【座間ひまわりまつり2019】栗原会場の開催は中止で座間会場一本化

ざまひまわり 座間市

毎年多くの人が訪れる、神奈川県座間市の「ひまわりまつり」

例年は、「栗原会場」「座間会場」の2つの会場で開催されていましたが。

ところが2019年は「座間会場」のみ。

栗原会場での開催はなしになりました。

当記事では2019年の座間ひまわりについてお伝えします。

スポンサーリンク

座間会場に一本化|座間のひまわり祭り【2019】

神奈川県の座間市では毎年夏、広大なひまわり畑をメインに、

  • 臨時駐車場
  • 撮影用の展望台
  • ひまわりの迷路

などが設置されて「ひまわり祭り」が開催、たくさんの人が訪れます。

昨年までは時期をずらしてひまわりを栽培することで、

  • 栗原会場(7月~)
  • 座間会場(8月~)

の2か所で開催されていました。

それが2019年は、芹沢公園近くの「栗原会場」での開催はなしになったとのことです。

芹沢公園といえば、地下壕がマスコミに公開され話題になりましたね。

>>芹沢公園の地下壕

スポンサーリンク

2019年のひまわり祭り開催時期は?

2019年、ひまわり祭り座間会場の開催時期はまだ発表はされていません。

座間会場の場所は、相模川沿いの相模川グラウンドから新田宿、四谷までと広い範囲にまたがっています。

臨時の駐車場も設置されるので情報が入り次第追記していきます。

去年(2018年)のひまわり祭り、座間会場の駐車場などについての記事はこちら

座間のひまわり畑の駐車場は2か所|四谷の展望台近く駐車場詳細
座間はひまわりで有名です。 シーズンになると55万本のひまわりが咲き誇る、観光名所となっています。 ポイントは時期によって会場が異なること。 「栗原会場」7月中、10万本が開花→2019年は中止 「座間会場」・・・→つづきへ

2019年ひまわり祭り栗原会場中止についてのツイート