比較はやっぱり大事!リフォーム会社選びに失敗しないために

家まわりの悩み

リフォーム経験、大小あわせて8回のこよみです

家のリフォームって予算、時期、どんな設備にしようか、どこまで手を入れるか・・などなど考えることがたくさん・・。

でもまずは「施工会社」。

どこにお願いするのかが大事です。

【失敗例】

  • せっかく色々考えてお願いしても、うまく伝わらなかった
  • 施工のミスを指摘しても直してくれなかった
  • 相場よりも高い見積もりなのに契約してしまった

毎日を過ごす家なので、100パーセント完璧とはいかなくても、なるべく予算内で納得いく仕上がりを目指したいですよね。

ただ、家の設備や建具、建材など、どれも素人にはわかり難いものです。

できれば、その道のプロに相談しつつリフォームを進めたい!

でもどこで業者を見つけて、どうやって自分たちにピッタリの業者を選ぶのか・・

 

それは、とにかく業者(見積もり)を比較してみること!

 

徹底比較する為にはここ!比較見積もり最大手>>>>タウンライフ リフォーム

  • 比較って絶対しないといけないの?
  • 知ってる大工さんに頼めばいいのでは?

見積もりの比較が大切な理由について、体験談をもとに解説していきます。

見積もりを取った体験談

まず業者を探します。

  • 訪問してきた業者
  • タウンページ(電話帳)で探す
  • ホームセンターのリフォームコーナー
  • ネット
  • 紹介

などなど色々なアプローチがあります。

順番にお伝えしますね。

①不動産屋さんに紹介してもらった

築15年の中古住宅を購入した際に、キッチンをリフォームした時の話です。

仲介の不動産屋さんに、その不動産屋さんが内装のリノベーションを発注している業者を紹介してもらいました。

信頼していた人が自信をもって紹介してくれたので、安心感はありました。運任せの面もあったけど・・

※この時はこちらの意図をわかってくれるいい業者さんでよかったです

紹介者の手前もあって相見積もりは取りませんでした。

最初からほぼ依頼する前提で話が進んでたので、他の業者さんには連絡できなかったのです。

人づての紹介だと、こんなネックもあるんですね。気にしなければ大丈夫でしょうが・・

②ホームセンターのリフォーム窓口で相談した

家の外の古いブロック塀を、アルミフェンスと機能性門柱に変えた時の話です。

とりあえず、ホームセンターにあるリフォームコーナーに行きました。

カウンターで要望を伝え、カタログを見せてもらいながら希望を伝えます。

後日、現地調査。

職人さんというか、若い見習いの人がやってきて、カタログを見ながら計っていきました。

門の開きはどうしたらいいですか?と質問をしたところ、

うーーん・・どっちでも・・?という感じ

見積もりが郵送されてきたのは約1か月後。

こちらで指定したフェンス等設備の代金、撤去費用代、工賃を積み上げた計算書が一枚。

その後、先方からの電話もなくフェードアウト・・たまたま忙しかったのか、金額の低いリフォームはスルーされるのか・・

③ネットの申し込みフォームから見積もり

その後、エクステリアのサイトで気に入った門柱を見つけたのです。

サイト上で簡単な見積もりを出すことができて、予算内だったので申し込んでみました。

申し込みフォームから申し込み→現地調査の日程を決める→現地調査をして正式な見積もり

という流れで話を進めます。最初の申し込みの後は電話でのやりとりでした。

業者は選べなかったですね。

家からちょっと離れた造園業の方が派遣されて来ました。

最初に調査に来た社長はいい感じの人だったけど、工事に来た若い人はちょっと段取りが微妙でした。なんとか終わってよかったです。

④タウンページを見て地元の業者に電話

雨漏りしてたので、屋根のリフォームをすることになりました。

前回の門柱(エクステリア)の工事、職人さんが新しい門柱に慣れていなかったのか、組み立てにかなり時間がかかったんですよね。

できれば次はベテランの職人さんに来てもらいたい・・

ということで、タウンページを見て地元で長くやっている業者を探しました。

電話をして見積もりをお願いし、契約をして屋根のリフォームをすることができました。

イチかバチか、という部分もあったけどスムーズにすすみました!

