【神奈川県横浜市】自動販売機で売っている焼肉のタレが気になる

やきまるで焼肉 買い物・雑記

日本には、おでんやお米、卵など色々な物を売る自動販売機が存在します。

お店が閉っている時間でも、急に思い立って買うことができるので実は便利。

物珍しいだけではなく、実用的でもあるんですね。

 

そんな自動販売機に、「焼肉のタレ」専用販売機ができました。

場所は神奈川県の横浜市になります。どんな「焼肉のたれ」を売っているのでしょうか

スポンサーリンク

神奈川県の横浜市に出現 焼肉のタレの自動販売機

自動販売機で焼肉のタレを売っているのは、横浜市金沢区鳥浜町13-1

液体調味料などを製造・販売する武居商店が販売

武居商店の社屋横に販売機は設置されています。

武居商店は、明治5年創業。

130年にもなる老舗のメーカーなんですね。

 

販売している焼肉のタレは

  • 甘めの「金」
  • ほんのり辛い「赤」

の2種類。

1本590グラムで、350円になります。

販売開始から1週間で、約50本が売れたというので注目度の高さが伺えます。

武居商店の商品は企業や店舗に卸されているので、スーパーで買うことはできないんですね。

近くに行ったら是非買ってみたい焼肉のタレです。

 

焼肉のたれ自販機が登場 鳥浜町の武居商店が設置 | 金沢区・磯子区 | タウンニュース
近年、ピザやおでんなどさまざまな変わり種自動販売機が登場し、注目を集めている。金沢区にも、焼肉のたれの自販機が初出現。液体調味料などを製造販売する武居商店(武居正則...

※こちらのサイトで紹介されています

 

写真に写っている右側の人物は「武居さん」とのこと。

年齢的に現社長の息子さんでしょうか?

社長の武居正則氏といい、イケメンで素敵ですね。

※社長(代表取締役)武居氏はホームページに載ってらっしゃいました

スポンサーリンク

焼肉のタレの販売機は他にもあった|平井商店の焼肉のタレ

実は焼肉のタレの販売機は、日本に数か所存在しています。

その草分けともいえるのが、神戸市長田区にある「平沼商店」の焼肉のタレ。

こちらは

  • 普通たれ 630円
  • あまくちたれ 630円
  • からくちたれ 660円

の3種類。年間2,000本以上売れている人気商品です。

地元では有名で、ちょっとした観光スポットでもあります。

お味の方は「インパクトのある味」で美味しいとのこと。
こちらのお味も気になります。

スポンサーリンク

まとめ

物珍しさもあって、ついつい買ってしまいそうな「自動販売機の焼肉のタレ」。

横浜の武居商店のタレは、2018年の11月に販売し始めたばかり。

今後、地元の名物になるかも知れませんね。