸とボディシャンプー暮らしと香り

体臭予防のためには、よく体を洗ってニオイの元になる皮脂を落とすことが大切です。

体を洗う時にはボディーシャンプーを使うことが多いけど、

同じような商品で「ボディクレンズ」というものもありますよね。

優しいフローラルの香りで人気のデオコ、固形石鹸もあります。

でも、固形と液体石鹸(ボディシャンプー・ボディクレンズ)何が違うのでしょうか?

固形石鹸と液体のボディーシャンプーの違いを調べてみました。

ちなみに、今わが家では石鹸一択になっています。

スポンサーリンク

固形石鹸とボディシャンプーの違い

まずは固形石鹸とボディソープ、ボディクレンズの違いを調べてみました。

「ボディシャンプー」と「ボディクレンズ」の違いは、言い方が違うだけみたい。

どちらも「体を洗う用の液体石鹸」です。

固形石鹸とボディシャンプー(液体石鹸)|成分の違い

固形石鹸は、油脂から作られていて、洗浄成分は石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)。

一方、液体石鹸(ボディーシャンプー)は、石油や油脂からつくられていて、洗浄成分は合成洗剤。

ボディーシャンプーって、固形石鹸を溶かしているわけではなく、違う洗浄成分を使っているのですね。

一般的に、合成洗剤は洗浄力が強いので、抗炎症剤やクエン酸、肌の表面をコーティングする合成ポリマー等色々な物が加えられています

ただ、固形石鹸にも香料などの添加物は入っているので、それぞれの商品の成分は確認した方がよいでしょう。

あたりまえだけど、形状が違う

固形石鹸はそのままでは使えません。水に濡らして泡立てるというひと手間がいります。

濡れたままにしておくと、溶けてしまうこともあるので保存には注意が必要。

液体石鹸はそのまま使えて、浴室に置きっぱなしでも変質しない点では便利ですよね。

肌に優しそうな「固形石鹸」を使いたいけど管理がメンドクサイという人には・・

液体だけど「石鹸素地」(固形石鹸)と同じ洗浄成分でできているボディシャンプーもありますよ。

※固形石鹸の石鹸素地は「ナトリウム石鹸」で、液体の石鹸素地は「カリ石鹸」と言って製法が異なります。

スポンサーリンク

汚れが落ちる仕組み

石鹸素地でできた固形石鹸と、合成洗剤でできた「ボディシャンプー」では汚れを落とす仕組みも異なります。

皮脂や汗など肌の汚れは弱酸性、固形石鹸は弱アルカリ性。

なのでこの二つが合わさることで中和されます。

固形石鹸で中和された汚れは、白い垢のようになって洗い流されるしくみ。

合成洗剤は弱酸性や中性なので、酸性の皮脂汚れを中和するのではなく、油分を溶かして落とします。

石鹸の方がすっきり流れるので、石鹸の方が洗う力が強いと思われがちですが・・

洗浄力の強さは合成洗剤の方が強いことも。

ただ、潤い成分を多めに配合されている商品もあるので、使用感だけではわかりません。

ちなみに、ボディソープやシャンプー、ハンドソープの違いは、洗浄成分と 保湿成分の配合です。

ボディシャンプーは保湿力を高めに、ハンドソープは洗浄力を高く調整してあるので、用途に合わせて使い分けるのがよいですね。

ということで、肌にあまり負担をかけたくない場合は、合成洗剤を使用しているボディーシャンプーよりも固形石鹸の方がおすすめです。

スポンサーリンク

固形石鹸にも色々

固形石鹸にも実は製法によって種類が色々あります。

固形石鹸の製法は、大きく分けると、

  • 中和法
  • けん化法

に分けられます。

中和法は、油を分解した脂肪酸のみで作る製法。

中和法は、安くできて大量生産向きの製法です。

けん化法は、油をそのまま「けん化」(石鹸状に加工)する製法。

油脂に含まれる保湿成分もそのまま残るのが特徴です。

無添加にこだわったシャボン玉石鹸も、このケン化法(釜炊き)でつくられています。

おなじく「釜炊き」で作られている牛乳石鹸は、保湿成分が配合されていて、洗顔にも使えます。

ただ、釜炊き(ホットプレス)は、製造の過程で熱を加えるので、油脂に含まれる熱に弱い成分は壊れてしまいますが・・

けん化法の中には、コールドプレスといって熱を加えずに製造する方法もあります。

天然のオイルに含まれる、保湿成分で肌がしっとり潤うのでこの「コールドプロセス石鹸」もおすすめ。

スポンサーリンク

まとめ

液体石鹸も便利だけど、肌の保湿にこだわりたい人には固形石鹸がおすすめです。

選ぶときには、保湿に優れた釜炊き(ホットプレス)の石鹸を選びましょう。

加齢臭やニオイが気になる場合には、

  • 渋柿
  • 白泥

などが配合されている石鹸も効き目がありそう。

「ゼオライト」という吸着成分の入った石鹸もありますよ。

ニオイには体質や生活習慣も関係するので、石鹸による消臭効果は人によって違います。

高価でなくても、良い石鹸はあるので色々試してみたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました