座間市東原の桜並木の見所・植え替え工事など詳細【2019】

座間市東原の桜並木は100本以上の桜が植えられた桜の名所で、毎年市外からも多くの人が訪れる人気のスポットです。

この座間市東原の桜並木の歴史は古く、樹齢50年を超える木も数多くあります。

立派な桜が見どころなのですが、倒木の恐れが出てきたとして植え替え工事が行われることになりました。

今年の桜並木はどのくらい桜が減ってしまっているのでしょうか?

当記事では、座間市東原の桜並木の

  • アクセス
  • 植え替えの様子
  • 東原の桜並木の歴史

についてお伝えします。

スポンサーリンク

座間市東原の桜並木 アクセス

最寄り駅:相鉄線さがみ野駅

東原の桜並木は、相鉄線さがみ野駅の北口方面へ。

座間市役所南出張所(東原コミセン)を通って国道246号線に抜ける通り(市道13号線)沿いに、桜並木が500メートルほど続きます。

国道246号線を通り過ぎるとコストコや、芹沢公園もあって一日がかりで出かけても楽しめます。

歩道が広くて歩きやすい道路です。

座間市東原の桜並木 植え替え状況は?

今年から一部の桜は植え替え中。

植え替えは、桜並木の区間を3つに分けて5年間にわたって行われます。

少々ボリュームは減ってしまいますが、まだまだお花見をするには十分なボリュームになりそうです。

座間市東原の桜並木の歴史

この地域に畑用の灌漑水路を作る事業が、昭和25年頃から30年頃にかけて国策として行われていました。戦後の食糧難のため、農地を広げる必要があったのですね。

その用水路の完成を祝って、周辺の住民によって水路脇に植えられたのが東原の桜です。

水路が作られた市道13号線は、芹沢公園の地下にあった高座海軍工廠で作られた飛行機の滑走路でもあったそうです。

>>芹沢公園の地下壕|高座海軍工廠

ただ、水路は思ったように機能せず、工場が建ったり地域の宅地化が進んだことで灌漑水路はふさがれてしまったんですね。

灌漑用の水路脇に植えられたため、東原の桜は「畑灌桜」と呼ばれることもあるそうです。