お風呂の天井のお掃除に最適な洗剤と便利グッズ、カビ予防法

オキシ漬けセット ナチュラルクリーニング

お風呂の天井、一見綺麗そうに見えても、実はカビの温床になっていることも。

いくら床をきれいにしても、カビの胞子が天井から降り注ぐことによって、あっという間にまたカビだらけになってしまうのです。

ただ、天井ということでお掃除しにくい場所でもありますね・・

ということで、お風呂の天井のお掃除について

  • どんな洗剤を使って
  • どのように掃除するのが楽で効果的なのか

についてお伝えします。

スポンサーリンク

お風呂の天井のお掃除|効果的な洗剤とグッズ

発生してしまったカビを落とす①カビキラー

お風呂の天井に、もしカビが生えてしまったら・・すぐにお掃除する必要がありますね

カビ取りといえば、カビキラーなどの漂白剤を使うことが多いのですが、カビキラーには次亜塩素酸ナトリウムや苛性ソーダなどの劇薬も含まれます。

なので目よりも高い位置にスプレー剤を使うのは大変危険です。

お風呂の天井にカビキラーをつかうなら、ドライのフローリングシートなどにしみこまして、クイックルワイパーなどを使って塗る、という方法が考えられます。

ただ、カビキラーには界面活性剤が入っているので、水でよく流す必要があるんです。界面活性剤は、水と油を融合する働きがあるので、よく流さないと天井の水切れが悪くなることも。

水分がとどまったままだと、再びカビの温床になってしまいますね。

ゴーグルを使用しても流す際には水が飛び散りますので、あまり天井のカビ取りにはむかないと言えるでしょう。

発生してしまったカビを落とす②次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムはカビキラーにも入っている成分で、カビ取りに効果があります。カビキラーに含まれる量はほんのわずかなので、次亜塩素酸ナトリウム単体での使用はやってみる価値がありそうです。

アマゾンで取り扱いがありました。

ケンミックス4(次亜塩素酸ナトリウム) 500g

このケンミックスは飲食器具や調理器具などの除菌にも使われる薬剤で、必要に応じて薄めて使います。

カビ取りの場合には、次亜塩素酸ナトリウム(ケンミックス)1に対して、水3の混合液を作り、天井のカビの生えた部分に吹き付けます。

必ずゴーグル・マスクなどを着用して、真下からではなく斜め横からスプレーしましょう。

30分から1時間そのままにした後、拭き取ります。

スプレーするのが不安な場合は、布にしみこませて拭いたり、クイックルワイパーを使ってもいいですね。

次亜塩素酸ナトリウムの消毒効果は抜群のようです。ただ臭いがやはりキツイとのことで、換気はしっかりする必要があります。

発生してしまったカビを落とす③こすり洗い

部分的な場合は、薬剤を使わずにこすり洗いをしてお掃除でもよいと思います。

激落ち 黒カビくん 天井カビ取りワイパー 伸縮タイプ (63~80cm)

クイックルワイパーでお風呂の天井をお掃除しようとすると、ふき取り部分がカクカクして、思ったように拭けなかったりするので、こんな道具があると楽にふき取りできそうです。

薬剤を使わない場合にも、カビの胞子を避けるためになるべくマスクを着用しましょう。

この方法で一見綺麗になっても、カビの菌が残っている場合もあります。そこで お掃除のあとには除菌をする必要があります。

除菌には消毒用エタノールを使うと、あとのふき取りもいらないので楽ですよ。上記の次亜塩素酸ナトリウムを薄めに希釈しても効果があります。

スポンサーリンク

お風呂の天井のカビを防ぐメンテナンスも

拭き取りと換気

お掃除もなかなか大変なので、一度綺麗にしたら予防もしっかりとしておきましょう。

カビは湿度の高い場所で繁殖するので、入浴後には水分をふき取って、換気をしておくのがおすすでです。

換気は換気扇をつけるだけではなく、空気の入り口と出口を意識して、もう一か所窓をあけるなどの工夫をしましょう。

ただ、カビの発生を抑えるには換気だけでは不十分なのです。

まめにエタノールでふき取りをしたり、次亜塩素酸ナトリウムスプレーなどを使って予防する方法もありますが、もっと簡単に予防をしたい人には

微生物の働きを利用してカビの繁殖を抑えるという

バイオ お風呂のカビきれい カビ予防 (交換目安:約6カ月)

 

銀イオンを使って除菌するルック おふろの防カビくん煙剤 フローラルの香り 5g

などの便利グッズも発売されているので、利用してみてもいいですね。