【アガット】安く買うならメルカリが狙い目

ネックレス メルカリ

中古の服は身に付ける気がしないけど、ジュエリーなら気にならないという方も多いのでは?

メルカリなら、新品で買うよりも3割ほどジュエリーが安く買えお得です。

人気のアガットの商品は品数も豊富で、販売中の物から絶版のものまで色々。見ているだけでも楽しいですよ。

そこでメルカリでのジュエリー、特にアガットの商品の取引についてまとめました。

スポンサーリンク

アガットを安く買う①ネックレスチェーンは長さに注意

指輪はサイズが難しいのでネックレスがオススメです。

※サイズがわかっていれば大丈夫です

 

メルカリにはシンプルなネックレスチェーンがたくさん出品されています。

アガットのネックレスは、ヘッドを付け替えるタイプが主流なので、チェーンのみ、ヘッドのみでの出品も多いのです。

 

チェーンのサイズですが40㎝、45㎝、50㎝と長さが何種類かあります。長い方が高額になります。

 

40㎝は意外に短くて、付けると苦しく感じる人もいるようなので、自分に合ったチェーンの長さを把握しておきましょう。

 

チェーンのプレート(引っ掛けられる方)の幅が大きいと、ペンダントトップが入らないということもあるので、できればプレートの大きさも確認を。

スポンサーリンク

アガットを安く買う②ペンダントヘッドは素材に注意

極端に値段の安い物は、シルバーにゴールドのメッキの場合があります。

アガットはシルバー素材の物も高値で売られていることもあり、金と間違って購入してしまうこともあるようです。

同じデザインでも、シルバーのものと、金のものがあったりします。

これはチェーンにも言える事ですが、刻印の確認を必ずしましょう。(できれば画像で)

ジュエリーの刻印とは

刻印とは、K18やK10といった表記のことです。

K18やK10は金(ゴールド)なので、変色もあまりなく長く使えます。

K18など数字が大きいほど金の割合が多くて高額になります。

 

刻印はジュエリーの裏や端の方に小さく彫り込まれています。

まれに、本物のK10であっても刻印がないこともありますが、ほとんどの物には入っているので確認しましょう。

ただ刻印があっても、K18GPはメッキになります。SVはシルバー。

ハンドメイド品に多い、14KGFというのは合金なのでこれもK18やK10とは異なります。

スポンサーリンク

姉妹ブランドのノジェスもチェック

アガットには姉妹ブランドのNojess(ノジェス)もあります。

デザインの雰囲気もよく似ています。ペンダントヘッドなどは、ノジェスの方が種類が豊富です。

値段も比較的リーズナブルなので、あわせてみてみるといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

店頭で買うと数万円にもなる、アガットのジュエリー。

メルカリなら1万円以下でも手に入ります。

ただし。クリスマスシーズンなど、メルカリでの値段設定が高くなる場合もあります。

そんな場合にはメルカリ以外の方がお得な場合もあるので、併せてチェックして見て下さい。

>>とにかく華奢なアガット風リングのオススメ

とにかく華奢なアガット風リングのオススメ
アガットのジュエリーの魅力は、華奢なデザインです。 大ぶりのアクセサリーと違って、さりげなく付けられてしかも安っぽくない雰囲気はアガットならでは。 特に小ぶりなリングは、手を綺麗に見せてくれる効果もあります。 でもアガット・・・→つづきへ