ナイトプール風も出現!最新流しそうめん「そうめんスライダー」比べてみました

そうめんスライダー 買い物・雑記

流しそうめんといえば、風流なそうめんの頂き方ですが、

最近の家庭用の流しそうめん器が凄いことになっているのはご存知でしょうか?

そうめん用のちょっとしたアトラクションになっているんです。

発売元はおもちゃの大手メーカーのタカラトミー。楽しいのは間違いないですね。

今回はそんな大人も子供も楽しいそうめんスライダーについてお伝えします。

スポンサーリンク

流しそうめんを楽しもう|最新そうめんスライダー2018

そうめんスライダーというのは、タカラトミーの販売している流しそうめん機です。

流れるプールでおなじみの東京サマーランドが監修の本格スライダーなのですよ。

夏の暑い盛りに、冷房の効いたお部屋でみんなでワイワイ楽しめる、人気のそうめんスライダーをご紹介します。

ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ


ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ
メーカー参考価格 7,538円

スライダー全長は3.6m、最高高低差56㎝。3段スラローム搭載。25個のパーツを組み立てます。

てっぺんのバケツ部分にそうめんを投入すると、そうめんが流れ落ちます。

水を下から汲み上げて、循環させる仕組み。

※単2形アルカリ乾電池2本が別途必要

流れてきたそうめんが溜まると、下の水を汲み上げる所に詰まってしまうので、がんばってキャッチしましょう。

そうめんを流す人は大変だけど、子どもたちは大喜びですね。

水を使うので、テーブル周りが濡れることは覚悟で挑む必要があります。

このそうめんスライダーエクストラは昨年発売商品なので、メーカー在庫はあとわずか。狙っている方は、本格的な夏になる前がチャンスですよ。

ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール

2018年に新発売のビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプールです。

ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール

メーカー参考価格9,698円

 

近年話題のナイトプールがお家のテーブルに出現!

  • 七色にLEDが変化しながら光るパーティーモード
  • 暖色系ロマンティックモード
  • 寒色系のクールモード

3種類のライティングが楽しめ、インスタ映えもばっちりとのこと。

単2形アルカリ乾電池2本と、単4形アルカリ乾電池3本が別に必要になります。

こちらもおうちパーティーが盛り上がること間違いなしです!

タワーズロック そうめんアドベンチャー

スライダーを通り越して、アトラクション化したそうめん機も登場しています。

サマーランド タワーズロックとコラボしたそうめんスライダーはこちら。

タワーズロック そうめんアドベンチャー
メーカー参考価格26,784円

※単1形アルカリ乾電池3本が別途必要

高さ1m14㎝のそうめんスライダー、コース全長はなんと5m70㎝あります。

そうめんが、恐竜の口から流れ出て、滝を通り抜けて流れてきます。滝がある分、水はねが更に激しいようですのでお気を付けを。

流しそうめんというより、水遊びに近い気もしますが楽しいのは間違いないですね。

Amazonでは2018年6月現在16,000円前後での販売です。

 大人の流しそうめん

もう少し落ち着いた流しそうめんをお探しのあなたにはこちら。

ドウシシャ 大人の流しそうめんDOSHISHA DWS-18
参考価格:8,617円

※単2形アルカリ乾電池4本が別途必要

こちらは家庭用雑貨の製造販売大手のドウシシャ製になります。

世界流しそうめん協会認定公式流しそうめん器とのことですよ。モノトーンで落ち着いた雰囲気ですね。

上の部分には、そうめんを入れるスペースが6個あって、そこをプロペラがゆっくり回転して順番にそうめんを落としていくしくみになっています。

そうめんを流す人も少し落ち着いて食べられるのは嬉しい。

流れ落ちた一番下の桶の中でも、そうめんがクルクル回り続けます。ゆっくりそうめんを楽しめる、まさしく大人の流しそうめんですね

大きさは横幅約36㎝、高さ45㎝と食卓にちょうどいい大きさです。

スポンサーリンク

ながしそうめん機:まとめ

見ているだけで楽しいそうめんスライダー、思わず欲しくなってしまいますね。

子どもたちは大喜びなのは間違いなしです!

水はねは必至なので、準備万端で楽しみましょう。

アマゾンでのお買い物の際には、時期や在庫によって価格の変動があるのでご注意下さい。

\参考記事/

>>価格が変わる?Amazonでの買い物にはkeepaでお得な時期を見極めよう