札幌爆発事故の原因となった消臭除菌スプレー缶【ヘヤシュ】とは

2018年12月17日、日曜の夜、札幌の繁華街で起きた爆発事故。

当初は飲食店でのガス爆発が原因と思われていましたが、原因は飲食店ではなく不動産仲介会社「アパマンショップ」

店舗内で、スプレー缶のガス抜き作業をした直後の爆発とのこと。

スプレー缶というのは、消臭除菌スプレーの「ヘヤシュ」

この「ヘヤシュ」とはどのような物なのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ不動産屋で?消臭除菌スプレー大量廃棄で引火

ヘヤシュとはガスが入ったタイプの消臭スプレーです。

※このツイートは削除されたようです

 

また、「ヘヤシュ」についてこんな売り文句も

ご入居前の除菌・消臭施工で爽やかで快適な新生活を!!
「ニオイ」を「ニオイ」で覆い隠すのではなく、化学的に「ニオイ」を中和分解します。

賃貸管理ビジネスNAVIの公式より

 

サイトでは登録業者のみ購入できるようです。

 

気になる前入居者の生活臭やカビ菌を“ヘヤシュ”で一気に解決!
清掃のプロにも認められた植物由来の消臭パワーで快適空間を守ります。

これは入居前のお部屋の消臭除菌のために使われる商品で、アパマンショップの各店舗に常備されていました。

https://www.chintaikanri.biz/item/204

 

その「スプレー缶」が今回の爆発の原因だったとは驚きです。

なんでも100本以上のスプレー缶のガスを抜き、手を洗うために給湯器を付けた瞬間に爆発したとのこと

スプレー缶には使用期限があるので、年末の大掃除ついでに処理をしていたのでしょうか。

→どうやら、未使用のスプレー缶の在庫隠しのために噴射していたとのこと。

 

ヘヤシュの販売はApaman Network株式会社。

製造元はハル・インダストリ。

消臭スプレーの草分け的なメーカーです。

同じ製造元から販売されている消臭スプレーと、「ヘヤシュ」内容はほぼ同じと思われます。

ハル・インダストリ エアソフィア・ハイパー 瞬間消臭スプレー 無香料 420ml

エアゾール型の他、置き型やミストタイプもあり、消臭効果も高く評価もよい商品です。

 

 

アパマンで賃貸契約をすると、お部屋の消臭・除菌オプションを勧められるそう。

 

スプレー代金と施工料で10,000円程。現在も販売中です。

スポンサーリンク

まとめ

今回の爆発事故、亡くなった方が出なかったことは幸いですが、

  • 店舗内にスプレー缶の大量在庫(未施工隠し?)
  • 火気厳禁の製品に対する認識不足
  • 廃棄の際にガス抜きは必要か?使い切れない場合は?

札幌市では、以前にもスプレー缶の事故が発生していて、廃棄の際はガス抜きせずに使い切ってから捨てるというルールになっていたのですが、店舗の場合の扱いはどうなのでしょうか。

スプレー缶も、使いきれずに捨てるのに困るということも多々あります。未使用のスプレー缶の廃棄の方法や安全については、よく考えてみたほうがいいかもしれません。