【湘南台子どもセンター】プラネタリウムと駐車場利用について

お出かけ情報[関東]

国道467号線(藤沢街道)沿いの湘南台付近にある、不思議な球体の建物に入ったことはありますか?

これは丸い形が特徴的なプラネタリウムも備えた「湘南台文化センター」です。

湘南台文化センターは、公共の施設なので料金も安くて誰でも気軽に利用することができます

この湘南台文化センターのみどころや、利用法・駐車場などについてお伝えします。

スポンサーリンク

湘南台文化センターのみどころ

湘南台文化センターは、

  • 市民シアター
  • 子ども館

で構成されています。

市民シアターは、円形の舞台装置も備えるホールで全600席。

ファミリー向けのクラシックコンサートなどをリーズナブルに楽しむことができます。

 

子ども館は、

  • 展示ホール
  • 宇宙劇場(プラネタリウム)

があり、それぞれチケット制

子ども大人
展示ホール100円300円
宇宙劇場

(プラネタリウム)

200円500円

この値段で利用できるのはいいですね。

 

施設内に飲食店はありません。
※屋外の催事でやきそばなどを売っていることもあります。

ロビーなどの、一部フロアでの飲食は可能でした。

 

文化センター向かい、藤沢街道を渡ったところには湘南台公園もあります。

小ぶりな公園ですが、天気がいい日には公園まで足をのばすのもおすすめ。

スポンサーリンク

湘南台文化センターアクセス・駐車場・営業日

文化センターには地下駐車場(80台)があります。

 

駐車場の入り口は、藤沢街道を一本入った裏手で右折入庫できたか微妙

できれば左側からまわり込んだ方がよいです。

 

雨の日や、市民シアターでイベントがある日は満車の場合も。

 

地下駐車場は車間がちょっと狭いので、車庫入れに自信ない人は要注意。

30分100円(子ども館などの利用者は2時間まで無料)

 

近くの湘南台駐車場も使えます

30分100円(50台)

 

電車の場合

小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄線「湘南台駅」

地下通路G出口から、徒歩5分ほど。

子ども連れでも行きやすい立地ですね。

 

利用できる時間は9:00~17:00

月曜日休館(祭日の場合は翌日)※詳細は公式ページにてご確認を

>>湘南台文化センター公式へ

スポンサーリンク

湘南台文化センター子ども館・プラネタリウム行ってみた

子ども館には展示ホールとプラネタリウムがあります。

展示ホール

地下の秘密基地のような雰囲気のホールに、色々な展示物がありました。

むかしのおもちゃや、楽器、世界の民族衣装などを手に取って遊ぶこともできます。

民族衣装は、実際に着ることもできます。

 

小さいすべり台や、ちょっとした理科の実験ができる展示も。

すべり台へ続く階段。小さい子向け。

プリズムの実験。大きい子は科学のクイズなどで楽しめます。

宇宙劇場(プラネタリウム)

休日には5本の上映があります。

  • 全天周映画
  • キッズプラネタリウム
  • 一般向けプラネタリウム

の3種類のプログラムを1日に1~2回ずつ。

 

全天周映画は、星とは関係のないミニ映画です。

プラネタリウムのスクリーンに上映するので普通の映画とはちょっと違った雰囲気。

上向きに横たわるように座るシートなので、パパの休憩タイムになる場合も。

スポンサーリンク

湘南台文化センターの設計は長谷川逸子氏

見た目に特徴のあるこの湘南台文化センターですが、設計は長谷川逸子氏。

1941年静岡県生まれの建築家で、安藤忠雄氏や伊藤豊雄氏と同世代の建築家。

公共の建物を多く手掛けています。

子ども館展示ホールのインテリアも長谷川氏のもの。

 

この湘南台文化センターの近くには、槇文彦氏設計の秋葉台文化体育館もあります。

建築に興味がある方は両方見るのもおすすめです。

>>秋葉台文化体育館のページへ(藤沢市)

スポンサーリンク

まとめ

子供向けの公共の施設ですが、大人も十分楽しい施設です。

インスタ映えするので写真好きな方にも。

これからの時期は市民シアターのクリスマスコンサートもあるのでチェックしてみて下さい。

 

近くのおすすめスポット、いすゞプラザについての記事はこちら

>>いすゞプラザ藤沢はカフェも併設のスタイリッシュ空間

いすゞプラザ 藤沢はカフェも併設のスタイリッシュ空間だった
神奈川県藤沢市にある、いすゞ自動車藤沢工場。 ここは大規模ないすゞの生産拠点です。 その一画にある「いすゞプラザ」に行ってきました。車好きさんや男の子におすすめの、ミニミュージアムです。 いすゞプラザ藤沢 どんなところ? い・・・→つづきへ