【床下換気扇】付けたはいいけど…必要性は??効果のある取付け方法とは

サボテン 家まわりの悩み

湿気対策のために、我が家の床下には床下に換気扇を取り付けました。

ですが、結局止めています

 

確かに床下換気扇を稼働していると、空気が入れ替えられるメリットはあります。

ただ、電化製品なのでメンテナンスも必要なんですよね。

 

ということで今回は床下換気扇メリットデメリットを、取付の経緯から順番にお伝えします。

スポンサーリンク

床下換気扇の必要性|取り付けの経緯と設計士さんの話

まず、床下換気扇を付けた経緯です。

近所で床下の点検をしているという業者が挨拶に来たのがきっかけ。

 

無料で見てくれるというので、うちも後日点検をしてもらうことになりました。

 

すると玄関の床下部分に蟻道(ぎどう)・・つまり、シロアリが通ったあとがあるというではないですか。

慌ててシロアリ防除をして、予防のためにすすめられた床下換気扇を付けることになりました。

「シロアリがいる!」

ではなくて、

「通った後がある!」

というのがミソ…

床下換気扇の必要性と効果は・・実に微妙

床下換気扇を取り付けて一安心。

その後、キッチンとお風呂をリフォームすることになり、設計士さんと雑談する機会がありました。

 

ふと、「床下換気扇って必要だと思いますか?」となにげなく聞いてみた所、

『取りつける場所や環境によって効果が違う、特にオススメはしていないけど、まあ、あってもいいんじゃない?』

と言われました。実に微妙です。

別になくてもいいんじゃない?というニュアンスでした

 

設計士さんの言うには、床下換気扇はうまく空気が流れる位置に取り付けないと効果が無いとのこと。

床下の点検業者が空気の流れまできちんと計算して取り付けをしたのか疑問だと。

 

さらに換気扇自体が、換気口をふさいで換気の邪魔をするので、一旦取り付けたなら稼働し続けないといけないとのこと。

 

※その後、お風呂場の工事の大工さんにも同じような事を言われました。

 

ということで、床下換気扇の効果は取付け方法と、その後の稼働時間次第ということです。

床下換気扇のメンテナンスが意外に面倒

その後10年ほど稼働させていた床下換気扇ですが、外す予定です。

音が結構うるさいんです。

 

床下換気扇って長時間稼働させる必要があるんです。最低でも一日6時間以上。

ゴワーーっていう音が、長時間にわたって床の下から響いてくるのはどうにも落ち着きません。

 

そして電化製品ということで、

  • コードのゆるみや漏電が気になる
  • 点検が必要
  • 長時間稼働するので機械の劣化が気になる
  • 電気代も気になる

気になることだらけです。

 

取りつけ業者が無料で点検してくれるのですが、この業者も実に微妙です。

 

あれ、屋根も大分傷んでますね。今なら安く見積もりを…

外壁もセットで…

あの、床下を早く見て下さいな…

屋根が…

(…うるせえ)

点検も鬱陶しいし音がうるさいので、床下換気扇は取り外すことにしました。

 

そもそもシロアリの心配があって取り付けた換気扇です。

他にもシロアリを防ぐ方法はないのでしょうか?

スポンサーリンク

ではシロアリはどうやって防ぐ?

シロアリもどこからかやって来るのですが、明るくて風通しのよい場所を通るのは苦手なんですね。

 

なのでシロアリが来ないようにするには、家のまわりに不要な物を置かない、ということが重要なんです。

家の周りに植木鉢とか置いてません?

DIYで余ったりした木材などもすぐに片付けましょう。

 

あと意外にシロアリはコンクリの下が好きなようです。

家のまわりぐるっとコンクリ打ってあるようなお家は、万が一シロアリに入られると薬剤散布が大変なので、マメに点検した方がよいですね。

 

薬剤で予防するのが一番確実ですね。

スポンサーリンク

まとめ:床下換気扇は付け方に工夫を!点検も考慮しよう

床下換気扇ですが、適切に取り付けすれば一定の効果はあります。

 

図面を確認した上で、空気の流れをしっかり考えて取り付け案を出してくれる業者を選ぶのが大切ですね。

信頼のできる業者にこちらからコンタクトしましょう

流しの営業には気を付けて!

長時間稼働するので、点検についても確認を。

 

換気扇の音の大きさもできればチェックしたいですね。

 

そして換気扇を付けなくても基礎に換気口を追加するだけでも、床下の湿気対策には効果的

 

ポイントは、トイレ・お風呂場・台所など水回りの部分の基礎換気口を付けるようにするということ。

それだけでだいぶ湿気が抜けるようです。

 

玄関も意外に湿気が溜まりやすいので要注意です!