おうち焼肉に最適|イワタニ【やきまる】使ってみた感想

やきまる箱食と台所まわり

お店で食べるよりも安上がりでゆっくりできる、おうち焼肉。

ただ、ホットプレートを使っての焼肉って、煙やニオイが気になりますね。

そこで、煙が出ないというイワタニの焼肉ロースター「やきまる」、

この「やきまる」を使って、お家焼肉をしてみました。

これは、焼肉好きなら1台は持ってたいかも?

使ってみた感想をまとめました。

スポンサーリンク

家で焼肉!煙が出ないカセットコンロやきまる

やきまるは、カセット式ガスボンベを使った焼肉用のロースターです。

煙が出ないのが特徴。

やきまるの特徴と煙の出ない仕組み

こちらがそのやきまる。

ビバホームなど、大きめのホームセンターで入手できます。

やきまる箱

カセットボンベでおなじみ、イワタニ産業の商品です。

中身はこんな感じ。

やきまるトレー

ガス台の上にリング状のトレー、さらにその上にプレートを載せて使います。

トレーはつまみを持って、取り外し可能。

焼肉専用コンロなので、上にお鍋を置いたりはできない形状です。

水炊きなどの鍋物には使えません

ポイントは、リング状のトレーに水をはっておくところ。

肉を焼いた際に出る油は、鉄板の溝を伝ってスリットからトレーにおちます。

煙は、肉から出た油が炎に落ちることで発生するんですね。

このやきまるは、炎に油がかかることはないので、煙は発生しないというわけです。

 

リングと鉄板は丸洗いできるので扱いは楽でした。

やきまるを使って家で焼肉をやってみた感想

焼きまるでの焼肉は、ホットプレートで焼いた肉よりもジューシーに仕上がります。

強すぎない火加減なので、火が入りすぎないのかな。

焼き目もいい感じにつきます。

やきまるで焼肉

ただ、油のおちる穴が切ってあるので、肉を焼けるエリアが狭い

大人二人で食べるくらいのサイズ感です。

そして煙は確かに出ない!

油の多い豚バラを焼いても、モクモクとした煙が上がるようなことはありませんでした。

 

ただ、煙は出なくても油の飛び散りは多少あります。

多少というか、結構まわりに散りますね(汗

テーブルがベタベタするので、新聞紙などを敷いてから焼くのがおすすめ。

カセット式のガスを使うので、電源を気にせずにテーブルの真ん中に置けるのもなにげに便利です。

スポンサーリンク

イワタニのカセットコンロシリーズ色々

今回使ったやきまるはこちら。

発売当初はベストセラー1位になっていた人気商品です。

鉄板のスペアも販売していました。

鉄板は表面にフッ素加工がしてあるので、汚れ落ちはいいです。

ただ、ずっと使ってると劣化するので替えがあるのは嬉しい。

 

こんな商品も。

自宅で炉端焼きが楽しめます。居酒屋状態になりそう。

こちらはスモークレス仕様(煙が出ない仕様)ではないので普通に煙が出ます。

 

家には既にカセットコンロがあって増やしたくないけど、ガス火で焼肉がしたい時はこれ。

普通のカセットコンロに乗せて使うタイプの焼肉グリルです。

 

イワタニのカセットコンロにピッタリのせられるように底にくぼみがあります。

 

こちらも、通常のカセットコンロに乗せて使うタイプのたこ焼きプレート

これはおススメ。

電気式のたこ焼ききより、こちらの方がおいしく焼けます。

プレートを丸洗いできるのもいいですね。

肉厚のプレートなので、ずっしりと重いのが難点。

普通のコンロにも色々種類があって、お鍋などやる場合には薄型が便利。

某芸能人も使っているというプレミアムなガスコンロもあります。

ピカピカの躯体に移る炎がキレイなんだとか。

スポンサーリンク

まとめ

お店へ行くよりは安くてゆっくりお酒も飲めるお家焼肉。

やきまるなら、煙も出ないし油もほどよく落ちていい具合に焼きあがります。

カセットコンロ式だと、ホットプレートよりコンパクト。

コンセントのコードが邪魔にならないところがいいですね。

焼肉だけではなく、一つのコンロで色々楽しみたい場合には、上に乗せ換えるタイプの物が便利です。

タイトルとURLをコピーしました