非常用簡易トイレ|戸建てとマンション別【バイオトイレ】のススメ

雨困りごと

災害時のトイレ問題は切実ですよね。

携帯用のトイレを備える場合・・

だいたい1日5回として、4人家族では1日で携帯トイレは約20個必要。

そして1週間トイレが使えないとすると、20×7で140個。

個人でそこまで備えるとそこそこ費用もかかり、置き場所にも悩みます。

そしてゴミ問題。

災害時にゴミの回収がすぐに始まるとも思えないので、使用後の簡易トイレを保管しておかないといけないかも?

そこで、できるだけゴミが出ずに、臭いも発生しにくいという「バイオトイレ」方式のトイレについて調べてみました。

スポンサーリンク

非常用簡易式の「バイオトイレ」とは?必要な物と使い方

まず、このバイオトイレの方法はこちらのサイトを参照させて頂きました。

守田矩子氏「地震に向けて、一番に準備しておくこと」

 

必要な物

  • ふた付きバケツ2個
  • スコップ

バケツは(小)用と、(大)用の2つを準備

我が家は、ダイソーの蓋つき200円バケツを置いてます。普段の掃除にも使えます。

ダイソーの蓋つきバケツ

もう一つはこれ。

イノマタ化学 かしこいバケツ17L ブラック

強度があって、踏み台にもなるので便利。

スコップと土は、庭にあるものを使用します。

非常用のバイオトイレ:使い方

バケツに土を入れて、トイレ代わりにするというバイオトイレ。

使い方のポイントは2つのバケツで「大と小をわけてする」

→これはニオイ防止に有効とのことです。

使い方

大のバケツには乾いた土を8分ほど入れておき、大をしたら、スコップで混ぜ込む

そして、使ったティッシュは土に混ぜ込まずにゴミ袋へ入れて処分。

 

こうすることで、大が土と混ざって、たい肥(肥料)になるとのことです。

ただ、短期間でたい肥ができるとも思えないし、災害時にたい肥を撒きに行く余裕もないと思うけど・・

(畑もないです)

こんな方法もある、ということは覚えておいても良いかな。

スポンサーリンク

非常用簡易トイレ|代用品

大きなバケツを2つも置いておくスペースもないし、マンションで庭(土)がない場合もありますよね。

まずバケツがない場合、土嚢袋とプランタースタンドで代用する方法があります。


土嚢袋はこのような物。

スコップで混ぜるのでできるだけ丈夫な物がいいでしょう。
さらにビニール袋を重ねて2重にしておきます。


座れる高さの物を用意して、普段はプランターを入れ、非常時には土嚢袋をひっかけて使用します。

 

このような組み立て式の簡易トイレも販売されています。

これなら保管場所にも困らなそう。

 

次に土です。

たい肥用のバイオチップというものがあるのですが、これは場所もとるしコバエが発生するとのこと。

なのでマンションの場合は、土の保管がわりに観葉植物を置いておくといいかも。

スポンサーリンク

まとめ|その他あるといいもの

その他、非常時のトイレグッズのおすすめです。

コバエなどの発生や、嫌なニオイを防いでくれる優れもの。

避難所のトイレでも需要がありそう。

やっぱり組み立てトイレがひとつあると安心かも。

いきなり土にするのは抵抗ありますもんね・・

このポンチョタイプのアルミシーツは、非常持ち出し袋に入れておくと便利です

実際に被災した方の体験談では、トイレ問題は命にかかわるとのこと。

災害時の食料の備蓄とともに、トイレについても考えておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました