ひとりっ子の留守番は何年生から?注意点や便利グッズまとめ

買い物・雑記

子どもが小学生になると、1人でお留守番する機会も増えてきます。

早い子では、1年生から家の鍵を持っていることもあります。(道路で鍵を振り回していたりして、見ていてハラハラ)

でも実際、子どもが問題なく留守番できるのは何歳くらいからなのでしょうか?

特に、上の兄弟がいない「一人っ子」の場合、果たしてお留守番をさせていいものか・・

この記事では、子どものお留守番に関する悩みや、少しでも安心して子どもが家にいられるようなグッズなどについて載せていきます。

スポンサーリンク

子どもの留守番は何年生から?

子どもだけでの留守番は、何年生から大丈夫という明確なラインはありません。

参考>>ベネッセ ウィメンズパーク

こちらのサイトを見てみると、だいたい3年生くらいから一人で留守番をする子が多いみたい。

学童保育も、地域によっては3年生までしか預かってもらえません。

なので、なんとなく3~4年生くらいから留守番できるようになると思われているのかな。

日本ではこんな感じですが、海外では明確に子どもを一人にしてはいけない年齢が決まっている国も多いです。

そして、12歳(小学生)以下の子どもは留守番をさせてはいけないという国が多数。

これは防犯の面で心配なのだと思います。

8歳から10歳は1時間半まで、11歳から12歳は3時間までと、年齢別に細かく規定を設けているアメリカの州もあります。

これは子どもの精神面から考えられた規定でしょうか。

とりあえず、小学生の間は基本長時間の留守番はあまり好ましくないんでしょうね。

スポンサーリンク

子どもの留守番が心配な理由

子どもが1人で留守番する場合、心配なのは

  • 子ども自身の行動や精神面の心配
  • 防犯など環境面での心配

この二つの問題があります。

子どもの行動や精神面の心配

子どもを家に一人にしておくと、

  • 子どもが寂しいのではないか
  • 宿題をしないでゲームばかりするのではないか

こんな心配がありますよね。

これは個人差があって、とにかく誰かと喋っていたい子どももいれば、ひとりで静かに本を読みたい子もいます。

1人で寂しがる場合は、やはり学童に預けるのがいいでしょうね。入所の条件にあてはまらない場合でも、相談だけでもしてみるといいかも。

(ただ、学童も2年生の終わりくらいから行くのを嫌がる子が増えてきます。)

環境・防犯面の問題

  • 寒かったり暑かったりしないか
  • 台所で火を使ったりしていないか
  • 友達のたまり場になってないか
  • 人の家にあがりこんでいないか
  • 施錠したか・インターホンに出たりしていないか

1人で過ごすことが大丈夫な子でも、環境面でこんなに心配事が!!

家が戸建てなのか、マンションなのかか、繁華街なのか、郊外なのかでも違ってくると思いますが・・

1人で留守番をしている時は、子どもの状態を常に把握しておきたいですよね。

スポンサーリンク

外せない見守りグッズ

子どもが今何をしているか・困ったことはないか・・みまもりの為のグッズも色々とあります。

1人の時に何かあってはいけないので、もし留守番をする機会が多いなら是非利用したいものばかりです。

キッズケータイなどの携帯電話

子ども用の携帯電話は、「キッズケータイ」などの名称でドコモやソフトバンク、auで取り扱っています。

GPSが付いているので、子どもがどこにいるのかを把握できて、電話で連絡を取り合うこともできますね。

(ただ、話したい事がある時は頻繁にかけてくるけど、こちらから連絡を取りたい時に電話に出てくれなかったりします。)

GPSサービス

子どもの場所を特定することに特化した「GPS」もあります。

ランドセルに入れておけば、学校を出たタイミングと自宅を出たタイミングで、連絡を受け取ることができるので便利。

通信機能がついたタブレット学習

家にWifiがある場合は、タブレット学習で子どもの学習を見守ることができます。

特にジャストシステムの「スマイルゼミ」の場合、勉強の開始時間と、勉強の終了時間が通知で届くので、勉強をしていることリアルタイムでわかります。

子どもの時間の過ごし方が心配な場合に、すごく便利。

ラインのような、メッセージをやり取りする機能もあるので連絡手段としても使えます。

スマートハウス

自宅にカメラをつけて、見守りをするサービスを取り扱っている会社もあります。

金額も月額は4,000円ほど。

  • 部屋の温度管理(温度・湿度センサー)
  • 電化製品の操作(スマート家電リモコン)
  • 家の様子を見る(ネットワークカメラ)

など、スマホから操作できるので、環境面での心配は大体クリアできますよね。

ホームAIのMANOMAが全面リニューアル|MANOMA(マノマ) ソニーのスマートホームサービス
人と生活空間、人と行動の行間、人と時間など様々な「間」を先読みし、生活空間に新たな体験価値を提供するMANOMAが、 このたび2019年10月に全面刷新されました。より直感的になったアプリUIと新たな機能によって、ユーザーの皆様は今までよりもっと「MANOMAがやってくれる」世界を体感していただけるようになりました。
スポンサーリンク

まとめ

我が家も、子どもが小学3年生の時、一時期1人で留守番をさせていましたが、かなり不安でした。

実家が近かったので、マメに祖母に通ってもらうなどしてもらっていましたが・・

遊ぶ約束をしたから、〇〇ちゃんの家(遠くの家)に行きたいとしつこく電話がかかってくる。
約束をして家に遊びに来た子が、別の子を連れてきてしまいたまり場にされそうになる。

知人は、子どもを留守番させているとき雨が急に降ってきた際、近所の人が庭に入って来て(!?)洗濯物を取り込んでくれたことがあるそうです。

これもちょっと怖い話ですね。

もし今何かの理由で子どもに留守番させるとしたら、GPS+スマートホームを検討するかな・・そして、洗濯物は家の中干しがおすすめです・・

タイトルとURLをコピーしました