【鎌倉】着物レンタルを子どもと体験|小町通り散策記

子どもと行く江ノ電の旅

鎌倉駅の周辺には、リーズナブルなレンタル着物ショップがたくさんあります。

古都の雰囲気と着物はピッタリ、写真映えもするので、着物での散策が人気なんですよ。

着物姿のカップルにもよく遭遇します(素敵で羨ましい)。

 

今回、私の場合は子連れで・・

小学生(8歳)の娘と親子で、「鎌倉きもの小町」さんんで着物レンタルして小町通りから鶴岡八幡宮を散策してみました。

こんな感じです笑

鎌倉きもの小町さんでレンタルした感想や、子連れでの着物散歩で気を付ける事などお伝えします。

スポンサーリンク

着物は小町通りでレンタル|鎌倉きもの小町

目的地は「鶴岡八幡宮」。

子どもと着物で歩くので、着物をレンタルするショップは目的地の鶴岡八幡宮に近いところを探しました。

そこで、鶴岡八幡宮に近くて子供用着物プランのある「鎌倉きもの小町」さんに行ってみることに。

ちなみに七五三ではないこども用の着物が置いてあるお店は、少なかったです。

小町通りを鶴岡八幡宮方向に歩いて、コクリコ・クレープを右に曲がった路地にあります。

 鎌倉きもの小町 |着物レンタル料金詳細

レンタル料金は、二人そろって8,000円ほど。カードはVISA・masterが使えました。

レンタル着物 大人料金

大人のレンタル着物の料金は2,980円~

着物のグレードやヘアメイクのオプションによって値段がアップします。

今回は一番安い2,980円プラン(限定15着)をお願いしました。

 

着物のカラーはピンク系が多かったです。(若い子むけ?)

帯は豊富にあって、組み合わせてみるのが楽しかったです。

 

2,980円とリーズナブルで、着物レンタル・着付け・草履・バッグ・足袋全て含まれます。

髪型は、簡単なヘアセットなら無料。

きちんと結う場合は、オプション料金500円~1,000円かかります。

レンタル着物 子ども料金

子供のレンタル着物の料金は4,000円。

子供の場合にはサイズによって着物の在庫が違ってくるので、あらかじめ問い合わせをしておくとよいかもしれません。

飛び込みでしたが、この日はたまたま娘にピッタリの130サイズがありました。

こちらも、着物レンタル・着付け・草履・バッグ・足袋と、簡単なヘアセット(ハーフアップ)込み。

※七五三の場合は別料金になります

レンタル着物には万が一の保険も

気軽なレンタル着物ですが、お食事をしたりして汚してしまう心配もありますね。

プラス500円で、万が一の場合の保険に入ることができます。

保険に入っておけば不意に汚してしまうことがあっても、料金は発生しません。

※強制ではありません

※化繊着物の場合。絹の着物は保険料1,000円。

スポンサーリンク

子どもと着物で鎌倉を散策|コース詳細

今回の鎌倉散策の目的地は鶴岡八幡宮にしました。

鎌倉の観光名所には銭洗い弁天や長谷の大仏も人気だけど、結構歩くので・・

子どもの足での移動を考えると鶴岡八幡宮が無難です。

 

広々とした境内には、池などもあって子供と一緒に見てまわるのにピッタリ。

この日はたまたま結婚式にも遭遇しましたよ。

コースとしては、江ノ電鎌倉駅→小町通り→鶴岡八幡宮→若宮大路

となります。

スポンサーリンク

子どもの着付けから散策へ

お店に到着後、希望のプランを伝えて、着物を見せてもらいレンタルと着付けをお願いしました。

17:30までに店に戻ればよいそうです。

着付け時間は、開店直後だったので受付含め30分弱くらい。

着ていた服や荷物は、散策の間は無料で預かってもらえます。

 

着物レンタルのお店でバッグも借りられますが、小ぶりなものが多いです。

子連れの場合は荷物の多くなってしまうので、着物に合うようなカゴバッグで出かけるといいかもしれません。

 

草履は子供に歩きにくいのですね。

ある程度予想して短めのコースにしたのですが、予想以上にすぐに疲れて不機嫌になってくる娘。

歩き疲れた時のために履いてきた靴も持って出るとよいかもと後悔・・。

写真撮影は、疲れる前にすませておきましょう。

そして、小町通りにはおせんべいやお団子、ソフトクリームなど食べ歩きの誘惑がたくさん。

途中で色々と買わされる(笑)

まあこれは小町通を散策する醍醐味でもありますね。

前掛けになる大判のハンカチも準備して行くと安心です。

 

店を出て、鶴岡八幡宮には10分弱で到着。

神社はさすがに写真映えするスポットが多く、撮影にも力がはいります。

 

・撮影は最初に(子供はすぐ疲れる)

・大判ハンカチや、履き替えの靴があると便利。

スポンサーリンク

鎌倉を子どもと着物で散策| まとめ

スタジオでの撮影と違って、外でのスナップ撮影は自然体の写真を残すことができます。

なので、親子で鎌倉を着物で散策するのはとてもいい記念になりました。

 

今回は子供が疲れてしまって、あまり長くは散策できなかったので、次回は履き替える靴も持って散策したいと思います。

 

男の子には江ノ電に乗っての鎌倉散歩もおすすめ。

>>江ノ電フリーパス【のりおりくん】料金や使い方

【江ノ電】駅舎のリニューアル情報と便利なフリーパス3種類を詳しく解説
江ノ電は、全長約10キロの短い路面電車。 海沿いを走るロケーションと、レトロな雰囲気で大人気の路線です。 江ノ電の駅もある「江ノ島」はオリンピックの会場にもなるとので、たくさんの観光客がやって来ます。そこで、5つの駅のリニューア・・・→つづきへ
タイトルとURLをコピーしました