必ず美味しいシフォンロールレシピ

食と台所まわり

ケーキ作りを10年くらい前からしています。

普通のジェノワーズ(スポンジケーキ)も焼きますが、便利なのはロールケーキ

ロールケーキの良い点は

  • バターを使わないのでカロリー控えめ
  • 焼き時間が10分程と短い
  • オーブンの天板があれば焼ける(型がいらない)
  • 生地の冷まし時間が短い

デコレーションまでやっても半日ほどで完成します。

レシピには、卵を全卵で泡立てる方法と、卵白と黄身に分けて泡立てる方法があります。

スポンジに比べると、若干生地が固いイメージのロールケーキですが、

卵白と黄身で分けて作ったところかなり美味しかったのでレシピをアップしました。

スポンサーリンク

絶対美味しいシフォンロールレシピ

黄身と白身を別に泡立てて作る、シフォンケーキ風の生地です。

25cm×25cmの天板用。

シフォンロール生地 材料

  • 卵 3個
  • 砂糖 45グラム
  • サラダ油 20グラム
  • 水 45グラム
  • 小麦粉 55グラム→ふるっておく

道具は、

  • ボウル(2個)
  • 天板、オーブンシート
  • 泡だて器(手で混ぜる用)とハンドミキサー

スクレイパー(ゴムベラ)もあると便利。

卵を白身と黄身に分けて混ぜていくので、ボウルは白身用と黄身用で2つ使います。少し大きめの物がよいでしょう。

天板には、オーブンシートをひいておきましょう。

シフォンロールの作り方

黄身と白身をわけて混ぜていきます

黄身は混ぜるだけ、白身はしっかり泡立てメレンゲにする

最後にメレンゲをつぶさないよう黄身と白身を混ぜて焼く、という工程になります

詳しい手順

    1. 卵3個を白身のボウルと黄身のボウルに分けます。
    2. 黄身の方から混ぜていきます。黄身は泡立てる必要はなく、泡だて器を使って手動でぐるぐる混ぜるだけです。
    3. 黄身のボウルへ砂糖の1部15グラムくらい)を入れてぐるぐるまぜる
    4. サラダ油を、黄身のボウルへ入れてよく混ぜる
    5. (45グラム)をさらに黄身のボウルへいれ混ぜる
    6. 小麦粉を黄身のボウルへ全て入れ、切るように混ぜる。
      ※オーブンを180度12分で予熱を開始
    7. 次は白身のボウルでメレンゲ作りをします。ハンドミキサー使用。残りの砂糖30グラムくらい)を2、3回に分けて軽く混ぜてから、ハンドミキサーを高速にして白身を泡立て始める。ボウルを逆さにしても落ちないくらいしっかりとまぜる。
      時間にするとだいたい5分くらい。しっかりと混ぜます
    8. メレンゲができたら、メレンゲ(白身)と黄身をさっくりとまぜます。(泡をつぶさないように)私はいったん黄身のボウルにメレンゲを4分の1くらい入れて混ぜてから、それを今度はメレンゲの方のボウルにうつしています。
    9. 混ざったら天板に流し込み、焼く(180度12分)
    10. 焼けたら、取り出してさましてから、クリームなどお好みの物を巻く

 

コツはとにかくしっかり混ぜること。

混ざったと思ってもよく見ると、端のほうが水っぽかったりします。わかりにくい時は混ぜ時間を計っておくと目安になります。

ロールケーキのデコレーション

巻き終わり部分を斜めにカットしておくと、巻いた後の座りがいいです。

焼き目を表にした表巻き。巻く時にはコピー用紙などを生地の下に敷いて、紙をゆっくりもちあげるようにしながら巻いていくと割れにくいです。

その際は粉砂糖を紙に軽く振っておいて、くっつきを防止します。

表面が割れてしまった場合は、イチゴなどをのせて割れをカバー。

 

クリスマス用にブッシュドノエル。

 

生地を細長くカットして、縦に巻いていくとホールケーキのようになります。

ロールケーキ巻き方

 

みかんケーキ

ロールケーキ断面

完成形。断面はこのようになります。

スポンサーリンク

シフォン風ロールケーキ まとめ

とにかくしっかりとしたメレンゲを作るのがポイント。

泡立て具合がわからなかったら、トータル泡立て時間を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました