ハッカ油とエタノールで簡単!虫除けスプレーの作り方

ハッカ油の使い道 家まわりの悩み

爽やかなミントの香りのハッカ油、実はとても便利なんですよ。

というのも、ハッカの特徴であるこのスーッとした香り。人にとっては爽やかでも、はこの匂いが大嫌い

蚊やゴキ・・などの虫除けに効果が抜群なのです。

効果のある虫は主に、

  • アリ
  • ゴキブリ
  • ダニ
  • コバエ

など。

バッタには効かないようですが、夏の嫌な虫のほとんどに効果があります。

ということで、このハッカ油を使った虫除けスプレーの簡単な作り方と、効果的な使い方についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ハッカ油とエタノールを使った虫除けスプレーの作り方

まずは材料から

  • 消毒用エタノール10ml
  • ハッカ油15~20滴
  • 精製水90ml

 

エタノールは無水でも大丈夫ですが、購入するなら「消毒用エタノール」がオススメです。

>>エタノールの効果的な使い方

 

肌につけるので少し薄めに作って、効果をみながらハッカ油の量を調整しましょう。

 

次にスプレー容器ですが、ポリスチレン(PS)という素材は容器が変質するので、ポリプロピレン(PP)かポリエチレン(PE)またはガラス容器を使いましょう。

私は100均で売っていた、アルコールOKのスプレーを使っています。

 

作り方は簡単です

  • 容器にエタノールを入れる。
  • ハッカ油を入れて、エタノールに溶かす
  • 水を入れる

水道水よりも精製水の方が効果的とのこと。

(ただ、精製水がないので私は水で作っています)

スポンサーリンク

ハッカ油スプレーの効果的な使い方

ハッカ油は、天然の成分なので肌につけても大丈夫です。

ただ念のため、腕の内側など目立ちにくいところへ少しだけつけて、腫れたりしないか確かめておくと安心。

目には入らないようお気をつけ下さい!

 

虫除け(ヤブ蚊)として使用する場合には、1時間に一度ほどスプレーしなおします。

足の裏にもスプレーしておくと、蚊が寄ってきにくくなりますよ。

肌につける以外にも

  • 網戸などの虫の侵入しやすいところに吹き付ける
  • ゴミ箱など臭いの気になる所に吹き付ける

消臭コバエ除けの効果も期待できますね。

 

作ったハッカ油スプレーは、1週間程度で使い切りましょう。

ハッカ油はどこで買える?

ドラッグストアなどで、千円前後で手に入ります。


 健栄製薬 ハッカ油P 20ml 食品添加物

Amazonでは500円前後で買えるハッカ油もありました。

ただし、こちらはプライム会員専用なので、もしプライム会員になることがあれば、買っておくとよいですよ!

>>使ってお得!Amazonプライムのあれこれまとめ

おまけ こんな使い方も

100均のアロマセットを利用して、虫除けを作ることもできるようです。


無水エタノール50mlに、ハッカ油20~30滴をたらして、揮発防止のためグリセリンを最後に数滴入れます。

1か月半ほど使えます。

※グリセリン無しで作ると、1週間ほどで蒸発して無くなる

 

見た目もお洒落だし、これはちょっとやってみたいですね。

スポンサーリンク

ハッカ油とエタノールで作る虫除けスプレー|まとめ

網戸にスプレーする虫除けの市販品もありますが、どうもあのニオイが苦手・・という方も多いのではないでしょうか。

ハッカ油なら天然の成分なので安心ですし、簡単に作れるので是非作ってみて下さい。

消毒用エタノールもお風呂のカビ防止などにも使えるので、あると便利ですよ。

>>お風呂のお掃除に便利なグッズとカビ予防