シロカ4L電気圧力鍋(siroca SP-4D131)使ってみた感想・口コミレビュー

シロカ 電気圧力鍋食と台所まわり

ずっと気になっていた「ほったらかし調理家電」、シロカの電気圧力鍋を買いました。

「スロー調理」なし、4リットルの機種になります。

この記事では、シロカの電気圧力鍋siroca SP-4D131を

  • 使ってみて良かった点
  • 微妙だった点

についてレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

シロカの電気圧力鍋を作ってみた感想※写真付き

購入した機種はこちら。

スロー調理付きの4D151と迷い、コスパのよいこちらのモデルにしました。

ガスコンロで使う圧力鍋って、ちょっと怖いイメージでないですか?

火加減も難しそう・・

このシロカの圧力鍋は、電気なのでその点は安心ですよね。

実際やってみたら、ほんとに簡単でした。音もなく静か。

実際に作ってみたもの

  • リンゴのコンポート
  • 手羽元の醤油煮
  • イワシの梅煮

野菜や果物は、3分から5分くらいの加圧で柔らかく煮えます。

こんな風にパカッと蓋がとれます。

容量が大きいので、リンゴを3玉が余裕で入りました。

次は肉料理。

鶏肉の手羽元を16本。(美味しかったので、次は24本煮る予定)

加圧時間は8分、温めから加圧、減圧まででトータル45分くらい。

ホロッと肉離れして、軟骨も食べられました。

 

フライパンで火を通すのが難しい厚みのあるハンバーグでも、しっかり火が通りました。

煮込みハンバーグ

最後に、いわしの梅煮・・

? ?

じつはこの時、蒸気弁の取り付けが悪かったみたいで・・※注

蒸気が逃げてしまい、加圧がうまくできませんでした。

シューシューと音がし続けて(本来なら音はほとんどしません)

40分ほどたったところでエラーメッセージが出て終了。

裏面は焦げ付いてしまってたけど、皮を外して食べました。(実はこれがかなり美味しかった)

蒸気が逃げて水分がなくなり、焦げ付いてしまったわけですが・・

そういう時には安全装置が働いて、ちゃんと加熱がストップするということがわかりました。

※注 正確に言うと、蒸気弁の中に細い金属のバリのようなものが混入。これは使用してできたものなのか、最初からあったのかはわかりません。これをピンセットで外したところ正常に動くようになりました。

スポンサーリンク

シロカの電気鍋のセッティングと片付け

使う前の準備は、

  • 内蓋にパッキンをとりつけて本体蓋にセット
  • 蒸気を逃がす排気弁のセット

だけ。

後片付けも簡単で、内鍋と、内蓋、内蓋のパッキン、排気弁を外して洗います。

内鍋はフッ素加工なので、こびりつきもなく洗いやすいです。

ただ、鉄製のトング等を使うと傷がつきやすいので、シリコン製のものがあった方がいいかも。

スポンサーリンク

調理方法の特徴

付属のレシピブックには77のレシピがのっています。

カレーや角煮、肉じゃがなどお馴染みのメニューは網羅されています。

オートメニューは

  • カレー
  • ポトフ
  • 肉じゃか
  • 角煮
  • ご飯・玄米
  • 蒸し野菜

くらい。

他の物を作るときは、料理ごとに自分で時間をセットして加圧します。

→スロー調理のついた機種(SP-4D131)はもう少しオートメニューが多いみたい。

素材にちょうどよい加圧時間がわかってきたら、レシピを見ないで作ることもできそうです。

スポンサーリンク

シロカの電気鍋デメリット

使ってみて微妙だったこともあります。

時短ではない

圧力鍋って「加圧10分」のレシピでも10分で完成するわけではなく、

加熱(10分)→加圧(10分)→減圧(20分)

と、前後にけっこう時間がかかるのです。

そしてこのシロカの鍋には終わり時間の表示がないので、いつ完成するのかがだいたいでしかわかりません。

最初のうちは、時間に余裕をもって作った方がいいでしょう。

最近は、加圧が終わったら濡れ布巾を蓋にかけて、減圧の時間を短くしてます。

減圧が終わると、蓋の上にある赤いボタンがスッと下がります。

(音もなく下がるので、終わっても気が付かないことも)

排気弁がグラグラ?

加圧をするときは密封、温めのときは蒸気を逃すという役割の「圧力切替弁」。

シロカ電気圧力鍋排気弁

これがなんかこう・・ビシッとはまらないのです。

それらしい箇所からググっと押し回して、かろうじて固定されたかな?という感じです。

閉まりが悪かったのか、蒸気が噴出したことがあったので(いわし煮です)、それ以来は念入りにチェックするようになりました。

向いていない素材・面倒な料理も

カレーのルーなど、粘りのあるものを加圧すると、蓋のノズルが詰まってしまいます。

なので、カレーのルーは加圧が終わってから入れて、よくかき混ぜて「温め」で再加熱します。これちょっと面倒ですよね。

追加

排気弁のことで、サービスセンターに電話をしたのですが「混雑してます」のアナウンスが流れてなかなかつながりませんでした。

まあメールで連絡するという手もあるけど。

スポンサーリンク

まとめ

初めての圧力鍋、最初のうちは「加圧」作業にいちいちドキドキしていたけど、これはすぐ慣れます(笑

素材を切ったり、味付けしたりの作業は従来通り発生するので・・

ほったらかしというよりは、料理の工程を一つ自動化できるという感じ。

このSP-4D130(150)は、たくさんある電気圧力鍋の中でも大容量なタイプ。

たっぷり調理したい場合には、おすすめの機種です。

もしメンテナンスの面で心配だったら、パナソニック製の電気圧力鍋がおすすめ。

それほど大容量でなくてもいい場合は、象印の「煮込み自慢」がおすすめです。

象印の電気圧力鍋|煮込み自慢(EL-MB30AM-VD)使ってみた感想
シロカの電気圧力鍋を使い始めて、圧力調理にすっかりハマってしまいました。 >>シロカ電気圧力鍋(4リットル)使ってみた感想 ところが一時、うまく蒸気弁がセットできずに使用できない状態に・・ このまま圧力調理ができなくなるの・・・→つづきへ
タイトルとURLをコピーしました