不織布の使い捨てマスクは洗濯して再利用しても大丈夫!?

マスク 洗濯困りごと

不織布のマスクって、ポケットに入れたまま洗濯しても、そのままの形で出てきますよね。

とくに型崩れもみあたらないし・・

マスク不足なので、洗ったら再利用できるのではないかと試してみました。


不織布のマスクを洗濯してみた

使用済みのマスクを除菌する方法として

  • エタノールスプレーで除菌
  • オスバンSの溶液で除菌
  • キッチンハイター(塩素系の漂白剤)で除菌。

オスバンSも考えたのですが、インフルエンザなどのウイルスには効きません。

エタノール(アルコール)はインフルエンザウイルスの除菌効果あり。

スプレーでシュっとやるだけなので楽ですね。

>>オスバンSと消毒用エタノールの使い分け法|成分や特徴の違い

ただ、エタノールは品薄で手に入りにくい物になってしまいました。

気分的にも「水洗い」をしたいので、今回はキッチンハイター溶液に漬け込むことにしました。

※漂白剤のニオイが気になる方は、中性洗剤で洗う方がよいかも。

使い捨てマスクのお洗濯|実際やってみました

洗うのはこれ。

左:1回使った不織布マスク

右:花粉用の「PITTA MASK/ピッタ・マスク」

→ピッタマスクの方は、スポンジ製・洗えるので普通に水洗いしました。

不織布マスク用に、ハイターで漬けこみ溶液を作ります。

お水1リットルに対してハイターをキャップ5分の1ほど入れ混ぜました。

そこに不織布マスクを投入。

浮いてくるので途中でひっくり返したり沈めたりして約5分。

取り出して数回お水を替えて、すすぎます。

絞ると型崩れしてしまいそうなので、タオルで押さえて水分をとりました。

一回使っているので鼻のワイヤーは曲がってるけど、あとは新品とかわりないかな。

太陽光にあてて干したので、もし何かの菌がいたとしても滅菌されているのではないかと思います。

※個人的所感です

マスクの素材の「不織布」って?

普通の布は、糸を織って作られていますよね。

繊維を薬品でくっつけたり、熱や圧力で密着させてつくられたのが不織布になります。

不織布の原料は、綿や麻などの天然素材や合成繊維、パルプなど。

今回洗ったマスクの素材は、主にポリプロピレンでした。

ポリプロピレンはプラスチック素材の樹脂で、比較的強度があって吸湿性はない素材。

特に表面の不織布は全く水を含まない性質のようです。

洗った後のマスク、中はこんな感じ。

水に漬けて洗った後も、特に変化はなさそう。

洗濯できないマスク

防護服を着た時に付けるような、バルブ付きのマスクは当然洗えません。

「のどぬーるマスク」など、水分を含んだフィルター入りのマスクも洗濯できませんよね。

高いマスクほど、再利用には向かないという・・

なんとか複数回使えるように、ティッシュをはさんでマスクを装着するという人もいるみたい。

ただ、ウイルスは外側に付くので、外側も綺麗にしたいところ。

そんな場合には、マスク除菌用のスプレーが販売されています。

まとめ

コロナウイルスの影響で、どこの薬局に行ってもマスクは品切れ。

  • 3枚入りしか買えなかった
  • マスク着用しないと出かけられない

という場合、思いきって再利用もありなのでは・・?

そもそも、不織布のマスク自体にそれほどウイルスを防ぐ効果はありません。

ウイルスは主に手に付着して口や目の粘膜から入ってくるので、ウイルス対策には手洗いが一番有効とされています

ただ、マナー的にもマスクを付けていた方が安心感がありますよね。

マスクで覆っていれば、不用意に顔や口などを触ってしまうことも防げます。

注意点として、再利用するなら「自分の使ったもの」を「自分で」使うように。

(人にあげたりすると、当然メッチャ嫌がられます)

マスクは比較的早く生産できるので、品不足はすぐ解消されるという話も。

とはいえ、現時点でどの店も売り切れ・ネットの価格は暴騰。

一箱で何千円にも跳ね上がったマスクを買うくらいなら、再利用でもいいのでは・・!?。

タイトルとURLをコピーしました