不織布は洗濯できる!?使い捨てマスクを洗ってみた【実際の写真付き】

マスク 洗濯感染症対策
スポンサーリンク

不織布って紙のように見えますよね。

これじつは「布」の一種なので、意外と丈夫なのです。

最近は不織布のマスクが手放せないのですが、ちょっと使って捨てるのも勿体ないですよね。

これを洗ってみたらどうだろう?

と実際にやってみました。

スポンサーリンク

不織布を洗うとどうなる?マスクを漬け置き洗いしました

(医療現場で使った不織布マスクや、粉塵のある現場で使ったマスクは使い捨て必須になると思います)

今回は、ちょっとスーパーにつけていった不織布マスクを洗うことにしました。

ゴシゴシと洗うよりは漬け置き洗いの方がよさそうなのでハイターに漬けることにしました。

まずは漬けこみ溶液を作ります。

お水1リットルに対してハイターをキャップ5分の1ほど入れ混ぜました。

そこに不織布マスクを投入。

浮いてくるので途中でひっくり返したり沈めたりして約5分。

取り出して数回お水を替えて、すすぎます。

絞ると型崩れしてしまいそうなので、タオルで押さえて水分をとりました。

一回使っているので鼻のワイヤーは曲がってるけど、あとは新品とかわりないかな。

太陽光にあてて干したので、もし何かの菌がいたとしても滅菌されているのではないかと思います。

鼻と口に密着するものなので、漂白剤のニオイがしないようにしっかりゆすぐのがポイント。

ワイヤーにアルミ素材を使っている物は、金属が変質してしまうので中性洗剤で洗いましょう。

スポンサーリンク

マスクの素材の「不織布」って?

普通の布は、糸を織って作られていますよね。

繊維を薬品でくっつけたり、熱や圧力で密着させてつくられたのが不織布になります。

不織布の原料は、綿や麻などの天然素材や合成繊維、パルプなど。

今回洗ったマスクの素材は、主にポリプロピレンでした。

ポリプロピレンはプラスチック素材の樹脂で、比較的強度があって吸湿性はない素材。

特に表面の不織布は全く水を含まない性質のようです。

洗った後のマスク、中はこんな感じ。

フィルターの役割をする不織布が入っています。

こちらも水に漬けて洗った後も、特に変化はなさそう。

スポンサーリンク

洗濯できないマスク

防護服を着た時に付けるような、バルブ付きのマスクは当然洗えません。

「のどぬーるマスク」など、水分を含んだフィルター入りのマスクも洗濯できませんよね。

なんとか複数回使えるように、ティッシュをはさんでマスクを装着するという人もいるみたい。

最近では、マスクの内側につけるシートも販売されていますよね。

ただ、ウイルスは外側に付くので、外側も綺麗にしたいところ。

そんな場合には、マスク除菌用のスプレーが販売されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回使ったキッチンハイターは、「塩素系の漂白剤」なので、使用の際には手袋を使います。

このキッチンハイターの成分は「次亜塩素酸ナトリウム」。

強いアルカリ性で除菌効果が高く、薄めたハイター液でドアノブなどの消毒もできます。(ふき取りが必要)

ただ、吸い込むと危険なのでスプレー容器では使わないようにしましょう。

自治体で配ったりしている「次亜塩素酸水」とは全く違うので、直接手指につけたりはできません。

>>花王 公式サイト

普通の中性洗剤でも「不織布マスク」を洗うことはできるので、肌が弱い方は中性洗剤の方がいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました