手ピカスプレーと手ピカジェルはどっちがいい!?違いや殺菌成分など

困りごと

この時期に嫌な感染症、インフルエンザやコロナウイルスにもアルコール消毒は有効という話です。

手洗いはもちろんのこと、水が使えない場所でのアルコール除菌について調べました!!

スポンサーリンク

手ピカジェルの成分

手ピカジェルはこちら

成分
エタノール(C2H6O)76.9-81.4vol%、ヒアルロン酸Na、グリセリン、酢酸トコフェロール、カルボキシビニルポリマー、トリエタノールアミン

除菌成分はエタノール(消毒用アルコール)。

ヒアルロン酸とグリセリン入りで肌に優しい仕様になっています。ただ、アルコールに弱い体質の人は使えません。

通常は1日6回ほどの使用なら、手荒れの原因にはなりにくいとのこと。ただやりすぎると乾燥して手荒れの原因になります。

ジェル状なので、まわりに飛び散らずに出すことができます。手によくすり込むので、まんべんなく除菌できそうですね。

デメリットがあるとすると、使用後に少しベタつくことくらい?ただ、適量を使ってよくすりこめば、ほとんど気になりません。

300ミリリットル入りで800円前後で市販されています。

スポンサーリンク

手ピカスプレーの成分

手ピカスプレーはこちら。

成分
エタノール 76.9~81.4vol%、リン酸、グリセリン、アラントイン、ミリスチン酸イソプロビル、グリセリン脂肪酸エステル、パラオキシ安息香酸エチル、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル、DL-ピロリドンカルボン酸塩

手ピカスプレーの除菌成分も同じく消毒用エタノール(アルコール)です。

リン酸を加えて、エタノールの成分を人の肌に近い弱酸性にして消毒効果を高めた製品とのこと。

参考:健栄製薬

こちらも保湿成分のグリセリンが入っています。

スプレータイプは400ミリリットル入りで600円前後と、若干価格が安いところがいいですね。

スプレータイプは消毒効果が高く、価格が低め

ちなみにジェルタイプの「手ピカジェルプラス」にもリン酸が入っているので、消毒効果は高いそう。

「手ピカジェルプラス」は300ミリリットルで1000円前後と、ちょっとお高め。

除菌グッズ価格暴騰中|定価の数倍で転売

コロナウイルスのニュースのせいか、ネット販売の価格が暴騰しているので要注意です。

定価の5~6倍の値段で売られていることも。

念のため買おうと思ったけど、ちょっと手が出ないという場合・・

手ピカジェルやスプレーのかわりに「消毒用エタノール」を買って、ウエットティッシュに含ませて手を拭くという手もあります。(薬局で500ミリリットル800円くらい)

アルコールなので火気厳禁なことと、目に入ったりしないようお気を付けください。

消毒用エタノールはお掃除にも使えて便利ですよ。

>>消毒用エタノールでカビ対策|効果的な掃除方法と便利な使い方

>>消毒用エタノールに酒税!?「エタノール」と「エタノールIP」の違いとは

スポンサーリンク

手ピカスプレーvsジェルどっちがいいの??効果は?

どちらも有効成分(消毒に必要な薬剤)はエタノールなので、効き目は同じくらい。

ジェル状の方が、手に長く残るのでしっかり塗り込めます。

お子さんが使う場合は、目に入ったりしない「ジェルタイプ」が安心でしょう。

スプレーの方は素早く乾くので、頻繁に消毒をする・忙しい人向きかもしれません。

消毒効果が高くて、価格が安いのもいいですね。ただしアルコールなので、コンロの近くなどでスプレーすると危険。

玄関などに常備するのにおすすめ。

スポンサーリンク

まとめ

手洗いができない時に便利なアルコール除菌、ホントは手洗いの後に使った方が有効なようですね。

というのも、手についた菌は脂(皮脂)で覆われているので、一回石鹸で洗い流してからの方が殺菌しやすいそう

とはいえ、小さい子など手洗いが完璧にできないこともあるので、アルコール除菌グッズはあると安心。

蒸発する成分なので、食事前に使っても問題はないようです。

1点だけ気を付けたいのは、アルコールが効かないタイプのウイルス(ノロウイルス)もいるということ。

ノロウイルスを除菌するには、石鹸で手の脂と共に菌を流して「流水」で物理的に菌を落とすしかないようです。

(ノロの場合テーブルや食器などの除菌には、次亜塩素酸ナトリウムを使用します。)

タイトルとURLをコピーしました