光コラボのメリット・デメリット|転用前に確認すべき3つの事

月 家計見直し

数年前から光コラボというインターネットサービスが始まっていたらしい。

ちょっと前に気付いて、乗り換えを検討していたのですが、これがなかなかわかりづらい。

うっかり勧誘の電話で申し込んだら大変なことになる所でした。

光コラボの勧誘電話にご注意

注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク

光コラボのメリットはプロバイダ料金

光コラボに乗り換えるメリットは何かというと、料金です。

月々2,000円ほど安くなります。

 

というのも、光コラボ事業者はプロバイダーを兼ねているので、プロバイダー料金がかからなくなるのです。

 

フレッツ光を契約中なら工事は不要で、解約違約金もかからないと。

ひかり電話はそのまま使用できて、テレビの伝送サービスも使える。

面倒な工事の立ち合いがないならやってみてもいいかもしれない。

スポンサーリンク

光コラボのデメリットについて

もちろんデメリットもあります。

  • 乗換えの際にプロバイダーによっては違約金がかかる
  • 速度が下がるかもしれない
  • 業者によっては、サポートがイマイチ
  • 光コラボから別の光コラボに乗り換えることはできない

乗り換え先の光コラボ会社によっては、これまで使っていたプロバイダーは解約になります。

契約期間によっては、使用中のプロバイダーに対して1万円前後の違約金が発生することがあります。

これは現在のプロバイダーに問い合わせするしかありません。

 

契約してみたら速度が遅い、そしてサポートや問い合わせの電話が繋がらない、などの問題もあるようです。

 

重要なのが、光コラボから光コラボへの乗り換えはできないということ。

 

どういうことかというと・・

光コラボにしたはいいけど、不都合が起きて解約したい場合には、別の事業者(NTTなど)に新規で光回線の申し込みをしないといけないということです。

 

これはメンドクサイ。うまくキャンペーンなど利用しないと、工事費がかかったりするかもしれません。

電話番号も新規で取得するのでしょうか?

スポンサーリンク

光コラボの申し込み前には、NTTに確認を

家の電話番号の扱いについて調べました。

 

現在はフレッツ光の光でんわを使用中なので、アナログ回線は休止中。

 

念のために116に確認したところ、休止の扱いは5年間で終了するそうです

 

休止の手続きをして5年経過、さらに放置して5年が経過すると解約になるそうです。

NTTのアナログ回線は、休止後放置すると10年で解約になる

 

光電話からアナログ回線に戻すことはないとは思うけど、一応休止の延長の申し込みをしました。

ずっと放置していたら、平成40年に番号は解約になっていたようです。

スポンサーリンク

光コラボ メリットとデメリットまとめ

光コラボに乗り換える前には

  • 現在のプロバイダーの違約金
  • 乗り換え先の事業者の口コミ
  • NTTの契約状況

については最低限確認しておきましょう。

 

1,000円~2,000円ほど安くするためにデメリット多すぎとは思いますね。