キャンディレイの作り方♪100均のダイソー・セリアで揃う袋とマスキングテープで簡単に

レイ年長さん用 ハンドメイド・リメイク

キャンディレイは、ハワイで目にするお花の首飾りのように、お菓子をネックレス状にしたものです。

可愛らしく見た目も華やかなので、ちょっとしたプレゼントにぴったりですね。

子ども会や学童のイベントでもよく作りますよ

完成品も売っていますが、キャンディレイは、身近な材料で簡単に作ることができます。

作り方といっても、袋にお菓子を入れてリボンで留めるだけなのですが・・

当記事では100均のラッピングフィルムとマスキングテープを利用した、

  • コスパがいい
  • 子どもでも簡単にできる

キャンディレイの作り方についてお伝えします。

スポンサーリンク

ダイソー・セリアで揃うキャンディレイの材料

キャンディレイの材料は、ダイソーなどの100均で揃えることができます。

中に入れるお菓子は、100均よりも量販店の方が種類も豊富で安い場合があります。

キャンディレイの材料

  • お菓子
  • ラッピングフィルム(OPP)
  • リボン・シール(長さ調節用・飾りなど)
  • マスキングテープ・セロテープ(アメを固定するための物)

 

まず、中に入れるお菓子ですが、作る際に手で触るので個包装された物を準備しましょう。

アメだけではなく、ラムネやチョコ、マシュマロなどお好みで用意します。

小さい子にはアメよりも、ラムネやチョコの方がいいね

作りたいキャンディレイのイメージにあわせて、はっきりしたカラーの物を選ぶと見栄えがしますよ

アメのおススメはブルボンのキュービィロップです。

小さめで食べやすく色もカワイイ。

キャンディロップ

食べ物だけでなく、ヘアピンやキーホルダー、消しゴムなどの可愛らしい小物を入れてもいいですね。

見た目の可愛いお菓子を入れると見栄えUP

 

アメを包むために、OPPと言われるラッピングフィルムも用意します。

 

このラッピングフィルムは、50×40センチの大きさで4枚~10枚入りの物が100均で売られています。

※大量に作る場合は専用袋が便利です(後述)。少量作る場合にはラップを利用しても。

 

アメがフィルムの中で動かないようにするための、マスキングテープも準備しましょう。

マスキングテープは装飾にもなるので、中にいれるお菓子のカラーなどに合わせて選ぶと可愛く仕上がります。

 

首にかける長さに調節するためのリボンや、装飾に使うリボンも必要にあわせて準備します。

スポンサーリンク

マスキングテープ使用のキャンディレイ|作り方

キャンディレイの詳しい作り方やポイントになります。

①フィルムをカットする

ラッピングフィルムを細長い形にカットします。幅は10センチ~12センチ程度。

ラッピングフィルム

手でゴシゴシこすって折り目を付けておくと切りやすいです。

②アメを配置する

次にアメを配置してクルっと巻きます。

この時に、洗濯ばさみなどで止めておくとずれにくいです。

キャンディレイ作り方1

③マスキングテープやリボンで動かないようにする

アメとアメの間をマスキングテープで巻いて留めていきます。

※リボンでとめる場合には、セロハンテープで巻いてからリボン結びをすると上手く結べます。

キャンディレイ作り方2

端にリボンをつけて、首に掛けられる長さに調整したら完成。

 

キャンディレイ作り方3

ワンポイントでカーリングリボンをつけました。

 

この作り方だとお菓子は5個前後入ります。

カットしたフィルムを2枚セロテープでつないで延長すれば、グルっと一周お菓子の入ったレイにもできますね。

 

リボンを使ってもいいのですが、マスキングテープを使うと

  • リボンを綺麗に結ぶより簡単
  • 時間がかからないので大量生産向き
  • リボンよりもコスト安

などの利点があります。

ただ、マスキングテープは粘着力が弱く、短いとすぐはがれてくるので、グルグルと2周くらい巻く必要があります。

 

リボン結びができないお子さんでも作れるので、皆で一緒に作って交換してもいいですね。

 

首にかけるものなので、小さいお子さんには充分に注意してあげて下さい。
スポンサーリンク

キャンデイレイを大量に作る場合は専用の袋が便利

たくさん作る場合は、専用の袋が便利です。

Amazonでは100枚入りで1,500円前後でした。

2,000円から送料無料なので、飴なども一緒に注文するとお得です。

 

通販なら業務用の個包装のアメの種類も豊富です。

>>配りやすくて安い個包装のお菓子ベスト10

配りやすくて安い個包装のお菓子ベスト10
子供会のパーティーや、ハロウィンなど子どもたちの楽しみは何といってもお菓子です。 ただ、味の好みもあるし、見た目の可愛さも重要。 ちょぴりしか入っていないお菓子は、コスパもよくありませんね。 そんな時に便利な、たっぷり入っ・・・→つづきへ

キャンディレイの専用袋ではなく、かさ袋や、印刷前のごぼう袋でも作ることができます。

購入の際は、袋の横幅にご注意ください。クッキーなど大ぶりのお菓子も入れる場合は少し幅が広いものを選ぶとよいでしょう。

かさ袋の長さは専用袋より短いので、2まいつなぐか、リボンで延長することになります。

袋を購入する時は、横幅と長さにも注意!
スポンサーリンク

キャンデイレイの簡単作り方:まとめ

キャンデイレイは、リボンでお菓子とお菓子の間を結ぶのが一般的ですが、カラフルなマスキングテープでクルクルまくだけでも、可愛く仕上がります。

お菓子の個数にもよりますが、この方法だと1本100円以下でできるので、予算が決まっている行事の際のキャンデイレイ作りにいかがでしょうか。

クリスマス用やハロウィン用に、カラーや飾りをアレンジしても良いですね。

キャンディレイのアレンジについてはこちらの記事に書きました。

>>子どもに配るお菓子におすすめ!手作りキャンディレイアレンジ

子どもに配るお菓子におすすめ!手作りキャンディレイアレンジ
手作りのキャンディレイのアレンジをまとめてみました。 手作りキャンデイレイのアレンジ色々 100均のフィルムでアメを巻いた後に、マスキングテープで止めた物。 ※クリックで拡大します 入れたのはチョコで色味は地・・・→つづきへ


タイトルとURLをコピーしました