年賀状を辞めるには|年賀状終いの方法や反応など

買い物・雑記

お世話になっている人、友人、親戚、去年くれた人にも一応・・と

年々増えていく年賀状。

形式的に出し続けているだけの状態に疑問を持つことはありませんか。

最近では「年賀状終い」「終活年賀状」といって、年賀状を出すのを打ち切りにする人も。

そんな「年賀状終い(しまい)」やり方や感想・口コミなどまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状終い|年賀状をやめる方法は?

年賀状終いには主に3つ方法があります。

①出さない

シンプルにこちらから出さなければ、もうそれで年賀状のやりとりからは卒業できます。

◆メリット
思い立ったら実行できる。
◆デメリット
連絡が途絶えて、心配される可能性もありますね。

相手のこともあるし、なかなかこうスッパリはいかないのが現状ですが。

②出さないよ、と周知しておく

「今年の年賀状で新年の挨拶は辞退させていただきます」

等の文章を添えて、年賀状を出しておくという方法。少なくとも1回は年賀状を出す必要があります。

この場合は、相手を不快にさせないよう文面に細心の注意を払う必要があります。

◆メリット
自然消滅のようにならない。一応事前に伝えておくことで、こちらの罪悪感が減る。

◆デメリット
人によっては、絶縁状と受け取られてしまって不愉快な思いをさせてしまう。

 

特に、年始の挨拶でこのような「終活年賀状」が届くとちょっと気が滅入りますね。すでに相手の人はこちらに年賀状を送っているので返信のしようもありません。

この場合は口頭や暑中見舞いなどで、年賀状書きのシーズンが来る前に伝えておけるとよさそう。

③後から通知する

年賀状を頂いた相手に、後からお知らせするという方法。

◆メリット
年賀状をくれた相手に対してのみ発信すればいいので、行き違いにならない。

お互いに年賀状を辞めるタイミングをみはからっている事もあるので、出されたら出すというスタンス。

年末年始のバタバタの時期を外して出すので、ゆっくり近況などを書くこともできます。

◆デメリット
お世話になった方や、目上の方にはちょっと失礼になる場合もあるかもしれません。

スポンサーリンク

年賀状終いの口コミ

年賀状終いを伝えた側の口コミは「心の負担が少なくなった」といった声が多いです。

 

一方、伝えられた方は複雑。

 

「新年早々、絶縁状をもらいたくない」

「数年前から、終活年賀状を何枚か受け取りましたが、毎回結構なショックを受けました。私とは関わりを持ちたくないんだなと、見捨てられたような気持ちになってしまいました。それぞれに考えがあることはわかりますが、やはり寂しさを感じてます」

引用:朝日新聞デジタル

やはり突然伝えられると負担も大きいようです。

スポンサーリンク

まとめ

最近は個人情報の観点から、学校や会社でも住所の入った名簿を配布しないことも多いので、年賀状の文化は徐々にすたれていく可能性もあります。

ただ、これまでやっていた習慣を突然辞めるのも勇気がいりますね。

「年賀状終い」をするにしても、付き合いのパターンや関係によって工夫が必要です。

あくまで新年の挨拶の一つと割り切れればいいのですが・・色々悩むくらいなら出した方が早い、という人が実は多いのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました