ローリングストック法|普段の買い物の延長で災害時への備えも兼ねる方法

アルファ米 買い物・雑記

災害時のための備蓄していますか?

非常用にフリーズドライのご飯等を買ってあるのですが、この非常食にもやっぱり消費期限があります。期限切れになった非常食、もったいないので食べることにしましたが・・

あると安心の非常食ですが、一気に消費期限がやってくると食べるのも一苦労。そこで非常食の消費期限と買い方、ストック方法について考えてみました。

スポンサーリンク

非常食と非常用のローリングストック法

非常食は一度に買いこまない!

この非常食、以前一度に大量に買ったことがあって…備蓄している分にはいいけど消費期限もいっぺんにやってきます。

そこで、少しずつ時期をずらしながら買うようにしています。

消費期限を迎えた非常食、うちでは毎回みんなで試食がてら食べています。色々な味もあって意外と美味しいですよ。次に買う時の参考にもなります。

実食!フリーズドライのきのこご飯

今日はきのこご飯を食べることにしました。在庫をチェックして、期限が切れた物から食べています。

物珍しいのか、子どもたちにも割と好評です。

スプーンと酸化防止剤?を取り出して

アルファ米

中身はこんな感じ。離乳食のフリーズドライのおかゆのような感じです。

アルファ米中身

お湯をそそいでよくまぜてから20分。冷めてしまわぬようにタオルとかを巻いて保温して待ちます。

アルファ米完成

できました!

お米の弾力や歯ごたえはないけど、きのこ等の具がアクセントになっていて味はなかなか美味しいです。チキンライスや、カレー味も美味しかったです。

本当の災害時にはお湯は手に入らないので、水を入れて40分待つことになります。

やっぱり食事は温かい方が美味しいので、電気やガスが使えない時にも、お湯くらいは作れるような備えを考えなければ・・

ローリングストックについて

今回は非常食ですが、本来は缶詰などの日持ちする食料や飲料水等を多めにストックしておいて、普段使いにしつつも非常時にも備えるというのをローリングストックというそうです。

最近はこのローリングストックも意識して、食料の買いだめをするようにしています。

買い物に行けない時にも助かるので、このローリングストックという考えを取り入れて、家の食料や消耗品の在庫をうまく管理できれば無駄も無いし、いざというときに慌てずにすむかもしれません。

飲料水は、2リットルなど大きいペットボトルで備えるよりも、500mlをたくさん置いておく方が使い勝手がよいですよ。

真冬の停電への備え

大雪が降って、近隣で大規模に停電したことがありました。うちの暖房はエアコンのみなので、停電になったら寒くて凍える

突然心配になったのでホームセンターで石油ストーブを買ってきました。

灯油は18リットル缶だと場所を取るので、小さめの10リットルのポリタンクをアマゾンで購入しました(店では売ってないサイズです)。

関東では赤色のタンクがメジャーだけど、関西地方では青が主流。なんでも青い塗料が安かったために、関西では青い灯油缶が出回っているとか。

そしてこのタンクを買ってベランダの日影に、ビニール袋を2重にしたものに入れて保管してます。それでも結構臭いがするので、すごい揮発性。給油用にポンプも購入しました。(着火するための電池も忘れないように)

灯油も販売車から買いましたが、普段はエアコンしか使わないので灯油は使わずに置いてあります。灯油の使用期限が気になりますが、無色透明な間はそのまま使えるようです。長期保存すると変色するので、販売車で新しい灯油を買うときにお願いすると引き取ってもらえるようです。

スポンサーリンク

まとめ

まだまだ非常時のストックは万全とは言えませんが、家のスペースや予算と相談しつつも少しづつ備えていこうと思います。

最後までお読み下さりありがとうございました。