番外編 ⑤訪問販売

じつは、屋根のリフォームで地元の業者に電話をする前に、別の会社から見積もりを取っていたんです。

訪問してきた床下の点検の業者です。

これがなかなかやっかいで・・・

というのも、床下の点検を理由に家に上がり込んで長々と営業

→『今日中に契約なら安くしておきます』などと相当しつこくてかなり消耗しました。

見積もりは比較が大切だった

屋根に関しては、事前に訪問業者からもらった見積もり(疑問点多数)があったので、比較することができたんです。

比べてみることでその見積もりが

  • 適正なのか
  • 高いのか
  • 高いものを安くしたように見せかけているのか

・・色々なことがわかります。

比較なので最低で2社。

どちらも納得がいかなければ、さらに3社4社と連絡を取る必要があります。

正直もっと欲しいけど、それぞれ現地調査もしないといけないので2~3社が限度ではないでしょうか。

一度に見積もりをとることもできた!

これは後から知ったのですが

一括比較見積もりに出す という方法があったんです。

ウェブの申し込みだけなので、ホームセンターで待たされたり、家に何社も営業の人を呼んだりしなくていいんですね・・

そして、複数の見積もりを一度に見ることで、

  • 適切なリフォームの時期や順番
  • 優先順位(お金をかける所・削るところ)

など、自分ではわかりずらかった事に、気づくことができます。

タウンライフリフォームについて

タウンライフリフォームは、リフォームの一括見積もりサイトの最大手。

申し込みもシンプルでわかりやすいです。

>>リフォームプランを無料見積もり|タウンライフ リフォーム

見積もりを依頼すると、アドバイスやプランニングも考えてもらえます。

こちらは素人なので、プロからのアドバイスって助かりますよね。

先のブロック塀のように、見積もり段階では予算を出すだけで、アイデアまではもらえない事も多いのです。

こんな風に事前に提案してもらえるのは貴重。

他にも特徴は、

  • 地元の工務店から大手のハウスメーカーまで、色々な業者が登録
  • 現状の写真や間取り図を添付して、現況をもとに検討してくれる
  • 見積もり依頼時に、どの会社の見積もりが欲しいのかを選ぶことができる

タウンライフリフォームの評判

タウンライフリフォームのクチコミを探したところ、こんなデメリットを見つけました。

住所や氏名、電話番号を入力しないと見積もりができない

たしかに匿名の方が、気軽に見積もりを取れるという利点があります。

ただ、業者としても、どこの誰なのか・本当に注文するつもりなのかわからない相手に時間をかけて正確な見積もりを出す余裕はないと思うんです。

なので住所や電話番号をなどを伝えるのは(面倒に思えても)実は依頼側にも業者側にもメリットになるのかもしれません。

一括見積の申し込みの流れ

「地域」と「住宅のタイプ」を入力して見積もりを開始します。

※迷っている段階でも最後に「申し込みボタン」を押さなければ送信されないので大丈夫です

この質問をもとに、アドバイスやプランニングしてくれるのでなるべく正確に伝えましょう。

リフォームの内容の欄にも、なるべく詳しく書いたほうが2度手間になりません。

予算が高額でびっくりするかもしれませんが・・

お風呂やトイレ、キッチンなどフルリフォームすると数百万円は軽くいきますよね・・あくまで予算なので、こちらの希望を伝えておきましょう。

間取り図があれば添付します。現状を伝える写真もあるといいですね。

 

最後に該当する業者が出てきます。

気になる業者があればチェック、依頼申し込みボタンをクリックして完了です。

見積をするとどうなるの?

この後には、依頼した業者から確認の電話が入ります。

これはイタズラを防いだり、その住所に実在するお客さんなのかを確認する意味も。

向こうも事務処理の流れで電話をかけてきているので、押し売りなどないので大丈夫です。

ただ、あまりたくさんの会社に一括見積すると、電話対応も大変になってしまう可能性も・・

ある程度絞り込んで見積もり依頼をした方がいいいかも。

その後は、見積もりが届くのを待ちましょう。

見積もりが来たら

見積もり書というのは、会社によって違いますが、施工にかかる金額が並べてあって、最後合計金額になっています。

見積もりを何社か比べてみれば大体の相場もわかってくると思います。

どの業者も納得いかなければ、全て断っても大丈夫。

気になる点があったら問い合わせをしてみて、納得できる答えが返ってくるような会社を選びたいですね。

まとめ

様々な希望を盛り込んで依頼しても、必ずしも思い通りのプランや見積もりが返ってくるとは限りません。

特に金額については、思った以上に高い・・と感じることも。

ただ、一括で数社に依頼をすることで、おおよその相場がつかめます。

それだけでも、かなりのリスクを減らすことができますね。

相場がわかってきたところで、自分たちにとって

  • 重要なところ
  • そうでもなかった所

をふるいにかけて、現実的なリフォーム計画にしていきましょう。

>>リフォームプランを無料見積もり|タウンライフ リフォーム

タイトルとURLをコピーしました