山形県のお米「雪若丸」は大きくてしっかりとした弾力

雪若丸買い物・雑記

「雪若丸」(ゆきわかまる)は2018年から本格販売が始まった新しい品種。

山形県で生産されています。

山形が誇るブランド米、「つや姫」の弟分としてデビューしました。

この「雪若丸」がすごい美味しかったんですよ!

特徴などお伝えします。

スポンサーリンク

雪若丸の特徴

雪若丸

パッケージは、わかりやすいロゴタイプのデザインです。

ローソンの「うちカフェ」シリーズのロゴも手掛けているデザイン会社、株式会社canariaによるもの。

つや姫と同じカラーリングなので、山形のブランド米のイメージカラーなのでしょうね。

雪若丸|食べてみた感想

山形県庄内産の「雪若丸」です。

ふるさと納税の返礼品として到着。

「石抜き装置付き低温精米機」で精米されているそうです。

 

この日は普通に研いで、30分浸水して炊飯器で炊きました。

 

なんか粒が大きい・白い!

大きいから白さが目立つのかな。

 

食感はしっかりしていて、ほどよい粘りです。

 

しっかりとした食感の米といえば、あきたこまちを思い浮かべますよね。

あきたこまちよりは噛んだ時の弾力があります。

甘味とか香りは特に目立つ感じではなく、よくいえばクセの無い味。

 

ということで、雪若丸は粒が大きくしっかりしていて、もっちりというより「弾力」を感じたお米でした。

どんな料理にあう?

しっかりとした粒感と噛み応えから、「雪若丸」はカレーに合うといわれています。

たしかに、カレーの汁を吸ってもしっかりした粒感はそのまま。

べちゃっとすると嫌ですもんね。

お米の甘みも程よい感じ。

親子丼や牛丼など、どんぶり物にもぴったりです。

次の日に食べてみた

粒が大きめで粘りが少ないせいか、ご飯同士でひっつかないんですよね。

固まらずにホロホロと落ちていきます。

なので翌日冷めてから温めなおしても、べっちゃりとしないでしっかりした食感はキープ。

翌日も美味しいお米でした。

スポンサーリンク

雪若丸の産地は?

雪若丸は山形県で多く生産されています。

山形県と言えば、「はえぬき」「つや姫」が有名。

「雪若丸」は期待の3番手として開発されました。

山形は、昼夜の寒暖差が大きい盆地型の気候と、奥羽山脈からの雪解け水で、美味しいお米が安定して生産できるコメどころです。

現在山形県では、生産体制や集荷、保管、チェックまでしっかりと行っており、信頼性の高いお米の生産地といえます。

スポンサーリンク

雪若丸の価格は?どこで買える?

雪若丸の価格帯は、5キログラムで2,480円~2,880円。

もっとたくさん作られるようになれば価格も下がってくるのかな?。

山形県河北町のふるさと納税の返礼品にもなっています。

スポンサーリンク

まとめ

「しっかりとした食感のご飯が好き」という方にぴったりの「雪若丸」。

食べ応えがあって、カレーやどんぶり物にもぴったりです。

お米のパッケージもお洒落でカワイイ。

ご飯をモリモリ食べる我が家では大好評でした。

タイトルとURLをコピーしました