安く買える!!1万円台のほったらかしグルメ家電|電気料理鍋のすすめ

食と台所まわり

シャープ「ヘルシオシリーズ」のホットクックなど、「ほったらかし」で調理ができる電気式の調理家電が人気ですよね。

ただちょっとお高いんです。

「ちょっと楽するために」気軽に買える値段ではなく・・

ホットクックは、一人分(約1リットル)でコンパクトなモデルでも3万円以上しますよね。

ただ、別のメーカーで調べてみたら以外にも安く買える「ほったらかし家電」がありました。

これなら買えるかも!?

スポンサーリンク

siroca(シロカ)電気圧力鍋

ほったらかし調理家電といえば、電気圧力鍋。

ガス火と違って、目を離しても大丈夫なのです。

材料を入れてボタンを押したら、完成するまで好きなことをして過ごせます。

通常の調理に加えて、約85度の低温で沸騰させずに調理する「スロー調理」機能もあり。

低温で煮るため、煮崩れすることなく食材をやわらかく調理できます。

 

注意点として、シロカの電気圧力鍋には「85度以下の設定」はないので、「味噌」や「ヨーグルト」などの発酵食品を作ることはできません。

2リットルタイプは1~3人分の容量。

2リットルタイプで、スロー調理機能がないモデルはこちら。

電気圧力鍋のサイズ感

パッと見大きくても、調理できる分量が意外と少ないのが「電気圧力鍋」

2リットルタイプといっても、調理容量は1.3L。実際に作れる分量は少ないのです。

なので、4人家族でカレーやポトフなどのメイン料理も作る場合は大きいサイズがおすすめ。

 

4リットルタイプは調理容量 が2.6L。2~6人分の調理が可能です。

4リットルで、スロークッカーの機能がないタイプ。

せっかくなので、大容量タイプはスロー調理機能があったほうがいいかも

おでんなど、スロー調理でじっくり味をしみこませることができます。

メーカーの公式サイトにレシピもあるので、「どんなものを・どのくらい作るのか」を考えてからサイズを選ぶと間違いなさそう。

シロカ公式サイト

スポンサーリンク

siroa(シロカ)ってなに?どこの会社?

ところで「siroca」ってどこのメーカー??

・・って思った人、この「siroca」は大々的な広告は行っていないのであまりメジャーではありませんが、密かな優良メーカーなのです。

創業は2000年、当初は仕入れ販売を行う家電の商社としてスタートしました。

2010年頃から独自の商品を開発・製造するメーカーに転身。

当時流行った、ホームベーカリーを1万円以下の価格で販売、大ヒットとなりました。

(我が家にもあります)

  • 独自開発
  • 商社を挟まずに販売
  • 広告コストをかけない

ことで、低価格で高品質な製品を作っているメーカーなのですよ。

スポンサーリンク

まとめ

ほったらかし家電、うちでもちょっと使ってみたいな・・という方は「siroca」も要チェック。

電気圧力鍋の他、ノンフライオーブンや、全自動コーヒーメーカーも大人気です。

全自動コーヒーメーカーは、豆を挽くところからやってくれます。お客さんが来た時に便利ですよね。

フィルターは「ステンレスメッシュフィルター」なので、ペーパーフィルターを買わなくていいし・・

人気なのもわかりますね。欲しい^^

タイトルとURLをコピーしました