重い毛布が心地よい!?加重毛布のおすすめ

買い物・雑記

お布団というと、軽い羽根布団を使っている方が多いと思います。

ところが最近「重い毛布」が良いという話を聞きました。

たしかに、たまに旅館などで綿のお布団で寝ると、妙に心地良い時がありますよね。

実際「重たい毛布」は寝入る際に不安になってしまう人、睡眠障害の方には手放せない物のようです。

今回はそんな「重たい毛布」のおススメや、選び方をまとめてみました。

スポンサーリンク

ネットでも買える!お手頃な重たい毛布

重い毛布には、

  • ウェイトブランケット
  • 重力ブランケット
  • 加重毛布

と名称が色々あります。

もともとは「チェーンブランケット」と言って、発達障害の方が良く眠れるようにとスウェーデンで開発されたもの。

本家は価格も10万円近くと高価です。

日本でも、「ラーゴム ジャパン」で取り扱いがありました。

スウェーデンでは不眠症の方に、病院で保険処方されることもあるそうですよ。

最近は同じような商品が多く作られており、中国製造などの廉価品を安く買う事が出来ます。

CANBYGO ウェイトブランケット

ウェイトブランケットは毛布を掛けた際に心地の良い圧力がかかるように、体重の7~12パーセントの重さになるように設計されています。

だいたい、女性なら身長が158cmで体重50キログラム。

男性なら身長が172cmで体重68キログラムの方を想定して作られています。

毛布のサイズは、152センチ×203センチメートルで、重量は6.9キログラム。

材質は表地がフランネルキルティング生地、中材は、ガラスビーズ混合綿。中国製。

綿とガラスビーズが一緒に入っているので洗濯はできません。

ほどよい加重で、寝つきがよくなったとの口コミも多いですね。

ただ、通気性があまりよくないので夏は蒸れるみたい。これからの季節によさそうです。

 

別のメーカーにはサイズが小さく、全体の重量がそこまで重くない物もありました。

毛布のサイズは92センチメートル×122センチメートルで重量は2.3kg。

サイズ的に、小学生くらいからの子供向けに作られているものと思われます。

季節の変わり目の温度調節や、重い毛布のお試しに使ってみるのにいいかも?

ニトリの重い毛布

CANBYGO ウェイトブランケットなど、ネットで買える重い毛布は、重量が7キロ前後あります。

そこまで重たくないけど、重い毛布が欲しい方には「ニトリの重い毛布」がおすすめ。

商品名は「重い毛布 q-GY」商品コード 7582829 価格税別5,547円

サイズは、140センチメートル×190センチメートルで重さは、4.5キログラム。

表地はポリエステル、中材はポリエステルとガラスビーズで洗濯は不可。

(ニトリのオンラインショップと楽天市場店を探したけど、現在は残念ながら売り切れでした)

12月下旬頃に入荷するようなので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ニトリの寝具はお値段の割に、しっかりしていて使い心地の多いものが多いです。

スポンサーリンク

加重ブランケット|選ぶ時の注意点

体重の10パーセント前後の重量になるよう設計された毛布なので、大人用を子どもが頭からかぶったりすると窒息の恐れがあります。

ニトリの「重い毛布」の商品説明にも、「小さいお子さんには使用不可」とはっきり書いてありました。

選ぶ際には、大きさや重量をみて体に合ったものにしましょう。

重い毛布には、ガラスビーズが入っているので洗濯はできません。

汚れが気になる場合は、カバー付きのものを選ぶといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

寒くなってくると、寝つきが悪くなるので「加重ブランケット」はぜひとも使ってみたい!

体力が衰えている病後の方やお年寄り、小さいお子さんなどには向いていない場合も。

新生児などは特に、窒息の恐れがあるので、小さいお子さんのいるお家では取り扱いに注意が必要です。

とても人気があるのか、入荷待ちの商品も多いので早めにチェックしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました