ルビーチョコレートの本物は高い?どこで売ってるのか調べました

買い物・雑記

2018年の初めに日本でも試験的に発売されていた、ルビーチョコレート。

天然のピンク色が特徴の、フルーティーなチョコレートは今年のバレンタインのイチオシになること間違いなし。

当初は限定発売でしたが、2018年夏ごろから本格的に販売が開始されました。

そこで当記事では

  • ルビーチョコレートを使用した商品は?
  • どこで売っているのか
  • ホワイトチョコに着色したチョコレートとの違い

について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートはどこで売ってる?

限定販売だったネスレ日本の「キットカット」のルビーチョコレートが本格的に販売されています。

お値段は400円。※キットカット1本の値段です。

貴重な原料を使っているとあってなかなか高価ですね。
バレンタインやホワイトデーのお返しなどにいいのではないでしょうか。

通販で取り扱いがあります。

 

自宅用に、ちょっと食べてみたい人にはこちらがおすすめ。

クランベリーアーモンドをトッピングしたキットカットに、ミニサイズのルビーチョコレートが2つオマケで入っています。オマケ入りは今だけの限定品です。

こちらの商品はスーパーでも手に入りそう。見つけたら買いですね。

 

製菓材料の有名店、富沢商店でも取り扱いがありました。富沢商店は百貨店などにも出店していますね。

 

バレンタインチョコのイチオシはこちら。

横浜チョコレートのバニラビーンズより販売されている、パレットショコラ。

オレンジをトッピングしたミルクチョコレートと、エディブルフラワー(食べられるお花)をトッピングしたルビーチョコレート。
直径6センチほどの上品なチョコレートが2枚入ったセットです。

珍しいチョコレートということで、スイーツ好きの相手に贈れば会話も弾むのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートとピンクのホワイトチョコとの違い

今までピンクのチョコレートもありましたね。それは、ホワイトチョコレートに着色して香りを付けた物だったのです。

ルビーチョコレートは、天然の色と風味。

ぱっと見同じにも見えるので、チョコレートの種類や原料を比較してみました。

チョコレートの種類は4つで違った原料を使用

チョコレートには4つの種類があります

  • ビター:カカオマス、カカオバター、糖分
  • ミルク:カカオマス、カカオバター、糖分、粉乳
  • ホワイト:カカオバター、糖分、乳成分
  • ルビーチョコレート:カカオマス、カカオバター、糖分(乳成分)

ホワイトチョコレートには「カカオマス」は入っていません。

チョコレートの色をした「カカオマス」、チョコレートやココアにも使われています。ホワイトチョコは、このカカオマスが入っていないので白い色をしているのですね。

同じピンク色のチョコレートでも「カカオバター」のみの商品はホワイトチョコに加工したもの。

「カカオマス」が入った物はルビーチョコレートだと言えますね。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートの日本販売までの道のり

ルビーチョコレートはスイスのチョコレートメーカー、バリーカレボー社が開発しました。

バリーカレボー社はカカオ豆の大手加工会社で、世界のチョコレート商品の4分の1にはこの会社の加工したカカオが含まれています。

日本でも森永製菓などのメーカーにチョコの原料を販売しており、チョコレートの元締めのような会社なのです。

南米産のルビー色をしたカカオ豆から、

  • カカオの持つベリー色
  • フルーティーな風味

を残すために、約13年もの開発期間を要したとのことです。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートはどこで買える? まとめ

今すぐ食べたい人は、キットカットを買うのが手軽です。貴重なチョコレートなので高価ではありますが、チョコレート好きなら一度は食べてみたいですね。

女性好みのピンク色のチョコレートなので、バレンタインはもちろんホワイトデーにもピッタリの「ルビーチョコレート」。
人気が出たら手に入らない可能性もあるので今からチェックしておきましょう。