PayPay【ペイペイ】スーパーのロピアでも使えました|詳しい精算方法など

スマホ決済でお得

ペイペイは、アプリ上の地図に利用可能店舗のマークが表示されます。

ところが、マークの立っていなかったロピアでも使えるというので行ってみました。ちゃんと使えました。

コンビニとは違って、お店にあるコードをスキャンする方法です。最初はちょっともたついてしまったので、ロピアの決済方法について詳しく書きました。

スポンサーリンク

ロピアでも使える|ペイペイの精算は金額を手動入力でした

ロピアはこれまで現金払いのみの、野菜や肉などが安く買えるスーパーです。

まとめ買いの時には、お金を多めに持っていってたんですよね。

半信半疑で行ってみましたが、ちゃんとペイペイ払いに対応していました。

ペイペイロピア対応

事前にアプリを入れて、カードの設定をしていきましょう。

ロピアでの精算方法

自動精算機のある店舗です。

商品をスキャンした後に、ペイペイ払いであることを伝えると、係の人がやってきます。

  1. お店の人がQRコードを出してくれるので、それをペイペイのアプリで読み込みます
  2. 金額を自分で入力します(お店の係の人がレシートを持って金額を教えてくれました)
  3. 入力した金額の画面をお店の人に見せて確認してもらい、支払いボタンを押して終了

お店の人に確認しつつ自分で金額を入力するのがミソですね。

ちょっと手間(汗

オーケーも、この「QRコードを読み込んで自分で金額を打ち込む方式」でした。
スポンサーリンク

キャンペーンの適用は?

キャンペーン中の、20パーセントのポイント還元もちゃんとありました。

ペイペイ画面

キャンペーンでの20パーセント還元の上限は5,000円。

5000円を超えて買い物しても、還元されるのは1,000円になります。

小分けして(例えば9800円の買い物のところ、5000円と、4800円で2回レジに行く)会計をすると、ロックがかかる場合もあるみたい。


20パーセント還元はありがたいけど、「自分で金額入れて、店の人が確認→支払いOK」って地味にメンドウ。

バーコードでスマートに決済できるのが、電子マネーのハズでは・・。

スポンサーリンク

まとめ

安いスーパーでペイペイが使えるのはかなりいい!

土日などは現金をおろすと手数料がかかるけど、ペイペイにチャージして使えばポイントももらえます。

気を付けるのは、ペイペイ残高が不足するとエラーになってレジでモタモタしてしまうこと。

残高は利用前に確認を・・。

まあ、チャージも2回くらいタップすればすむので簡単ですよね。

残高不足の場合の支払いについてはこちらの記事に書きました。

>>PayPay(ペイペイ)Yahoo!マネーとの連携と残高不足の場合の決済【2019年最新】

タイトルとURLをコピーしました