楽天モバイル→マイネオ乗換えの訳と手数料を安くする技|40代主婦の格安乗換え記①

楽天 家計見直し

楽天モバイルを使っていたのですが、マイネオに乗り換えることにしました。

同じ格安SIMでも会社によって色々違いがあるんですね。

今回は乗り換え理由と乗り換え準備についてです。

スポンサーリンク

楽天からマイネオへの乗り換え

我が家では、スマホは格安SIMの楽天モバイルを利用しています。

ところが最近、主人によると会社付近での楽天の回線状況がよくないらしい。

通信がブツブツ切れてしまい、困るとのことなので乗り換えを検討し始めました。

会社でマイネオを使っている人がいて、どうやらマイネオは良いらしいのですが・・

楽天モバイルと何が違うのでしょうか。

どこの回線を使った格安SIMなのか

今まで使っていた楽天モバイルは、ドコモ回線を利用して通信している事業者でした。

とくに気にせず契約したのですが、先述したように、どうもこのあたりの回線状況がよくないらしい。

なので今度契約するならドコモでなくau回線にしてみることにしました。

マイネオは、au回線とドコモ回線どちらも選べる、マルチキャリア対応になっているのです。

※マイネオの他、ビッグローブIIJmioもマルチキャリア対応になっています。

UQモバイルも同じくau回線を使用していますが、ちょっと料金が高め。速度はマイネオより速いとのことですが、今回は料金を重視しました。

格安SIM新規契約の手数料が安くなります!

乗り替えすると最初に3240円の事務手数料がかかります。

でも、アマゾンでエントリーパッケージ(約500円)というものを購入しておいて、手続き時に記載のエントリーコードを使うと、事務手数料が無料になります。

なので3240円が実質500円になるわけです。なのでさっそく発注しました。

これは利用しないと損ですね!

楽天モバイルに番号移転の手続きを申し込む

今まで使っていた電話番号を引き継ぐために、楽天モバイルのWEBサイトから、MNP番号の予約をしておきます。番号が発行されるのに数日かかるとのことです。

MNP番号と、エントリーパッケージが到着したらいよいよ手続きです。

>>マイネオのweb申し込みをやってみた

最後までお読み下さりありがとうございました。