江ノ電フリーパス【のりおりくん】料金や使い方

お出かけ情報[関東]

江ノ電は、全長約10キロの短い路面電車。

海沿いを走るロケーションと、レトロな雰囲気で大人気の路線です。

その江ノ電ですが、普通に乗車券を買ったら勿体ない。

乗り降り自由なフリーパス「のりおりくん」を活用して1日楽しんじゃいましょう。

スポンサーリンク

のりおりくんの料金

大人料金600円・子供料金300円

 

普通乗車券は、藤沢~鎌倉間で300円。

往復で600円なので、往復するだけでも元はとれますね

 

江ノ電沿線にはたくさんの観光名所があるので、何回も途中下車したくなります。

鎌倉の大仏(高徳院)の最寄り駅は長谷駅。

 

他にもドラマの舞台にもなった極楽寺(極楽寺駅)や、満福寺(腰越駅)、龍口寺(江ノ島駅)などの見所も。

 

腰越駅近くには、おみやげにもおすすめな「江ノ電もなか」の扇屋さんもありますよ。

>>江ノ電もなかの買える店|鎌倉【扇屋】食べた感想・賞味期限など

江ノ電もなかの【扇屋】食べた感想・賞味期限など
江ノ電に乗ったら是非寄ってみたいのが、腰越駅近くの「扇屋」さんです。 このあたりは江ノ電が一般道を通るエリアで、車と江ノ電、さらに歩行者も混在する、ちょっとカオスな場所です。 腰越駅から線路沿いに江ノ島駅を目指すと、ちょうど江ノ・・・→つづきへ

途中下車するほどにお得なフリーパスは必須ですね。

 

鶴岡八幡宮のある鎌倉駅周辺にはレンタル着物のショップがたくさんあります。

着物に着替えての散策もおすすめ。

>>【鎌倉】子連れにもおすすめのレンタル着物|鎌倉きもの小町行ってみた感想

スポンサーリンク

のりおりくんはどこで買える?

江ノ電の各駅で販売中。

 

小田急線の藤沢駅を経由して鎌倉に行く場合には、小田急の「 江ノ島・鎌倉フリーパス」がさらにお得になっています。

小田急 江ノ島・鎌倉フリーパス

小田急線の各駅から藤沢までの乗車券と、フリーパスがセットになっています。

フリーパスの区間は

  • 小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)
  • 江ノ電の各駅

江ノ電だけではなく、小田急線の藤沢~片瀬江ノ島までの区間も乗り降り自由になるんですね。

江ノ島水族館は、小田急片瀬江ノ島駅が最寄になります。

 

湘南

料金は、小田急線の乗車する駅によって異なるのでご注意下さい。

小田急線を使って鎌倉に行くなら、乗車駅でフリーパスを買えば間違いなくお得。

でも実は、もっとお得なフリーパスも存在します。

スポンサーリンク

JRで発行の江ノ島・鎌倉パスは3路線が乗り降りできる

JRの発行する、鎌倉エリアのフリーパス「江ノ島・鎌倉パス」は

  • JRの藤沢・鎌倉・大船・北鎌倉の4駅
  • 湘南モノレール線
  • 江ノ電の各駅

が乗り降り自由になります。

料金は大人料金700円・子供料金350円。

 

あじさいのお寺として有名な「明月院」はJR北鎌倉駅が最寄になります。

JR線を使って北鎌倉にも行くならこちらが断然お得ですね。

 

J東日本の大船、藤沢、鎌倉、北鎌倉の指定席券売機、自動券売機、みどりの窓口およびびゅうプラザで購入できます。

スポンサーリンク

まとめ

江ノ電のフリーパスは

  • 江ノ電のみの「のりおりくん」
  • 小田急 江ノ島・鎌倉フリーパス
  • JR江ノ島・鎌倉フリーパス

の3種類。

料金や自由に乗り降りできる路線や区間がそれぞれ違うので、目的別に使い分けましょう。