ルビーチョコレートの本物は高い?スーパーにある市販品の値段と原料もチェック

買い物・雑記

2018年の初めに日本でも試験的に発売されていた、ルビーチョコレート。

天然のピンク色をしたフルーティーなチョコレートは、バレンタインにもぴったりです。

最初は限定的に販売、2018年夏ごろから本格的に販売が開始されました。

そこで当記事では

  • ルビーチョコレートを使用した商品
  • どこで売ってるの?
  • ピンク色に着色したチョコレートとの違い

について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートはどこで売ってる?

2018年に限定販売されたネスレ日本の「キットカット ルビー」。

2019年から本格的に市販されています。

キットカット1本で400円でした。(※2019年2月)

貴重な原料を使っているとあってお高い・・

 

試しにちょっと食べてみたい人には、こんな商品も。

クランベリーアーモンドをトッピングした「キットカット 毎日の贅沢」に、ミニサイズのルビーチョコレートが2つ「オマケ」で入っています。

※限定品

通販など、現物を見ないで買う場合は「おまけ」が入っていない商品の可能性もあるのでお気をつけ下さい。

ルビーチョコレートで手作りのチョコレートを作りたい場合には、製菓材料の有名店「富沢商店」で購入することができます。

富沢商店は、百貨店などにも出店している製菓材料の老舗。

自分でルビーチョコを溶かしたりと加工する場合には、温度や水分の混入などには十分注意しましょう。

ルビーチョコレートはとてもデリケートで、水分が入ってしまうとせっかくのピンク色が白く変色してしまいます。

 

バレンタイン用のチョコレートにも、ルビーチョコが使われるように。

横浜チョコレートのバニラビーンズより販売されている、パレットショコラ。

オレンジをトッピングしたミルクチョコレートと、エディブルフラワー(食べられるお花)をトッピングしたルビーチョコレート。

直径6センチほどの上品なチョコレートが2枚入ったセットです。

珍しいチョコレートなので、スイーツ男子に贈れば会話も弾みそうです。

2020年追記

今年に入って、スーパーなどでも「ルビーチョコレート」を使った商品を見かけるようになりました。

カルディコーヒーファームでも取り扱いがありましたよ。

第4のチョコレートとして売られています。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートとピンクのホワイトチョコとの違い

従来のピンクのチョコレートって、ホワイトチョコレートに着色して香りを付けた物だったのです。

ルビーチョコレートは、天然の色と風味。

でも、ルビーチョコと着色したホワイトチョコ、ぱっと見同じにも見えます。

違いについて調べました。

ルビーチョコレートの見分け方

チョコレートには4つの種類があります

  • ビターチョコレート:カカオマス、カカオバター、糖分
  • ミルクチョコレート:カカオマス、カカオバター、糖分、粉乳
  • ホワイトチョコレート:カカオバター、糖分、乳成分
  • ルビーチョコレート:カカオマス、カカオバター、糖分(乳成分)

チョコレートの茶色い色は「カカオマス」と呼ばれる成分。

このカカオマス、ホワイトチョコレートには入っていません。

だから白いんですね。

ルビーチョコレートの「カカオマス」はピンク色なんです。

ということで、同じピンク色のチョコレートでも

・「カカオマス」が入った物はルビーチョコレート

・「カカオマス」が入っていないピンクのチョコレートは「ホワイトチョコレート」

ということになります。

ルビーチョコレートは前述のとおりまだまだ高価なチョコレートです。

なので、あまりにも安い商品は「カカオマス」が入っていても、ホワイトチョコレートとのブレンドの可能性がありますね・・。

ルビーチョコレートとホワイトチョコ|味の違いは?

ルビーチョコレートキットカット

キットカット「毎日の贅沢」に入っていた、ルビーチョコレートを入手しました。

封を開けると、うっすらフルーティーな香り。

食べてみたところ、はっきりとした酸味があります。

ミルキーな風味のホワイトチョコとは違って、サッパリした後味。

色にも違いがあって、

ストロベリー風味とルビーチョコ

上がストロベリー味(ホワイトチョコに着色したもの)

下がルビーチョコレート。

ルビーチョコレートは、紫がかったピンク色をしています。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートの日本販売までの道のり

ルビーチョコレートはスイスのチョコレートメーカー、バリーカレボー社が開発しました。

バリーカレボー社はカカオ豆の大手加工会社。

全世界のチョコレート商品の4分の1にはバリーカレボー社の加工したカカオが含まれています。

日本でも、森永製菓などのメーカーにチョコの原料を販売しており、チョコレートの元締めのような会社なのです。

このバリーカレボー社で開発されたルビーチョコレート、南米産のルビー色をしたカカオ豆から、

  • カカオの持つベリー色
  • フルーティーな風味

を残すために、約13年もかかったそうです。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートはどこで買える? まとめ

天然のピンク色でフルーティーなルビーチョコレート、チョコレート好きなら一度は食べてみたいですね。

ピンク色のホワイトチョコと紛らわしいので、ルビーチョコレートを買う際には「カカオマス」が入っているかチェックしましょう。

女性好みのピンク色のチョコレートは、バレンタインはもちろんホワイトデーにもピッタリです。

タイトルとURLをコピーしました