布と布をくっつける「布用ボンド」裁ほう上手がめっちゃ便利

ハンドメイド

コニシ株式会社の「裁ほう上手」は布をくっつけることができるボンドです。

針と糸を使わずに布小物を作ることができるので、針仕事が嫌いな人にはとっても便利。

くっつけた後は洗濯しても大丈夫なのです。

どんな風に使うのか、うまく使うコツなどを調べてみました。

スポンサーリンク

使い方

「裁縫上手」は、布と布をあわせて圧着して使います。

アイロンを使用する場合は中温140~160で、15秒ほどそのままの状態で押さえます。(ポリエステル地は低温で)

自然乾燥の場合は、しっかりくっつけた状態で乾かします。

裁ほう上手は剥がせる?

裁ほう上手の成分は「シリル化ウレタン樹脂」という樹脂。

完全に乾燥させてしまうと剥がすのはちょっと難しいです。

塗ってすぐなら、ベリッとはがすこともできるけど、あとから無理に剥がすと生地が傷むことも。

くっつけたものを無理に剥がすのはなるべく避けた方がよいでしょう。

裁ほう上手が使える布は?

綿やポリエステル素材に使えます。

子供のズボン(綿)や、ジャージ素材(ポリエステル)の補修にぴったり。

アイロンでの接着はできないけど、「合成皮革」をくっつけることもできます。

毛足の長いものや、撥水加工の生地、ポリエチレンやポリプロピレン(ビニール)などは使えません。

薄手の生地やオーガンジー、チュールレースなど薄手の布は、ボンドがしみて表に出てしまうのでうまく仕上げるのは難しいかも。

どんな所に使う?

ズボンやスカートの裾上げ、穴の補修などの部分使いや、服にポケットをつけたり、体操服にゼッケンをつける場合などに便利です。

小物入れや、水筒のカバー、シュシュなど小物を作るのにも使えます。

ランチョンマットを額縁縫いする時にも便利。

小物を作る際には、布の端をうまく織り込んで接着するときれいに仕上がります。

100均のほつれ止めとの違い

100均で売っている「ほつれ止め」のほうが、裁縫上手よりも水っぽい感じです。

布のふちにススーっとぬれます。

裁縫上手はねっとり。

なので端の始末はほつれ止め、布と布をしっかりつけるには裁縫上手、と使い分けるのがよさそうです。

スポンサーリンク

裁縫上手で小物作り!やってみた

使い古しのランチョンマットを利用して、バッグの中に入れるインナーバッグを作ります。

まずは外側にポケット部分を作るため、折り返して赤でステッチを入れました。※ここは手縫い

袋状にするので、外側になる面(ポケットのある面)の周囲に「裁縫上手」を塗っていきます。

コの字に塗ったら、しっかり押さえておきます。

30分くらいでくっつきました。

ひっくり返して、上の部分を内側に折り返して同じように接着しました。

くっつけるだけなので(一部手縫いですが)裁縫というよりも、工作をしている感じでした。

裁ほう上手でマスクを作ってみた

中央部だけ手縫いして割っておいたマスク生地を、裁ほう上手でくっつけます。

内側を表にするので、表面に裁縫上手を塗っていきます。※もっとまんべんなく塗った方がよかったですね・・

乾いてひっくり返したところ。

端は5ミリほど織り込んで接着、マスクゴムをはさんでさらにくっつけました。

完成。アイロンをかければもうちょっときれいに仕上がるかな・・

布が薄手なので、ボンドが布から染み出て手についてしまいました。

スティックタイプの裁縫上手なら、もっと薄くまんべんなく付くかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「裁縫上手」は、縫うのがめんどくさい(?)細かい物を作るのにピッタリです。

小さい物って意外とミシン掛けが難しいんですよね。

補修にもピッタリなので、ズボンの穴などすぐに直せます。

幼稚園などで使う上履き入れやレッスンバッグなどなど、ミシンをわざわざ買わずに作れるかも。

タイトルとURLをコピーしました