ミューズノータッチ詰め替えは高い!?ストローを使って自作する方法

ミューズノータッチ感染症対策

毎日の手洗いに便利な『ミューズノータッチ』。

手を差し出すと、ちょうどよい量の石鹸の泡がプシュっと出てきます。

だいたい1か月で泡になる液体石鹸がなくなるのですが、この詰め替えが売ってない時期がありました。

そこで他のメーカーの「泡タイプ液体石鹸」を詰め替えてみたところ、普通に使うことができました。

スポンサーリンク

ノータッチミューズ|ポケモン

黄色の本体とブルーの液体のコントラストが綺麗な、ポケモンのノータッチ泡ハンドソープ。

ポケモン ノータッチミューズ

本体にカートリッジを差し込むと、高さは19.5センチほどになります。

単3電池を2本使用。

手を出すと自動的に1回分の泡が出るので、子どもに使いやすくて便利な商品です。

人気がある商品なので、詰め替えのカートリッジはやや品薄。

なので、今回は同じく泡のハンドソープ、「キレイキレイ 泡 詰め替え」を入れることにしました。

※液体タイプではなく泡専用の詰め替え用です。

スポンサーリンク

ミューズノータッチを詰め替えてみた

今回はうまくできたのですが、失敗して入れ物が損傷する可能性もあります。
試してみる際には自己責任でお願いします。

詰め替えの際には、家にあった

  • つまようじ
  • ストロー
  • クリアファイル

を使いました。

ストローは差し込む方と、逆側も斜めに切っておきます。(入口の面積をひろげるため)

クリアファイルは端の部分を円錐状になるようカットして、角を5ミリほど切り落とし、漏斗(ろうと)を作成しました。

ノータッチミューズは、本体電源を切って詰め替えカートリッジを取り出しておきます。

まずは、差込口を確認。

フタの裏には白い突起がいくつかあり、この真ん中の大きいところが「入り口部分」なので、そこをちょっと押してみます。

押された「入り口部分」の脇に少しだけ隙間があるのが見えます。
(わかりずらいけど2枚目の写真です)

突起部分を押しつつ、この隙間に爪楊枝をさしこみます。

爪楊枝を2本差し込んで、空間をキープしてからストローをググっとおしこみました。

ストローが入ったら、つまようじはそっと抜きます。

ストローがつぶれた状態で差し込まれています。

この差したストローの反対側に、「ろうと」で液体石鹸を流し込みます。

片手でストローと「ろうと」を固定するのが難しいので、お手伝いしてくれる人がいるといいかも。

入り口が細いので、ゆっくりゆっくり注ぎ入れます。

多少こぼれるので、濡れてもいい場所で作業しましょう。

スポンサーリンク

まとめ|完成後はこんな感じに

『キレイキレイ』は薄いピンク色なので、微妙な色合いになってしまいます。

泡は出てくるので、問題なく使えましたよ。

ポイントは、すき間めがけて爪楊枝をグイグイさしこむ所。

爪楊枝を2本使って、ストローを指し込むスペースをなんとか確保しました。

毎回栓が壊れないかとドキドキしつつも、3回くらいは補充できました。

何回くらいこの方法で詰め替えられるかわからないけど、当分これでやっていけそう。

本体はこちら。定価は1,600円くらいだったと思います。

ミニオン柄もあります。※これも品薄

ネットでは割高の場合もあります。

ドラッグストアに定価で並んでいることもあるので、欲しい場合はすかさず買いましょう。

タイトルとURLをコピーしました