ベランダの虫除けに効く最強の防虫剤は?ハーブからぶら下げタイプまで調べてみました

みつばち 家まわりの悩み

暑い時期になると出て来る嫌な虫。

締め切った部屋ならともかく、ベランダは屋外なので環境によっては蚊やコバエ、あるいはハチなどいろいろな虫に遭遇します。

洗濯物を干すときにはベランダを何回も出入りするので、そんな嫌~な虫が入ってきてしまうことも。

そこで部屋だけではなく、虫の侵入経路でもあるベランダにも虫対策をすることにしました。

スポンサーリンク

ベランダの虫除けに効くグッズは?

虫除け効果のあるハーブがあるというので、調べてみました。

虫除け効果のあるハーブ

ラベンダーやユーカリ、ミント、レモングラス、ゼラニウムなどのハーブには虫除けの効果があると言われています。

蚊連草(かれんそう)という、蚊が嫌がる香りがするというハーブも一時話題になりました。こちらもゼラニウムの一種です。

虫除けという点では、ガーデニングとしてハーブを育てるよりは、抽出液(精油)を使った方が効果的

植木鉢で植物を育てると、どうしても雑草や土・コバエがセットでやって来るんです。

なので、虫除け目的ならオイルなど抽出液を使う方が手っ取り早い。

 

抽出液の使い方としては、薄めてスプレーするというやり方があります。

ただ、蚊を寄せ付けないようにするには高濃度の香り充満している必要があるので、ベランダでの効果は薄いといえます

 

体に付けるタイプの虫除けには、ハーブは効果がありますよ。とくにミント系のハッカ油はオススメです。

\ハーブを使った簡単な虫除けスプレーについてはコチラ/
ハッカ油とエタノールで簡単♪虫よけスプレーの作り方

空間用虫除け剤「虫コナーズ」「パポナ」「虫除けバリア」

最近よく見る、ぶらさげタイプの防虫グッズです。

「虫コナーズ」(金鳥)と「パポナ」(アース製薬)「虫除けバリア」(フマキラー)について調べました。

虫コナーズの防虫成分は、トランスフルトリン。これは蚊やコバエに効く成分ですね。

「虫除けバリア」も同じくトランスフルトリン。こちらは、太陽の光で薬剤が広がりやすい特徴があります。

一方、パポナの防虫成分はトランスフルトリンとエムペントリン。エムペントリンには防虫効果が長時間長持ちする効果もあるようです。

なおこの2つのグッズには、「蚊を対象とはしていません」という主旨の表記があります。

主に「ユスリカ」と「チョウバエ」などの刺さない虫を避ける効果があるとのこと。

え?蚊には効かないってどういうこと?

ただ、使用している薬剤からして、蚊を対象としているとしか思えないんですけどね。

どうやら、「蚊に効く」という語句の表記を入れてしまうと、「殺虫剤」扱いになって、厚労省の審査に時間がかかるとのこと。

なので、これは蚊を対象としていないし、効き目の弱い「虫除け」なのですよ、ということで「雑貨扱い」での販売をしているのではないでしょうか。

 

実際の所、蚊に効くのか、それとも効かないのか。買う立場としては気になる所です。

実際に使っていますが、蚊にも効果はあると感じます。

ちなみに薬剤は上から下へと流れていくので、窓を開け閉めする場所の上の部分に吊るすのが効果的です。

風向きによっては成分が流れていってしまうので、風が吹き付ける場所での使用には向きませんね。

 

2種類の薬剤が入ってよく効くおすすめ

ハチ・スズメバチ対策のポイントは「柔軟剤」を使わない!

蚊も嫌な虫ですが、もっと困るのが「スズメバチ」。

刺されるとアナフィラキシーショックを起こすこともある、危険な生物ですね。

 

このスズメバチ、ごくまれに洗濯物にくっついていることがあるんですよね。

知人で、気付かずスズメバチの付いた服をそのまま着てしまい、刺されたという人もいます。怖い・・

ということでスズメバチ対策

スズメバチの好むニオイを避ける →スズメバチは、香水や柔軟剤のニオイが好みで寄って来ることがあるようです。なので柔軟剤は使わないようにしています。
防虫剤を併用 →どこまで効果があるかはわかりませんが、上記のぶらさげタイプの防虫剤を2つ、ベランダの上部の端と端にぶら下げています。

 

さらにスズメバチには「プラレトリン」という薬剤がきくとのことなので、「プラレトリン」の入った「おすだけベープスプレーハイブリッド 200回分 不快害虫用」をベランダにまめに吹き付けようかとも考えています。

この、おすだけベープハイブリッドはプッシュ式の蚊取りでは最強の効き目。

お部屋の虫除けに付いてはコチラの記事に書きました。
お部屋の虫対策 ペットや子どもに安心な虫除け利用法

スポンサーリンク

まとめ

いろいろな防虫グッズがありますが、どれも似ていてよくわからない。

なるべくどんな防虫成分を使っているのかを調べて、使用する場所や条件に合わせて購入する事をオススメします。