IMAXと4DXの違い|映画の疑似体験もできちゃう規格の値段設定などまとめ

映画買い物・雑記

通常の2Dと画像が立体的に見える3Dだけでなく、最近の映画には色々な上映の規格があります。

例えば、前面いっぱいの大スクリーンと音響が迫力の「IMAX」。

座席が動いて風や水が飛び出してくる「4DX」。

 

他にも

  • MX4D
  • THX
  • ULTIRA
  • D-BOX

などなど・・

何が何やらワカラナイ

そこで、それぞれの特徴や料金、神奈川県県央部で体験できる劇場もをまとめてみました。

スポンサーリンク

IMAXと4DX|映像特化か体験特化の違い

IMAXは「高品質な映画体験」。

どういうことかというと、通常よりも大きなスクリーンで、高画質で高音質の映像を楽しむことができます。

特に音の臨場感は圧倒的。

例えば「ボヘミアンラプソディー」。IMAXにピッタリですね。

料金は

  • 通常料金 1,800円
  • IMAX代 約500円 Total 2,300円

通常料金に、500円前後の課金で観ることができます。3D上映の場合はさらに500円プラス。

好きな俳優さんの映画はIMAXで観たい!

イオンシネマの「ULTIRA」という規格も、高品質・大画面での上映になります。

 

一方、4DXは「体感」。

映画の中の状況を自分の体験として楽しむことができるのが4DXです。

3D映像(メガネをかけると立体的に見える)にプラスして、

  • シートの可動
  • 水しぶき
  • 匂い
  • 風圧

が実際に体感できます。


次のファンタジックビーストは絶対4DXで見たい!!

値段は劇場によって違いがありますが

  • 通常料金 1,800円
  • 4DX代 1,000円
  • 3D代 400円

と、3,000円前後になるようです。

4DXは対応している映画も限られてるので、イベント的な楽しさもありますね。

さらに、TOHOシネマズにある「MX4D」

背中をドンドンと突かれるような衝撃(!)や足元や首への感触、ストロボ、霧などを体感できます。


同じ体感を謳った4DXとMX4Dでは微妙に体感できる度合いが違ってきます。

飛び散る飛沫が体験できるってすごい。

遊園地のアトラクションに近いものがあるかも。

なので、乗り物酔いしやすい方、妊婦さん、身長100センチに満たない子ども、高齢の方などは避けましょう。※入場に制限がある場合も

シートの揺れもなかなか激しいのでお気をつけ下さい・・酔い止めを飲んで観に行く人もいるようです。

スポンサーリンク

音響にこだわるTHXとDolby Atmos

映画の重要な要素に、音響設備があります。

その音響にとことんこだわったのが、THXとDolby Atmos。

外部からの雑音や音の反響など、細かい規定をクリアした劇場が、THXとDolby Atmosを名乗ることができます。


映画って映像だけではなく、音も重要なんですよね。

TOHOシネマズの「TCX」は大きなスクリーンに加えて、ドルビーアトモスという高品質の音響を備えた上映規格になっています。

スポンサーリンク

神奈川県県央部の映画館※編集中

県央部(海老名・座間)

音響(THX)高音質・高画質(IMAX)体感(4DX・MX4D)
TOHOシネマ海老名〇(MX4D)
海老名イオンシネマ
109シネマズ南町田
座間イオンシネマ

※座間イオンシネマと109シネマズ南町田は、2019年秋以降に開業予定

スポンサーリンク

まとめ

映画を観る、という点ではIMAXがおススメです。映像もフルサイズで見られます。

というのも通常の2D上映は、IMAX用に撮影したものをスクリーンの大きさに合わせてカットする場合もあるらしい。

4DXやMX4Dは映画というよりアトラクションに近いですね。

ストーリーに加えて、音楽やアクション、舞台の臨場感を味わってみたい場合は、「4DX」や「MX4D」を体験してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました