【大和市 天狗屋】焼肉の有名店に子連れで行くのは大変?店内や煙について

飲食店

大和市にある「天狗」といえば、知る人ぞ知る焼肉の名店です。

  • 小田急線大和駅から徒歩10分程の「天狗屋 あすろーど店」
  • 大和駅と桜ヶ丘駅の中間(徒歩25分くらい)の「天狗屋 本店」

の2店舗展開。

 

この天狗屋の特徴は、

  • 値段が高くない
  • 肉が美味しい
  • ご飯が山盛り
  • 煙モクモクの「七輪焼き」

です。

安くて美味しいので人気の店なのですが、子連れでのハードルはちょっと高めになります。

子どもを連れて行く時に気を付けることや、何歳くらいから大丈夫かも気になりますね。

今回は店舗内の様子や混雑から見た、「天狗屋」での子連れ焼肉の難易度についてお伝えします。

スポンサーリンク

天狗屋の店舗内の様子|小さい子に必要なスペース確保は困難

立体の駐車場もあって(やや狭いですが)大和駅からも近くて行きやすい「あすろーど店」。

 

店内の広さは、大体学校の教室の3分の2くらいでしょうか。広くはありません。

4人掛けのテーブル席が4つ。テーブル席はなかなか空きません。

 

座敷になった小上がりには、長い掘りごたつ式のテーブルが4つ並んでいます。

掘りごたつ式なので座るのは楽ですが、長いテーブルでの相席になります。

だいたい一つのテーブルに10名から12名、ぎゅっと座っていました。

 

席の後ろを店員さんが通るし、あまり場所に余裕もないので赤ちゃんや、つかまり立ちの子ども連れて来るのはかなり厳しいですね。

 

駅からはちょっと距離のある天狗屋 本店の方も、同じく長い座敷席での相席。

本店の座敷は掘りごたつではありません。

スポンサーリンク

迫力の七輪焼き|煙もかなり出ます

テーブルにロースターが埋め込んである上品な焼肉店とは違って、迫力の七輪焼きです。

普通のサイズの七輪がテーブルにドンと置いてあって、炭がゴロゴロ。網はポンと載せてあるだけ。

テーブルの上には排煙の煙突がありますが店内は煙でモウモウとしています。ここに赤ちゃんを連れて来るのは・・・かなり気が引けますよね

油の多いモツなどを焼くと炎も上がります。

もし子供を連れて来るとしたら、「危ない」「触らない」ということがわかっていて、しっかり守れる年齢。

さらに1時間くらいは大人しく座っていられる年齢になってからがいいですね。

 

念のため、来る際には燃えやすいフリース素材の服は着させない方がよいかも。

子どもって急に手を伸ばして、奥の物を取ろうとしたりしますよね。

スポンサーリンク

店に入るまでの待ち時間も我慢

人気の店なので、週末には店の外に行列ができています。

受付けの機械で人数などを入力、番号をとったらしばらく店の外で待つことになります。

受付機で何人待ちなのかがわかります。

 

この待ち時間も、小さい子どもにとってはなかなか苦痛なんですね。

あすろーど店の向かいには「しゃぶ葉」があるので、そっちに行こうと何回も言われました。(しゃぶ葉も混んでいますが)

 

ただ、天狗は「EPARK」というアプリから順番待ちの受付をすることができます。

家を出る前に番号だけ取っておけば、待ち時間の短縮にはなりますよ。

※予約ではないので、時間などを選ぶことはできません。

 

週末に行くことになり、午後3:30頃にこの「EPARK」で受付した所、取れたのは「18」番。

4時過ぎに店に到着、15分ほど待って入ることができました。

番号を呼ばれたときに、その場にいないとどんどん飛ばされていくので、早めにその場に到着した方がいいですね。なので結局待つことになります。

スポンサーリンク

まとめ

あまり広くない店内・七輪の煙や炎・待ち時間など。

小さい子連れにはなかなかハードルが高い、大人の焼肉店です。

 

天狗屋は特に激安というわけでもないのですが、お値段に対して肉の量や質がすごくいいのです。

普段あまり肉を食べない子供も、カルビやハラミをガツガツ食べていたので、かなり美味しかったのでしょう。

 

子どもが小さい間は我慢して・・大きくなって食べ盛りの時分に是非行ってみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました