ロマンスカー博物館はいつOPEN?小田急海老名駅に隣接のミュージアムのアクセスや周辺情報

雨の日も遊べる屋内施設

小田急電鉄は小田急海老名駅すぐ隣に、「ロマンスカーミュージアム」を建設中です。

OPENの時期は2021年春

歴代ロマンスカー車両の展示をメインとしたミュージアムで、シミュレーターやジオラマも設置。

小田急線を行きかう電車を眺める屋上のビュースポットや、キッズスペース、カフェも入って盛りだくさん。

この、関東にある私鉄の博物館の中では最大規模になる予定の「ロマンスカー」の博物館についての詳しい情報をお伝えします。

スポンサーリンク

小田急ロマンスカーミュージアム どんな所?施設概要

施設は地上2階建て、敷地面積約4000平方メートル。

小田急線とも接続している京王線の、京王レールランドは1190平方メートル。
関東にある私鉄の鉄道博物館の中では大規模な物になります。

1階に展示予定のロマンスカーは

  • 3000形SE車
  • 3100形NSE車
  • 7000形LSE車
  • 10000形HiSE車
  • 20000形RSE車

引退した歴代のロマンスカーが展示されます。

2階には

  • 電車運転シミュレータ
  • ジオラマ
  • キッズゾーン
  • カフェ
  • グッズショップ

などが設置されます。コンセプトは「子どもも大人も楽しめる鉄道ミュージアム」とのことなので、全世代が楽しめるようなスポットになりそうです。

嬉しいことに、屋上はビュースポットして解放されます。すぐ横には小田急線が走っているので小田急線の普通車両を眺めることもできますね。

スポンサーリンク

小田急ロマンスカーミュージアム アクセス

小田急線海老名駅の西口すぐの場所に建設中です。相鉄線海老名駅やJR相模線海老名駅からでも5分もあれば着きますね。


新宿からも小田急線の急行で1時間弱、横浜方面からも、相鉄線で40分ほどと非常にアクセスはいい場所です。

車でのアクセスは?渋滞も予想

駅直結ということで、専用駐車場の設置は厳しそう。
駅周辺にはららぽーと海老名などの大規模な商業施設があるので車の場合はそちらの駐車場を利用すると良いかもしれません。※有料です。

ただ、週末のららぽーと周辺の渋滞はかなり酷いので、できれば電車で行きたいですね。

スポンサーリンク

小田急ロマンスカーミュージアム ランチなど周辺情報

ロマンスカーミュージアムにはカフェもありますが、混雑が予想されます。

ただ、周辺にはたくさんお店があるのでランチのお店には困ることはなさそう。

ロマンスカーミュージアム周辺のSHOP

  • ららぽーと海老名
  • ViNA Waik(映画館やマルイファミリーなどの入った複合施設)
  • ショッパーズプラザ(旧ダイエー。ファンタジーキッズリゾートが入っています)
  • イオン(イオンシネマあり)

駅から近い順に並べました。たくさんありますが、どこも人気のスポットなのでお昼時にはそこそこ混雑しています。

おすすめは海老名駅東口にある、ViNA Waik(ビナウォーク)。

入り口付近のマルイファミリーにはフードコートがあって、他にも飲食店がいくつか入っています。

東口方面には他にも飲食店の入ったビルがたくさんあります。

西口連絡通路の先にあるららぽーとにもフードコートや飲食店が多く入っています。こちらはまだ新しいので、少々混雑気味です。

スポンサーリンク

小田急ロマンスカーミュージアム まとめ

ロマンスカーは電車好きな子どもや大人にも人気の高い車両です。
全席指定ですが、通常の乗車料金に数百円の特急料金で乗ることできるのも魅力。

起工式も行われたようで、OPENが待ち遠しいですね。

展示のためのロマンスカーが、車両基地から海老名へ向かう様子も目撃されています。


今後このような場面がまた見られるのでしょうか。

料金などの詳細情報は随時追記していきます。

 

小田急線の白いロマンスカーの展望席はどうやったら乗れる?
ロマンスカーは、小田急線の新宿ー小田原間と、新宿ー江ノ島間を走っている特急列車です。 普通乗車券に加えて、特急料金もかかります。 ただし1,000円未満でリーズナブル。 全席指定で、ゆっくりできるので家族でお出かけ・・・→つづきへ
タイトルとURLをコピーしました